› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 近づくな!医王山で体験した恐怖体験!

2015年08月07日

近づくな!医王山で体験した恐怖体験!

サインディスプレイ部 営業のKです。

やっと、自室のエアコンが直りました。

でも、明日は休日出勤!頑張ります!

それでは、怖い話、いってみましょう!


金沢市に医王山という山がある。

冬はスキー場、そして夏はキャンプといった感じで手軽に楽しめる自然スポットとして

定着している。

この山も実は、知る人ぞ知る、心霊スポットである。

まず、金沢大学の方から車で登っていくと、スキー場の近くに広めの駐車スペースがある。

ここは、夜になるとアベックの車が必ず数台は停まっている。

また、昼間は、昼寝の営業車も、ちらほらと見かける。

どちらにしても、窓を開けたまま、この場所に停車するのは、危険かもしれない。

これは、昼夜問わず、なのだが。

例えば、アベックが話し込んでいると、ふと視線を感じ、ミラーを見ると車のすぐ後ろに女が立っている。

で、驚いて、振り返り、確認していると誰もいない。

そして、変だな、と前を見ると、運転席・もしくは、助手席から女が覗き込んでいる。

そして、車の中に入ろうとしてくるというのである。
また、営業車で、昼寝をしていて、ふと目が覚めると、知らないうちに女が助手席に座っていて、

運転手をじっと見ている、という場合もあるそうだ。

別に、命を取られるというものではないが、かなり恐ろしい外見ということなので、気をつけた方

が良い。

また、その駐車場を超え、スポーツセンターも越えると、大きめの池がある。ちなみに、この池は、

以前、自殺か他殺か覚えていないが、かなりの腐乱した水死体が見つかった事がある。そして、

その池を左に上っていくと、展望台のような高台がある、

実は、ここは更に危険である。

特に雨が降っている時や、夜は、近づかない方が身のためである。

はっきり言って、ここは命の危険があると思った方が良い。

そこにある休憩所のすぐ横に、また池があるのだが、ここに、女が浮かんでくる。

そして、水面に立ったまま、こちらに手招きをする。

この時、もしも車の外にいたとしたら、かなりの危険度である。

その状態で、車は何故か、ドアが全て開かなくなる。

そして、水面の女が小さいながらも通る声で聞いて来るそうである。

・・・は、きたいか?

これを、池の中に来たいか?と思い、いいえ、と答えると大変な事になる。

・・・は、きたいか?とは、わざと聞き取りにくく喋っているだけで、実は、

お前は、生きたいか?と聞いているのだから。

ただし、どちらの答えを言っても、どのみち、池の中に連れて行かれるという事なので、

無言でいるのが、正解らしいが。

自分も、以前、ここで、異様な雰囲気に飲み込まれたことがある。

霧が出てきて、池の上が波立っていた。車のドアも開かない。

時は、友人二人と一緒であり、何故か、下にある池に向かわずに、森の中に向かって逃げた。

そして、本当に偶然で、あるが、森の中から、1人の男が出てきて助かった事がある。

こんばんは!と声をかけられたときは驚いたが、本職は、僧だといい、大学でも、生徒に教え、

今は、森の中である種の修行をしてきたという事であった。

その方と偶然、出会わなかったら、どうなっていたか。

それは、想像したくもない。

しかし、実は、医王山で、もっとも怖いのは、この一帯ではない。

スキー場の手前、かなり下った所を右折すると、ゴミ処理場にでる。

ここは、以前から、女の幽霊が頻繁に目撃されていた。

ここに面した道は、かなり曲がりくねっていて、走り屋さんや、ラリーストにとっては格好の練習

スポットとなっていた。

そして、そこを走る彼らは、頻繁に幽霊を目撃していた。

ある者は、カーブの端に立っていたといい、ある者は、助手席に座っていたといった。

そして、最近では、めっきり走る人間も居なくなったのだが、その原因が、
数年前に、ここで、男がつきあっていた韓国人女性(風俗嬢)を金銭のもつれから、絞殺し、

バラバラにして、ここに投棄した。

それ以来、さらに、頻繁に目撃するようになってしまったからである。

しかし、本当に怖いというのは、ここの事でもないのである。

そこは、医王山を裏側から上る道にある。

実は、ここは、友人二人と、そういう目的ではなく、単に道に迷ってしまい、偶然、

体験したことなのだが、

その道を走っていくと、段々と景色が古い時代に遡っているような感覚に陥る。

そして、そのまま、上っていくと、古い家屋、古い病院が現れる。

さすがに、その時は、古い病院が現れた時点で引き返すことにした。

そして、その帰り道、色々な霊が現れてきた。

ある霊は、道路の真ん中に立ち、道を戻らせまいとする。

又、ある霊は、車に、石や物をぶつけてきた。

カーステレオからも、音楽は消え、ずっと、大勢の人間の声が聞こえてきた。

その時は、何とか、無事、一回も分岐点を間違わずにおりてくる事が出来たが、万が一、あのまま

上り続けていたら、そして、戻り道で、止まったり、分岐点を間違えていたら、現世に戻ってこれなかった

ような気がしてならない。

本当に、怖い場所である。

夜景を見に行くのも良いですが、お気をつけくださいませ!




Posted by 細田塗料株式会社 at 20:22│Comments(2)
この記事へのコメント
小学生の時スポーツセンターに行きましたが体験こそは無いものの、あれ?と言う雰囲気でしたね。大人になって一回だけいきましたが、辛気臭く、余り長く遊びませんでした。
それ以来そこ辺りを通ると、自然とさけますね。ゴミ処理場の近くの大きい公園は良いんですが。
Posted by toho at 2015年08月08日 11:02
営業のKさん

最近の天気予報は良く当たりますね。
昼間に庭の手入れの仕上げを済ませたのも、夕方からは雨の予報だったからですが・・・お見事、的中です。

医王山・・・なんと怪異な場所なんでしょうか。
昼寝をする事はありませんが車中泊は数ある私、ありがたい事に恐怖体験には遭遇しておりません・・・て言うかしたくありません(泣

で因みに今日は、役所広司主演の「山本五十六」を観ましたよ・・・明日は時代劇にしますかね。
Posted by 中西 at 2017年05月05日 19:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count