› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › マンションのプールに立つ女!(金沢市)

2015年08月16日

マンションのプールに立つ女!(金沢市)

サインディスプレイ部 営業のKです。

明日は朝早くからお客様のところへ直行です。

朝の4時半には起床しないと・・・・(涙)

あ~楽しいお盆休みでした(泣)

それにしても、ブログにアップする怖い話(社長、すみません!)を過去の体験から

思い出していると、出てくる、出てくる。

忘れないうちに、簡単にワードで書き綴るんですが、これがなかなか大変です。

しかも、昔、個人ブログやってた時の話もまだまだ残ってるし、話のネタは

まだまだ豊富かもしれません。

勿論、その中から、本当に害が及ぶ様な危険な話は、当然、除外しております

ので、ご安心ください。

それにしても、これだけ沢山の恐怖体験って、俺の人生って、幸せだったのかな?

まあ、考えると、夜も眠れなくなりそうなので・・・・。

それでは、怖いはな・・・・おっと、忘れるところでした。

ちゃんと、仕事もこなさないと・・・・。

各種塗料、画材、その他、生活に便利なグッズが一杯の細田塗料の

お買い物サイトは、下記リンク先でございま~す!

http://p-hosoda.com/


社長、ちゃんと、お仕事しましたので、冬の賞与期待しとります(気が早い)

それでは、今日の怖い話、スタート致します!


そのマンションは金沢市のとある場所にある。

環境も良く、交通の便も良いせいか、駐車場を

見る限りでは、いつも満車状態である。

かなり大きいマンションであるが、大通りに面していない為、車の通り自体は少ない。

実は、俺は通勤の行き帰りに、毎日そのマンションの横を通っている。

最初はそこがプールであるとは思わなかった。

常にガラスが水滴で曇っていて中が良く見えなかったから。

だから、車から見るその場所は、噴水のあるエントランスのような場所だと勝手に

思い込んでいた。

何故なら、その場所でいつも同じ場所に座っている白い服の女の人が見えたから。

当然、服も着ていたし、常にうつむく様に、何かを読んでいる様な姿勢に見えた。

だから、きっと、そこの住人が、くつろげるエントランスで、癒しの時間を

過ごしているのだろう、と羨ましく思っていた。

しかし、つい最近、その場所が実はプールである事が分った。

いつもは、窓の色のせいか、窓の水滴のせいか、中の様子が、はっきりとは

見えなかったから。

しかも、急いでいる朝と暗い夜にしか、そこを通らない為、しっかりと確認出来なかった

のだが、その時は偶然昼間にそこを通る事になったから。

しかも、その時は、夏休みなのか、子供達が泳いでいたのが見えたからである。

そして正直、プールだったという事実には驚かされた。

何故なら、今、その子供達が泳いでいる場所に、ちょうどその真ん中位の位置に、

いつも、その女は立っていたのである。

しかも服を着たまま。

位置的には、水の上に立っていたことになるのだが。

そして、目を凝らす俺の目に、またしても、その女性が見えた。

少し離れた位置から、泳ぐ子供達を見ているようだ。

そしてじっと見ていた俺の方に顔を向けると、その女は、うっすらと笑った。

俺は急いでその場を離れた。

しかし、あの笑みはどういう意味があるのか?

