› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 恐怖!マンションに浮かぶ怨霊。

2015年07月25日

恐怖!マンションに浮かぶ怨霊。

サインディスプレイ部  営業のKです。

いや~、明るいうちから、書く怖い話も、これまた乙なものですね。

それでは、有無を言わせず、怖い話、スタート致します。

これは、今から10年以上前の出来事です。

それでは・・・・・。

以前、友達の家に泊まりに行った時の話しである。

その家からは、約30メートル位離れた場所に建つマンションの窓が

一望出来た。

実は、夏場には、部屋の電気を消して見ていると、結構きわどい女性の姿が見られるぞ

という友達の誘いで、もう1人の友人と共に、その誘惑に負け、その友人宅を訪れたという

訳であった。

しかし、言っておくが、覗きではなく、あくまで外の夜景を見てるだけですので・・・・。

そして、夜になった。

次第に、殆どの部屋の明かりが点いた。

そこで、こちらの部屋の電気を消し、ブラインドを下ろした状態で酒を飲みながら鑑賞会?

がスタートした。(くどいようだが、あくまで外の景色を見ているだけ)

夏場という事もあって、女性達もかなり素敵な格好?で過ごしているが、こちらが電気を

消している為、警戒感というものは感じられなかった。

そして、あの娘、かわいいぞ、とか、話しながら酒を飲んでいると、1人があることに

気が付いた。

あの男の部屋に、女がいる!

そりゃあ、女がいても普通だろ?

そういう俺達に、彼は言った。

そうじゃなくて、あの女、部屋の中とかベランダにいるんじゃなくて、宙に浮いてる!

一番、左の部屋、見てみろって!

えっ?

そういわれて、凝視してみる。

確かに4階の左端にある、薄暗い明かりが点いた部屋の中に男が居て、そして

その部屋の外、ベランダから1メートル位離れた空中に、女が浮いていた。

そして・・・・確かに、女はベランダの外、そう空中に浮かぶ形で部屋の中を見ていた。

アレは・・・・幽霊って奴か?

それ以外、説明できんだろ?

そんな事を話しながら、もう一度確認してみる。

確かにいる。浮かんでいる。

白いワンピースを着た髪の長い女が、腕を前に伸ばし、手をだら~んと垂らした状態で。

しかし、全く動かないのも妙な気がした。

もしかして、作り物じゃないの?

大家の遊び心とか?

いや、遊び心にしちゃ、インパクト強過ぎだろ!

そんな事を話していたが、その時は怖さというよりも、3人居るという心強さから、

変な興味心の方が強かった。

で、もっとよく見えるようにと、その家の住人である友人が、双眼鏡を取り出す。

いや、お前、いつもこんなもん使って、見てるのか?

いや、そんな事したら、犯罪じゃん。たまたまだよ。

嘘つけ!

などと、馬鹿なやり取りをしつつ、視線を再び、その女に戻す。

その時である。

、女が首を廻してこちらを見た。

体は前を向いたままで、真後ろに首だけで、くるりと振り向いたのだ。

俺達は、誰が指図するでもなく、とっさに身を隠した。

俺達の事、ばれてるのか?

知らないって?

しかし、人間なら、あんな振り向き方できんだろ?

しらねえよ、そんな事!

とにかく気付かれてなければいいんだけどな?

そう言いながら、もう一度視線を戻す。

居なかった。

さっきまでは、確実にそこに居たもの女が、既に居ないのである。

バツが悪くなって逃げたんじゃないの?

幽霊が?

そう。これで、もうアレは、大家の遊び心なんかじゃなくて、幽霊確定だな!

そう言う友人の声を遮るようにもう1人が大声を上げた。

横!横に居る。部屋の窓にくっ付いてる。

えっ?とそちらを見た。

すると、先程まで、マンションを覗く様に浮かんでいた女が、今はこの部屋の窓に

くっ付くように立っていた。

女の幽霊なのだろうが、それはもう女性の顔とは言えないものになっていた。

例えるなら、大やけどで顔が解けてしまったような、女の顔!

今自分たちが居る部屋って2階だよな。何でいるの?

知るかよ!

でも間違いなく、窓の外に張り付いてるんだから。

さっきまで、もっと高いマンションに浮かんでたんだから、2階のこの部屋位余裕だろ?

いや、そういう問題じゃなくて!

しかし、先程までの女とは様子が違い、女は明らかに怒った顔で、窓を壊そうと手を掛けた。

見てはいけないものを見た人間に対する怒りなのだろうか?

その間も窓は強く揺さぶられる。

怖がっている俺達を見て、何とも言えない気味の悪い笑みを浮かべながらその女は何か

つぶやいているようだ。

何か、言ってる。聞いてやれば帰るかも。

そう言って友人が耳を澄まそうとしたが俺は制止した。

聞いたら、たぶん終わりだぞ。

何かを聞いて欲しいという悲しみが伝わってこないからな。

単に、邪悪な気しか、伝わってこない。

連れて行かれたくなけりゃ、耳を塞いでろ。

俺はそういうと友人に塩が置いてある場所を聞き、暗い部屋の中で、塩を探した。

実は、部屋の電気を点けようとしたのだが、もうそのスイッチは完全に機能を停止していた。

俺はなんとか、塩を持ってきて、部屋中に撒き、カーテンを締めて、取り敢えず、念仏を唱えた。

いっそう窓の揺れがガタガタと大きくなった気がしたが、気にせず続ける。

その内、ガタガタという音はしなくなり、変な声も聞こえなくなった。

1人がカーテンを開けてみた。

既にそこには、居なかった。

そして、その女はまた、マンションの窓のそばに浮かんでいた。

俺達は、完全にカーテンとブラインドを締め切り、3人で固まり朝を迎えた。

そして、翌日、マンションの住人が出てくるのを見かけて、尋ねてみた。

すると、そのマンションには、入居してもすぐに出ていってしまう開かずの部屋がある事。

そして、昔、その部屋で無理心中したカップルがいた事を聞いた。

そして最後に驚いたのだが、俺達が覗いていた部屋が、どうも開かずの部屋であるらしい。

もしも、そうなら、あの女は勿論、覗かれていた男も既にこの世の物ではないという事か。

このマンションは、金沢市の横川に実在する。





Posted by 細田塗料株式会社 at 10:51│Comments(1)
この記事へのコメント
営業のKさん

昨日は気持ち良く晴れた福岡、もちろん山口もですが、今日はどんより曇り空です。
昨日の岩国市の現場は自衛隊の航空基地に近く、F15や、たぶん川崎の哨戒機だと思うのですが訓練飛行をしていました。
半島あたりがきな臭いですから、福岡の芦屋や築城の基地もピリピリしていると思います。

で、浮かぶ亡者・・・そのマンションの一室、室外も室内にも霊がと言うオチ、お互いに何を感じるのでしょうね。
もしや、生前の男性の浮気を発端に・・・それを今なお監視している・・・そんな状況なんですかね。
Posted by 中西 at 2017年04月20日 21:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count