› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 絶対に知らない方が良い事!

2016年02月17日

絶対に知らない方が良い事!

サインディスプレイ部  営業のKです。

いや~皆様、雪かき、ご苦労様です。

何故か今回の雪は海沿いの方が多いみたいですね。

でも明日からは、晴れて気温も上がるみたいですから

やっと腰痛から開放されるかも。

でも、明日の朝は冷え込みそうですから、お車の方は

路面凍結にに十分ご注意ください。

昔、凍結した路面でブレーキもハンドルも効かず、そのまま

まっすぐに溝に突っ込んだ私が言うのだから間違いないです(笑)

それでは、怖くないですがスタートです。




これは、友人夫婦の話である。

2人とも中学時代の同級生であり、結婚してからも、お互いの

夫婦同士での付き合いが続いた。

2人は中学時代から、ずっと付き合い続けて結婚したという筋金入りの

ラブラブ夫婦であり、若くして家を購入し、子宝にも恵まれ、絵に書いた

様な幸せな生活だった。

が、その夫婦の奥さんから、ある日、電話が掛かってくる。

どうやら、家の中に何か得体の知れないものが間違いなく居るらしく、

そういう体験の多い俺に相談に乗って欲しいという。

いや、立派な旦那がいるんだから、あいつに相談すれば良いだろ?

どんな事でも受け止めてくれる奴じゃないか!

と一旦は断ったのだが、どうも、この件に関しては、旦那は、係わりたくない

らしく、すぐに話を逸らすのだという。

それなら何とか協力はするけど、あいつには、内緒にしてくれよ!

と頼んだ。

そして、とある日曜日、旦那も子供も、いないから、との

事だったので、気は進まなかったが、その家を訪問した。

だが、玄関をチャイムを押し、出てきた奥さんを見て、愕然とした。

やつれて、疲れ果て、まるで末期患者の様な容姿だった。

俺は、少し本腰を入れて、協力しなければ、と、この時思った。

リビングのソファーに向かい合って座り、話を聞く。

その内容はこんな感じだった。

何か、邪悪なものがこの家に、間違いなく隠れている。

そして、それが、悪行を働き、どんどんエスカレートしている。

最初は、神棚が壊されたり、物が無くなったりと間接的なものが多かった

のだか、最近は、ソファーや子供の枕の中に剃刀の刃やカッターの刃が

入れられていたり、廊下に針金のようなものが張られていたり・・・。

そこで、彼女は泣いた。

何かを思い出してないたように見えた。

だから、気を落ち着かせて全て話してくれないと対処できない旨を

話し、続きを聞く。

その奇怪な現象は、もう我慢出来るレベルを超えてしまっているらしく、

まず、ペットの犬が突然いなくなり、庭の土から数日後に発見される。

また、ある日は子供が階段から突き落とされて頭に怪我をする。

その時点で、警察に連絡して家に来てもらったのだが、大した調査も

せずに、旦那と色々と話した後に、あっさりと帰っていったという。

その事があってからは、子供の安全の為に、お里に預けているという。

安全の為とはいえ、子供に会えないのはやはり辛いという。

更に、何者かに鋭利なもので腕を刺されたという事で、厳重に腕に

巻かれた包帯を見せられた。

そして、その事以外にも、何かにずっと見張られている様な妙な視線を

常に感じるという。

それで、夜も寝られず、どんどん痩せ細っていくばかりだという。

確かに、その顔は、生気がなく、目がくぼみ澱んでいた。

声も老婆の様に年老いた声であり、まるで別人だった。

話を一通り聞き終えると、俺は、その家をくまなく見て回った。

しかし、俺には、その時点で不可解な疑問が有った。

これだけの事件性の有る事が発生しているのに、原因が分らないとしても、

警察がそんなに簡単に手を引くのか、という疑問。

そして、俺は家の中を探索している最中、ある物を発見する。

それは、監視カメラと盗聴器。

その時点で俺は、事の真相が、何となくではあるが、分った気がした。

そして、発見したカメラやマイクの事は彼女には伝えず、特におかしな

所は無いし、霊的な物も感じないけどなぁ、とお茶を濁し、その家を

後にした。

が、玄関先まで、見送ってくれた彼女の顔を見て、確信した。

とりつかれているのは、彼女自身だと。

なにしろ、その時の彼女の顔は、目がギラギラとし、騙し通せたとでも

いうように、邪悪極まりない笑みを浮かべていたのだから。

その後、俺は、彼女の旦那に連絡を取ろうとした。

が、先に電話を掛けてきたのは、彼の方だった。

彼は、どうだった?と聞いてきた。

なんだ、知ってたのか?俺が家に行くのを?

うん、だから、お前には悪いと思ったけど、用事があるフリをして

家を空けた。

で、どう思う?と彼。

どう思うかを言う前に、あのカメラやマイクを取り付けたのってお前か?と俺。

すると、彼は、電話じゃなんだから、会えないか?と聞いてきたので、

早速、喫茶店で会う事にした。

俺は、待ち合わせの際、必ず相手よりも早めに到着するようにしているのだが、

その時は、俺が店に着いた時、彼はもう椅子に座り、なにやらゴソゴソと

やっていた。

で、俺が店に入ってきたのに気づくと、

久しぶりなのに、こんな事に付き合わせてしまって悪いな!と謝られた。

そして、彼は、持参したノートパソコンをおもむろに俺の方に向けて

まあ、まずはこれを見てくれ!

