› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › その高校には・・・・出る!!

2015年08月14日

その高校には・・・・出る!!

サインディスプレイ部 営業のKです。

いや~、昨晩は、片町で、1時まで飲んでました!

楽しかったですよ!一人飲み(涙)

という訳で、ライフワークの怖い話、いきま~す!

これは、自分が以前勤めていたコンピュータ関係の会社での出来事。

ある県内の高校から、頻繁にクレームの電話が来た。

眺めの良い綺麗な新設校だった。

その学校は当時、コンピュータを使った授業のモデル校に指定されており、全ての授業が

コンピュータを使って行われていた。

そして、そこには、巨大なコンピュータ教室があり、その教室だけで、最新のコンピュータが、

100台以上設置されている。

それらのコンピュータは全てネットワークで繋がっており、先生が使うホストコンピュータから

リアルに監視されることになる。

しかし、そのコンピュータの中の何台かは、時として認識出来なかったり、又、プログラムが

暴走するといった事が起こる。

その度に、クレームとして呼び出される訳である。

クレームに対して、当然、床をめくって、ネットワークケーブルを含めての総点検となるのであるが、

いつも全く異常が無い。

通常、不具合箇所を消去法で潰していくと、たいていの場合、原因が特定できるのであるが、

全くどこも問題゛か無いのである。

ただし、その不具合の出るコンピュータを調べている時、不思議な事に気が付いた。

先ず、そのコンピュータの周りには、髪の毛が異常に多く落ちている事。

そして、コンピュータデスクの上の部分が爪で引っかいたように、大きく痕が付いていた。

普通、人間の爪がこんな痕がつく位、爪を立てれば・・・・。

そう考えると、ぞっとしてしまった。

そして、一番ひどかったのは、その机周辺の床とコンピュータの周りが、粘りつくような透明の

液体でベットリとしていた事。

それでも、なんとかするのがプロの仕事と思い、更に色々と調べている時、教室の天井を

カサカサと這い回る音がした。

そして、苦しそうな息遣いも同時に聞こえてきた。

教室で作業をしている全員が、妙な緊張感に包まれていた。

その時、一人の同僚が、ある事に気付く。

マイコンピュータのプロパティで見ると、コンピュータ名とコンピュータの説明の部分が、

特定の個人名と説明に書き換えられている。

名前は、男性の名前。

そして、説明文には・・・・。

○○年○○月○○日、○○からのいじめにより、自殺、と。

と同時に、窓ガラスがピシっと音を立てて、軋み、会話も出来ないような強い耳鳴りに

襲われた。

そして、その時、確かに見てしまった。

窓ガラスの向こう側から、こちらを覗く少年の姿を!

何故か、びっしょりと濡れたような制服姿で、じっと恨めしそうに睨んでいる。

しかし、そこは、3階の教室。

窓の外に立てる人間などいる筈もなかった。

そして、その少年が、窓に手を掛け、窓を開け、教室に入ろうと片足を掛けた時に、

体は硬直から開放され、全員で、慌てて、その教室を出た。

全員が聞き、全員が見た。

もう、これはコンピュータの技術的な問題ではないと判断した。

それを先生に告げると、先生の顔色が変わり、どんどん蒼ざめていった。

ある者が、その先生に聞いてみた。

もしかして、あの教室で自殺された生徒さんって居ますか?

しかし、その先生から、返事は帰ってこなかった。

そして、その学校から、2度とクレームがくる事は無くなった。

とても怖い実話である。




Posted by 細田塗料株式会社 at 11:39│Comments(2)
この記事へのコメント
営業のKさん

専門知識のない私は電気系の修理に悩まされる事もしばしばですが・・・ネット空間や何かしらの電波と繋がっている訳ではありませんから、物理的な解決も可能ですが。

近未来の社会は車の自動運転なんて事もある訳で、ますます目に見えない物に制御されていきますね・・・どんな怪異が起こるやら(泣
Posted by 中西 at 2017年05月15日 19:13
なんとかするのがプロの仕事。
カッコイイです! だけど、霊の仕業に対しては‥ "お手上げ"でも当然です。(泣)
Posted by あでゅう at 2017年11月13日 19:05
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count