› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 野々市市で買った古い鏡台!

2017年03月05日

野々市市で買った古い鏡台!

サインディスプレイ部 営業のKです。

今日は娘がコスプレイベントへ出かけて行きました。

妻は、温泉めぐりに出かけて行きました。

私が起きると、家の中には誰もおらず、

一人ぼっち・・・・・。

お陰で、怖くない話を書き溜める事が出来ました。

本当に有意義な1日でした(涙)

それでは、書き溜めた怖くない話をどうぞ(涙)



これは知り合いの女性の体験談。

彼女は、リサイクルショップがお気に入りらしく、週に何回も買い物をする。

彼女いわく、新品もしくは新品に近い商品が、在りえない様な安値で

手に入るんだから、もう普通のお店では買い物する気になれない、との事。

確かに、リサイクルショップとはいっても、未使用品が沢山置いてあり、

それが定価の1割~2割で買えるとなれば、確かに魅力的だ。

ただ、昔から、物には魂が宿っているといわれたりする。

未使用品といえど、一度誰かの手に渡った物を買うというのは、そういうモノも

一緒に持ち帰ることになるのかもしれない。

そんな彼女であるが、リサイクルショップ好きが高じて、家の家具や食器なども

買い揃えたりしていたのだが、そのうち、古い家具にも興味を持ち始める。

そして、ある日、彼女はリサイクルショップで古い鏡台を買った。

豪華な装飾、そして非日常的ともいえる雰囲気、その全てに彼女は魅了

されてしまう。

購入した翌日に、その鏡台はお店の人により届けられる。

そして、彼女は、その鏡台をリビングの横にある和室に置いた。

最初、和室には似つかわしくないかも?と思ったらしいが、実際に置いて

みると、不思議な調和感があり、彼女は嬉しくなった。

そして、それから彼女の身の回りで色々と不思議な事が起きはじめる。

先ず、最初に感じたのは、リビングに居ると、誰かから見られているような

視線を感じるという事だった。

だが、実際に家を調べてみても誰も居るはずもなく、彼女は、気のせい、として

片付けてしまう。

次に起こった事は、彼女がその鏡台を使い、そして仕事に行く。

そして帰宅すると、閉めたはずの鏡台が開いている。

彼女には同居人はおらず、彼女は不安になってしまう。

そこで、彼女はある日、朝、その鏡台を使用し、そして鏡台の扉を閉めた後、

その扉にしっかりとテープを貼った。

これで、事前に扉が開くという事は無くなる筈だった。

しかし、夜、彼女が帰宅すると、何故か扉が開いている。

しかも、ご丁寧に、貼ったはずのテープが引きちぎられたようにして、畳の上に

落ちていた。

こうなると、もう彼女の不安感は最高潮に達してしまう。

だから、リサイクルショップで長時間録画が出来るカメラつきのレコーダーを

購入し、そして鏡台が見渡せる場所に設置した。

そして、いつも通り仕事に行き、そして夜は早めの時間に帰宅した。

すると、例によって、鏡台の扉は開いていた。

彼女はセットしておいたビデオレコーダーを確認しようとしたのだが、さすがに

何か映っているのかと考えただけで恐ろしくなり、俺が呼ばれた。

その時、俺は偶然、友人とライブの打ち合わせをしており、その電話をもらうと、

一緒に居た友人も、面白そうだから・・・ということで同行する事になる。

そして、彼女の家を友人と訪れたのだが、最初、知らない人は困ると言われるかも、と

思っていたのだが、実際には、人が多い方が心強いと言われ、安心した。

そして、家の中へ案内され、件の鏡台を見せられた。

彼女がリビング横の和室の引き戸を開ける前から、何か得体の知れない不気味さを

感じていた。

そして、その鏡台を見た時、それは確信へと変わった。

そこには、1人の女の人が鏡台に座り、そして鏡をじっと見つめていた。

どうやら他の2人には見えていないようだったので、その事は口に出さなかった。

だから俺はいよいよ留守中の映像を確認しようとした時、見ないほうが良い!と

彼女を止めた。

それは、その映像には、間違いなく先程俺が見た女が映っているという確信が

あったから。

そして、もしもそんなものを観てしまったら、きっと彼女はせっかく手に入れた

この家を手放すという結論を出すのが怖かったから。

だから、絶対に確認する、という彼女を説得し、俺達は、その映像を預かって

彼女の家を後にした。

勿論、彼女は、その晩、友達の家に泊まるように奨めた。

そして、俺達は、別の友人の家へと向かい、そしてそのビデオを観ることにした。

何故なら、その友人の家は、神職、つまり神主だったから。

そして、夜の9時くらいから、3人でそのビデオを再生した。

最初、何も起こらない退屈な映像が続く。

勿論、それが普通なのだが・・・・。

ただし、午後2時を過ぎた頃、異変が起こる。

突然、リビングと和室を隔てる引き戸が凄い速さで開けられる。

バーンという大きな音とともに。

そして、彼女の鏡台が映し出されるが、そこには鏡台の椅子に座る女が1人

映っていた。

古めかしい着物を着て、痩せ細った女が、背筋をピンと伸ばしたまま座っている。

俺が彼女の家に行った時、一瞬見えた女に間違いなかった。

ただ、その女の顔は、明らかに怒っているようであり、ジッと鏡を睨みつけている。

俺達は、思わずその映像に見入ってしまう。

すると、今度は、その女はとても高い声で何かをブツブツと呟き、そして泣いているのか、

目を着物の袖で拭う。

それから、その女は、彼女の物ではなく、自分が懐に持っている化粧道具で

化粧を始める。

オシロイのようなものを塗ったり、そして、指でクチビルに紅を引いたり・・・。

ただ、その女が化粧を進めるに従い、その女の顔は、とても人間の顔とは

呼べないような顔になり、まるで般若のようだった。

なんだ?これは?

