› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › ミマキの新型UVプリンタを見てきました。

2015年12月23日

ミマキの新型UVプリンタを見てきました。

先日、ミマキエンジニアリング㈱の金沢ショールームに行って

新型のUVプリンタを見てきました。

この内覧会は、完全予約制になっておりまして、誰でも見に行けるというものでは

なかったのですが、以前から、このプリンタを検討していらっしゃるお客様に

便乗する形で、何とか見る事が出来ました(ラッキー!)

そのプリンタの名前は、

ミマキUJF-7151PLUS





カタログで見てた感じだと、以前からあった3042HGや6042の派生モデル?という

イメージだったんですが、実際に見てみると、かなり大きく、そしてお金を掛けて

作りこんでるな~というのが、第一印象でした。




大体同じ印字サイズであるUJF-6042と比べてもかなり大きく重そうです。




従来機との違いは

・1500万近くする上位機種と同じテーブル駆動を採用した事による高画質印字。

・710mm×510mmの印刷可能エリア。

・従来機種と比較して、約2倍の高速印字。

・1000mlインクボトルの採用により、インクのランニングコストが約4割向上。




その他、細かく書けばきりが無いんですが、大体こんな感じです。

これはもう、値段は廉価機種ですが、性能は、完全に1500万クラスに

匹敵するんではないでしょうか!

とてもお買い得で即戦力になるプリンタだと断言出来ると思います。

UVプリンタの特徴である、何にでもプリント出来るというメリットと

低ランニングコスト、そして飛躍期に向上した印字品質。




これは、もう買い!ですね。

同行させて頂いたお客様も、とても満足そうなのが、印象的でした。

その後、お客様のところで、色々と検討していると、買うのは決めたけど、

ところで、あんな大きなプリンタ、どこから搬入するの?

うちの会社って、2階だよ?

と言われ、大慌て!

なんやかんや、ドタバタしているうちに、まあ何とかなるでしょ!という結論に

達しました。

まあ、結局、最悪は壁をぶち破ろう・・・という結論に達しただけですけど(涙)

そのお客様からは、くれぐれも他のお客様には売らないでね、と念押しされましたが、

まあ、それはそれ、これはこれ、ということで。

ご興味のあるお客様は是非、ご連絡頂ければ、と思います。

サインディスプレイ部、営業のKでした。

最後に、

来年から、また怖い話はじめます。

細々とやっていきますので、宜しければ、また読んでやってくださいね。





Posted by 細田塗料株式会社 at 11:01│Comments(3)
この記事へのコメント
心配しておりました。
来年のUPを楽しみにしております。
Posted by ファンです at 2015年12月24日 17:46
同様に、心配しておりました。戻られて本当に嬉しいです。楽しみにしております。
Posted by かずお at 2015年12月25日 21:11
ファンです様、かずお様、いつも拙いブログを読んで頂き、本当に感謝しております。
ありがとうございます。
細々と続けて生きますので、宜しければ、今後も宜しくお願い致します。
Posted by 細田塗料K at 2016年01月02日 21:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count