› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 新聞に掲載された霊!

2016年01月17日

新聞に掲載された霊!

サインディスプレイ部  営業のKです。

昨夜は、新年会で、午前4時まで飲んでました。

片町は、もう既に閑古鳥状態でしたね。

新幹線ブームは?

まあ、のんびりと飲みたい俺にとっては、嬉しい限りですが。

それでは、怖い話、行ってみます。



色んな地方に様々な怪奇スポットというのがあると思う。

そして、それが噂の域を超えてしまうケースもかなりある。

金沢市に乙丸陸橋という場所がある。

結構、交通量も多く、陸橋の下には、JRの線路が何本も走っている。

15年位前、そこに親子の霊がでた。

正確にはずっと以前からその場所で目撃されてきたものだが、その時は大騒ぎに

なったのを記憶している。

なぜかと言えば、地元の最大の地方新聞にデカデカとその記事が掲載

されたからである。

以前、親子がその陸橋から飛び降り心中したという。

そして、その親子が昼夜かまわず姿を現すというのだ。

その目撃者もかなり多く、一部ではその霊を撮影した写真も出回った。

自分達も、そのずっと以前、その陸橋を探検した記憶があるのだが、その時は

、特に何も起こらなかった。

ただ、調べてみると、その陸橋から、飛び降り自殺した事例は過去に無いみたいだ。

しかし、ただの噂も、新聞に載ってしまうと、それが真実であるかのようになるから面白い。

当時は、その新聞のお陰で、その陸橋の至る所にカメラを抱えた野次馬が大勢来ていて、

交通の妨げになるくらいだった。

自分も仕事中にその光景を見て、

こんなに人がいたら、出たくても出られないんじゃないだろうか?

と思ったものだ。

ただし、自分も、過去に一度だけ、その場所で、親子ではないが、女の人が一人で

立っているのを見た事はあった。

夕暮れの雨の中で、車道の方を向いて、傘もささずに立っており、まるで今にも車に

飛び込みそうな気配で、車道ギリギリに立っていた。

そして、何よりも、

“これは、見てはいけないもの”というシグナルが自分の中で鳴り響いていた。

なので、その時は、出来るだけ顔は見ないように通り過ぎ、その後、ミラーで

確認したのだが、やはり、そこには、誰もいなかった。

車も途切れなく走っている時間帯であり、その女性が隠れる場所は、当然

その場所には無かったのだが・・・。

その他にも記憶の中では、

神戸市のJR朝霧駅で、この駅だけ自殺が多いのは、これが原因として、霊が写った写真が

新聞に掲載されていたし、また、原因不明の事故、それも、人が飛び出したのをよける事で

事故が多発していた兵庫県

加古川バイパスに関しても、同じ様に、この霊の仕業か?という内容の記事が写真つきで

掲載されていたのを憶えている。

これは、あまりにも同じ場所い゛の事故が多発しており、そして、その当事者全員が、

口を揃えて、誰かが飛び出してきたので、慌てて避けた、という証言をしていた為、

もしも、誰かのイタズラだとしたら、とんでもないことだ、との理由で、県警がその事故現場

近くの随所に24時間体制の監視カメラを設置。

だが、そのカメラに写っていたのは、紛れも無く、人とはいえないモノだった。

こえなると、警察や官公庁も、具体的な対応は不可能なようで、御祓いとか、

地蔵の設置とかの非科学的なもので、対応していたのを記憶している。

ただ、そういうものは表に出てこないだけで、結構、あるんだろうが、新聞に掲載される

、されないは、どんな基準で決定されるんだろうか?と、ふと思った。

だって、霊的な原因による事故多発地帯なんて、日本中探せば、ゴロゴロと

出てくるし、そのどれもに、不可解なモノが目撃され、写真に収められている

のだから。

ただ、ひとつ思うのは、以前、テレビ関係の仕事をしている従兄弟から

聞いた話なのだが、やはり、本当にヤバイモノ、そしてそれに関する画像、映像は

危険とみなされ、そのままお蔵入りになるらしい。

だから、実際にもっともらしくテレビで放送されているのは、かなりヤラセ色の

濃い作り物だけ、との事だった。

確かに、国民に知らせる事により、過大すぎる心的弊害があるもの、そして、

それによって、パニックになるようなものは、報道されるべきではないのかも

しれないが・・・。

そういえば、自分はキリスト教徒ではないが、興味をそそられるものとして、

こんなこともあるみたいだが、これも、そういうパニック予防の観点によるもの

なのだろうか?

それは、ファティマの予言というもので、一番目、そして2番目の予言が

あまりにも正確に的中したものの、その第3番目の予言の中身を見た

ヨハネパウロ6世が、

内容の重大さにショックを受けて卒倒し、これは人の目には絶対に触れさせてはならない。

私が墓の中まで持っていくと言って、発表を差し止め、現在も最上級の秘密文書

として、バチカン宮殿の奥深くに、厳重に保管されている、というもの。

自分達はこの世の中で、実際に判明していても、知らされていない事象という

ものが、今でも沢山存在しているのかもしれない。







Posted by 細田塗料株式会社 at 13:29│Comments(1)
この記事へのコメント
営業のKさん

朝霧や加古川・・・懐かしい地名が出ますね(笑

我が国の各地にある鳥居と鎮守の杜、人だけでなく獣や道具にまて至る鎮魂碑と祭事・・・今はどうでしょうか?
傲り高ぶる現代の日本人に、先人は何を思うでしょうか・・・。

斯く言う私もクローバル時代に流される根無し草・・・かも知れません。
Posted by 中西 at 2017年05月16日 17:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count