俺達の顔に得たいの知れない不安がよぎる。

すると、突然、その女は、ケケケケケと高笑いをし、そして顔をカメラの方へと

向けた。

俺達はまるで、その場にいて、その一部始終も隠れ見ている気がして、ハッと

してしまう。

すると、突然、俺達が、その映像を見ている部屋の窓ガラスがまるで大きな

地震でも起こったかのように大きく揺れた。

俺達は何が起こったのか、全く理解出来なかった。

すると、今度は、窓ガラスを外からドンドンと叩かれているように、窓ガラス

が、震えた。

映像の中の女は、更に大きく高笑いをしている。

すると、今度は彼の部屋にある小さな鏡がまるで爪で擦っているかのように

キーキーと鳴った。

そして、映像の中の女の声が、彼の部屋の鏡の中からも聞こえるようになる。

俺は、急いで映像機器の電源を落とし、そして鏡を床に叩きつけて割った。

すると、窓の震えも、女の声も聞こえなくなった。

そして、いつもの霊能者Aさんに聞いてみると、その鏡は、明治時代のものであり、

ある女性が自殺する前に、見た、死化粧をする為に使った鏡であり、その女性の

恨みの念が込められている、との事だった。

俺達は、彼女に許可を得て、その映像を消去しようとしたが、どうしてもエラー

が出てしまい、消せなかった。

だから、その映像は、そのまま友人の神社で供養されることになる。

そして、彼女には、俺達が見て、そして体験した怪異の事は一切話さず、

とりあえず、ということで、買ってきたリサイクルショップに返品することを

奨めた。

その後、彼女の家では、怪異は発生していないが、彼女は、その件以来、二度と

リサイクルショップへ行く事はなくなった。

この鏡台は、実在する。




Posted by 細田塗料株式会社 at 17:56│Comments(5)
この記事へのコメント
Kさん、こんばんは。

Kさんが書いておられるように物には人の念が宿ると言われます、自分はそれを信じているわけではありませんがやはり中古品はイヤですね。また、鏡台の物によっては三面鏡など合わせ鏡になる物があって、何か写ったり怪奇現象があったりするのかもしれません。
自分の母親が使っていた鏡台は単面だったので合わせ鏡はできませんでしたが、古い物なだけに不気味な感じはじましたが…。

それでは、また次の話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年03月05日 18:52
営業のKさん

朝から曇り空、肌寒さはあったものの、それは柔らかな肌触りです。
今日も仕事の私でしたが、残すところ後2件、どちらも厄介な内容ですが頑張ります。

それにしても強烈な念ですね・・・録画画面を通して、視聴者側に物理的作用を及ぼしますか・・・本当に不思議ですね・・・と言う事は、恐怖が連鎖する動画も有り得ますね(泣

それでは、次回も怖くない話を楽しみにしております。
Posted by 中西 at 2017年03月05日 19:11
k様
念のこもった物。怖いですねー
でも私は彼女の行動理解します。
私もヤフオクで中古の古い針箱買ってしもうた・・・・
新品では買えない金額。
雰囲気があってムキになって入札して買ったのだが大丈夫ですよね・・大丈夫ですよね・・・
あー不安です。
Posted by ちんぱん at 2017年03月05日 23:40
K様、こんにちは~
今日は昼から寄らせて頂いております~

まだ読んでいないお話がいっぱいあり
ワクワクしながら読み進めているトコロです(^ー^)

しかし…古い鏡台を買うって…
気に入ったにしても…(((^_^;)
鏡って色んな意味で怖いって
思っているので
特に人が使っていたモノは
絶対買いませんね~f(^_^;

今回は大変な事になる前に
終わって良かったです~(((^_^;)

では~また寄らせて頂きます。
Posted by ちゃこぽん at 2017年09月05日 14:46
Kさん、初めまして。
古い方から順に、毎晩寝るときに、楽しみに読んでいます。
文章が上手いので、臨場感が伝わってきます。
もう半年近く経つかもしれません。
読みながら寝てしまうので…(笑)
Kさんの怖くない話の大ファンです。

物には使ってた人の念が大小なりとも入っているといいますね。
前は、よくヤフオクで服から家具まで色々と落札して使っていました。
ヤフオクを使わなくなって10年くらいたつでしょうか…

でも、先日、リユースの2015年製の大型冷蔵庫を購入したばかりです。
新しいから、いわく付きか、離婚で手放したのかなーと思ってますが…
結婚するときには幸せいっぱいな気持ちで選んで買ったのかな…と思うと切ないですね。

これからも、怖くない話、楽しみにしています。

読んだ人に影響が出るかもしれない話というのもあるんですよね?
それは、どこか他の所に書いてたりするんでしょうか?
Posted by りせっち at 2017年09月12日 04:47
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count