という。

どうやら、監視カメラの映像らしいのだが、俺は、その内容を見て

凍りついた。

その映像には、嬉々として、ペットの犬を殺し、鼻歌を歌いながら、

庭に埋めている姿、子供を自らの手で階段から思いっきり突き落とし、

大声で笑う姿、そして、ブツブツ何かを喋りながら、自分の腕に

カッターナイフを突き立てる姿が映っていた。

そのどれもが、かつての彼女からは想像も出来ない異様な姿だった。

そして、そこに映る彼女の顔は、もはや、人間のソレではなかった。

また、突然訳の分からない言葉を発したり、ゲラゲラと邪悪に笑う顔、

また、四つんばいになり家を徘徊する姿からは、もう疑う余地は無かった。

一通り、映像を見終えて、ノートパソコンを彼の方に向きなおすと、

俺は、言った。

さっきの質問だけど・・・。

間違いなく、何かに憑依されているとしか思えないな!

その言葉を聞いて、彼は納得したらしく、今度は、こう聞いてきた。

で、お前、良い霊能者知ってるか?

お金は幾ら掛かっても良いんだ!と。

その顔は、切羽詰っており、俺はとっておきの霊能力者を紹介する事に決めた。

その人、お金は一切貰わないけど、とにかく厳しいから。

それに、完全に祓うという事に拘る人だから、たぶん、一週間くらいは

泊り込みになるぞ!

と彼に告げると、彼は、本当にありがとう、と頭を深々と下げた。

そして、その霊能力者のもとに彼女を連れて行く際、俺も同行したのだが、

彼女を家に迎えに行き、男数人で縛り上げ、車に担ぎこんだのだが、

その際、彼女は、

裏切り者!

私を誰だと思っておる!

だのと、奇声を上げ続けた。

そして、彼女は、隣県に居る霊能力者のもとに連れて行かれ、昼夜不眠不休で

除霊が行われ、その間、お弟子さんたちにより、家そのものも、除霊された。

そして、一週間後、何事も無かったかのように家に戻った彼女は、以前の

はつらつとした姿にすっかり戻っていた。

と、ここまで書くと、めでたしめでたしなのであるが、この話には

続きがある。

彼女は、憑依されていた間、家で何が起こったか、また、彼女が何をしたか、

という事に関して、全くの記憶が無かった。

それは、当然の事であり、決して知ってはいけない禁忌だった。

だが、彼女は、ある日、知人からその話を聞かされて愕然となる。

そして、どこから入手したのかは分らないのだが、俺が見せられたのと

同じ、監視カメラの映像を見てしまう。

人間の精神とは、それほど強くないものであり、それが常識のある

人間なら、尚更である。

彼女は、自己嫌悪とか、自分が信じられないとかの感情を飛び越え、

気が狂ってしまった。

知ってはいけない真実、知らないほうが良い真実は、この世には沢山

有るのかもしれない。

この監視カメラの映像は、今も現存している。




Posted by 細田塗料株式会社 at 20:22│Comments(3)
この記事へのコメント
こんばんは。
ご無沙汰しております。(毎日しっかり見てますょ♪)
今回の話のような事がやっぱり現実にあるんですね。
何時もテレビでこのような事は観てましたが。。。
辛く複雑な気持ちになります。
この世の非現実的な出来事に悩まされたり辛い思いを
されている人がいっぱいいるのだと思うと
心苦しいです。同時に報われなくこの世に強い思いを残して亡くなった方々。。心からご冥福を祈るばかりです。

明日から少し暖かくなりますね。
日々お忙しい様ですが、お身体気を付けて下さいませ。
これからも楽しみにしてます☆
Posted by ファン子 at 2016年02月17日 22:12
ファン子様、こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰しております。
でも、毎日見て頂いているとの事で、本当にありがとうございます。
確かに、今回の話は複雑でした。
書こうか書くまいか、と。
でも、現実にそういう事も有るんだと知ってほしくて。
でも、こういう話もテレビでやったりしてるんですね?
私はテレビは、全く見ないものですから・・・。
ファン子様も、お身体、ご自愛くださいませ!
Posted by 細田塗料K at 2016年02月18日 10:03
営業のKさん

今日は予報よりも早めの、そして明日の午前中までは雨模様・・・夏日が続く福岡、草木にとっては恵みの雨ですね。

何だか悔しいですね・・・幸せな日々を紡いで行く家族に、まるで交通事故の様な、思いもよらぬ不幸な出来事・・・としか言いようがありませんね(泣

家庭内に頻発する怪異の元凶は、苦悩する自らの行為であった・・・例えそれが本人の意思にそぐわない行いとしても・・・悲しい出来事ですね。

彼女にどんな因果があると言うのか・・・もはや気持ちで、努力で何とかなる領域ではありませんからね。

そんな世界もある、こんな現実もある・・・だからこそ凡事徹底、今この時を大切に生きねば成らぬと考える私です(汗

くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年05月24日 19:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count