子供達にプール事故など起きなければ良いのだが。

そう思った。

ただ、どうしてもあの女が人間か、幽霊なのか、そして何の為にあそこにいるのか、が

知りたくて、その日の夜、帰り道に、そのマンションの隣にある駄菓子屋のベンチから、

様子を伺う事にした。

勿論、一人では怖いので、会社の後輩も同伴させたかったのだが、怖いという事で

断られてしまった。

一人で車を停め、出来るだけマンションに近いベンチに座り、コーヒー片手に

その時を待つつもりだった。

すると、断った筈の後輩が、車ではなく歩いて、俺に近づいて来る。

どうした?と問う自分に、

いや、やはり心配だったので、と返してきた。

なんか少し元気がないように感じたが、一人より二人の方が当然心強い。

そして自分達が、マンションのプールを見た時、もう既にその女はそこに居た。

相変わらず水滴でプールの中の様子は、はっきりとは見えなかったが、夜のせいか、

泳いでいる子供は、もういないようであった。

しかし、その時に始めて気付いたのだが、夜なのに、照明も薄暗いのに、何故か、

白い服の女だけは、その顔も含めてはっきりと見えた。

髪は肩くらいまであり、顔立ちはほっそりしており、だが、怖いという感じではない。

しばらく、そこから、様子を伺っていたのだが、いつも違い、その女はその日に限って、

わざとこちらに見えるように、全面のガラス窓の前に立っていた。

もしかして、俺達の事、バレてるのかもな?と後輩に言った。

すると、後輩は、それじゃ、俺、もっと近くから見てきますね、と返した。

おいおい、怖がりの筈なのに、どうしたんだ?と驚く俺を尻目に後輩はスタスタと

マンションの方へ歩いていき、そのまま、エントランスの方へ消えていった。

それから、その女は、何かに応えるように身を反して、自分の視界から消えてしまう。

それから、どれくらいの時間がすぎたのか。

だぶん、30分くらいだったと思う。

さすがに、何の連絡もない後輩の事が心配になってきた。

しかも、あの女も消えたままだった。

もしかして、後輩の身に何かあったのか?

頭の中は、その事で一杯だった。

そして、その時、突然、携帯がなった。

後輩からの着信だった。

俺は慌てて電話に出た。

もしもし、お前、大丈夫なのか?

そう問いかける俺の言葉に、予想外の返事が返ってくる。

何を待ってるの?

女の声だった。

俺は、そのまま、携帯を地面に放り出してしまったのだが、携帯を放り出すのと同時に

俺の座っているすぐ真横から、

もしかして、私?

という声が聞こえた。

勿論、携帯からの声ではなく、間違いなく、俺の隣に女が座っていた。

ビクっとなって、横を見た時、その女は、すぐ横にくっ付かんばかりに近づいて座っていた。

いつもの白い服、だが、その顔は、焼け爛れたというか、水でふやけたというか、

とにかく、いつも見えたあの女の顔ではなく、一目見ただけで大声で悲鳴を

上げてしまう程のの邪悪で憎悪に満ちた醜い顔が、そこにあった。

自分は結局、携帯を拾うと、急いで車に乗り、その場を後にした。

正直、後輩の事が気掛かりだったが、そんな事を考える余裕は微塵もなかった。

結局、その夜は、慌てて、家に帰り、そのまま部屋の明かりを点けたまま、

朝を迎えた。

そして、翌日は、通勤路を変更し、早めに出社し、後輩の出社を待った。

そうしていると、眠たそうな顔をして、後輩が出社してきた。

俺は、先ずはすまなかった、と謝り、昨日の出来事を説明した。

その間、後輩はずっと不思議そうな顔で俺を見ていたが、俺の話が一段落した

ところで、こう言った。

あのですね。俺、昨日ちゃんと断りましたよね?

だから、昨日は会社からまっすぐ家に帰って、それから一歩も外出していませんよ、と。

今度は俺が、不思議な顔になってしまった。

後輩が嘘を言っているようには見えなかったし、確かに昨夜の後輩の様子はいつもとは

少し違っていた。

では、昨日、俺と一緒に公園からプールを見ていたのは一体誰だったのか?

