› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 取引先の新入社員は・・・。

2017年01月06日

取引先の新入社員は・・・。

サインディスプレイ部 営業のKです。

皆様、お元気でしょうか?

私は、仕事こそ休んではおりませんが、やはり体調が

悪く、インフルエンザではなかったのですが、なかなか

熱も下がりません。

何より、薬で胃がやられてしまったのか、とにかく

お粥しか、食べられないのがツライです。

皆様もお気をつけくださいませ!

ということで、怖くない話、続けます。

今回のは、本当に怖くありませんので・・・。

お気軽に読んでくださいませ!

それでは、どうぞ~!

これは、とあるお客さんの所で起こった話である。

そのお客さんは、加賀方面でデザインとそれに関わる仕事を

している会社である。

実は、この会社の社長さんというのは、かなり怖い人物という噂が

流れており、その当時、まだ担当になったばかりの俺は、最初、必要以上に

緊張し、恐れ、そして距離を置いていた。

だが、ある事があってから、その社長さんが、自分の中にしっかりとした

仕事のルールを持ち、ただ厳しいだけではなく、ユーモアや優しさも

持ち合わせており、そして何より、社外の人間である俺に対しては

きちんと、礼節をもって対応してくれることが判り、それ以後は、

とても懇意にして頂いた。

その社長さんが、ある日、突然亡くなる。

本当に突然だったので、正直、信じられなかったのだが、お別れの会

などに参列するうちに、事実として受け止めるように努めた。

そして、その社長さんが亡くなったから、5年以上経った頃、1人の

新入社員が入ってきた。

面白い女の子で、普通なら女性は内勤になるのだが、志願して、現場

担当の肉体労働に配属される。

気さくで明るくて何とも面白い女の子だったのだが、1つだけ他人とは

違う部分があった。

それは、かなり霊感が強いということ。

一度、昼食時に、そんな話になり、色々と話を聞いていると

あっ、これは大変かも・・・・。

と思った記憶がある。

とにかく、至る所で霊が見えてしまうらしく、それでいて、霊に対する耐性が

無いというか、必要以上に臆病であり、、それだから、ついつい霊を見かけると、

そちらばかりを見てしまうらしい。

当然、見つめられた霊達は、見える人=話を聞いてくれる人

となってしまう訳で、彼女の周りには常に沢山の霊達が集まってきていた。

ただ、彼女の家族に、更に霊感が強い人がおり、除霊的な事もできるらしく、

とりあえず、自宅までたどり着ければ、その後は何とかなるのだと言っていた。

で、そんな彼女なのだが、最初はとにかく明るく元気だけが取り得、という

感じだったのだが、段々と痩せていき、無口になってしまう。

さすがに俺も見かねて、

どうしたの?何かあった?

すると、覇気なく、言葉を濁すばかり。

もしかすると、とんでもなく悪い霊に憑かれてしまったのかも?

そう感じた。

なので、霊感の強い知人に彼女の画像を見せてみると意外な答えが

帰ってきた。

彼女自身は、お姉さんの霊感がとても強く、そして彼女に悪い例が憑かない

ように、ある種のバリアーを張っているらしい。

だから、彼女の回りにどれだけ沢山の悪霊達が集まってきても、大体の霊

ならば、問題なくブロック出来るらしい。

だから、彼女は、霊に憑かれてはいない。

だけど、彼女の会社に怖い男の人の霊がおり、常に彼女を厳しく叱っている。

そういうことかな。

と言われた。

それで、次の訪問時に、彼女にそれとなく聞いてみた。

もしかして、この会社で以前亡くなった社長さんの事で悩んでる?

すると、ハッとした顔をして、

◎◎さんにも見えるんですか?

と鋭く聞いてきた。

なので、

いや、俺はこの会社では、社長さんは見えないんだけどね。

でも、社長さんだったとしたら、本当は良い霊だと思うよ!

そうアドバイスしてみた。

すると、

はい。なんとなく、良い霊かも・・・とは思うんですけど、でも・・・。

社内の工場で作業している時も、昼休みの食事の時も、トイレの時も、

そして、現場で高い所に登っている時でも、ずっとすぐ横に居て、私を

ジッと睨んでるんです。

そして、

そこは、そうじゃなくて、こうするんだ!とか

そんな事も出来ないのなら、辞めてしまえ!

と強く叱ってくるんです。

なんか四六時中見張られてる気がして・・・・。

そう言って、顔を伏せた。

それからも、事あるごとに、

凄く良い社長さんだったから、きっと貴女の事が心配なんだと思うよ!

と励ましたりしていたが、それから暫くして彼女は、その会社を

辞めてしまった。

そして、辞める時にも、馬鹿正直にこう言ったらしい。

ずっと、先代の社長の霊が付きまとってくるので・・・・・・・辞めます、と。

現社長は、呆れた顔をして、すぐに辞表は受理された。

まあ、霊が見えない、信じない人にとっては、ふざけた退職理由

なのだろうが、本人にとっては、死活問題なのだろう。

この会社は、実在する。




Posted by 細田塗料株式会社 at 19:50│Comments(2)
この記事へのコメント
おーk様
大丈夫ですか?
寝て下さい・・・
Posted by ちんぱん at 2017年01月06日 20:51
営業のKさん

私の仕事仲間でも年末に、腸炎?が原因とされる発熱や嘔吐、また下痢と発熱でダウンした方々が居ます。
幸い、年始は元気にしていましたが、例年よりも暖かく、この変な気候に体も上手く順応出来ない事もあるのか?・・・と思います。

そして年末に連日の忘年会をこなして来られたKさん・・・恒例行事とは言え歳は重ねますからね・・・そんなこんなの節目かも?ですよ。
ところでハワイでしっかりと休養して来た私は、心も体も満充電!・・・てな夢を見る酔っ払い親父です(笑

勿体ない・・・実に勿体ない。
人に厳しく自分に甘くが主流になりつつある現在、死してなお新入社員をそこまで気に掛ける事業主、きっと会社と社員の将来が心配だったしょう・・・厳しさと優しさは表裏一体、怖さを糧に頑張って欲しかったです(個人的希望観測ですが)。

でも、いくら姉からの結界があるとは言え、普段から霊が見えて、其を意識した生活を送るなんて大変ですね・・・けどそれも自分の人生、前向きに頑張って欲しいです(余計なお世話ですが)。

それでは、次回も怖くない話を楽しみにしております。
Posted by 中西 at 2017年01月06日 22:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count