そう考えると、更にぞっとしてしまった。







Posted by 細田塗料株式会社 at 09:28│Comments(7)
この記事へのコメント
こんにちはいつも楽しく拝見しております!
このマンションの通り、よく通っているので、もうその道は通らないでおこうと心に決めました(笑)
これからも更新楽しみにしてます!
Posted by N at 2015年08月16日 09:49
Nさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
あれ?場所バレちゃいましたか?
出来るだけ、特定されないように書いたつもりなんですが・・・。
でも、たぶん、道を通るだけなら大丈夫じゃないでしょうかね?
まあ、自分は通りませんけど(笑)
Posted by 細田塗料株式会社細田塗料株式会社 at 2015年08月16日 20:19
多分ここだよね?
というレベルなんですが…
でもきっとあのマンションです(笑)
突然のコメ、しかも2度も失礼しましたm(__)m
Posted by N at 2015年08月16日 20:58
酷い話しですね。
私はそこの住人です。
心霊スポットとして、住人が住んでいる住居をネタに記事に
する神経がわかりません。
神田・神社の横でわからないと思うのです?
皆わかります。
あなたの家・会社で幽霊がでると、皆がみているブログで言われたらどんな気持ちがするんですか?
頭にこないの?
会社名をあげたブログで堂々と沢山の人が生活している住居に対して配慮がなさ過ぎます。
今度の管理総会でこのネタを報告させていただきます。
マンションですから、賃貸・売却などを行うのにマイナスだと考えませんか?
大人も子供も利用するプールで、そんな噂を立てて楽しいですか?
あなたの会社も近所じゃないですか。
山・道路・閉店した店などで、面白可笑しく書くならいいですが、今も暮らしている人がいる住居をネタに公開するなど、社会人として企業名をだしてのブログとして配慮がなさすぎます。沢山のブログを見ている人、地元、会社、学校などで、このような噂が広まった時は絶対に許しません。
人の目にふれる文章・内容ならば、もっと真剣に配慮してかいてください。
家族・住人は非常に不愉快な思いをしています。
Posted by マンションの住人 at 2015年08月18日 11:09
上のコメント、ここの住人の方からでしたらかなり問題ですよ。

管理総会でこのブログを報告され、マンション住人の全ての方は怒ると思うので、訴訟問題にもなりかねないと思います。

これは信用毀損や威力業務妨害罪にあたる可能性があります。
上の方もおっしゃってるように、道路やパブリックスペースならネタとしてはいいかもしれませんが、特定された場所はまずいのではと思われます。

刑法第233条を見てみてください。

気軽に書いた記事が人生を台無しにする可能性があると思われます。おせっかいなコメントかもしれませんが、ご注意を!!
Posted by 通りすがりのものです。 at 2015年08月18日 13:07
通りすがりのものですサン有難うございます。
私の知人から連絡があり、そこのマンションのプールに幽霊が出るんだって!
と言われて初めてこのブログを知りました。
正直かなり頭にきておりますので、住人・管理会社・運営会社で協力して細田塗料と戦ってまいります。
こんなレベルの低いことで争うのは面倒ですが、完全に威力業務妨害であり、住人に喧嘩売ったわけですから。
このマンションに住んでいる子供達が、お前の家は幽霊屋敷などと愚弄されたり、噂を立てられたり、気持ちよくプールを利用している住人がプールを使用しにくくなったり、絶対に許しません。
画像の証拠は抑えておきましたので、文章を削除しても大丈夫です。
細田塗料さん近所でこんな仕打ちをしたのですから、覚悟して待っててくださいね。
もう個人の噂などではすませないですからね。
営業のKさん、これが本当の話である証拠をしっかり固めておいて下さい。
あなたは噂話ではなく、見たと言っているのですから、そこが争点となりますので。
沢山の人に見られているブログだということを理解して、他人に対しての配慮が無さが、今回の問題を引き起こしましたからね。
住人はお金を出して分譲・賃貸している個人財産にケチをつけたのですから、それ相応の代償を受けていただきます。
Posted by マンションの住人 at 2015年08月18日 13:48
営業のKさん

良し悪しは別として、見えてしまうんだからしょうがない・・・ですね。
Posted by 中西 at 2017年05月15日 19:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count