› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › そのスナックに客が来ない訳

2017年05月27日

そのスナックに客が来ない訳

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お久しぶりです。

来週は、いよいよ金沢市最大のイベントである

百万石祭りが開催されます。

という、金沢市の広報の回し者のような事を

書いてますが、私は勿論、見に行きませんけどね。

だって、そんな暇があったら、怖くない話を

書いていたいからです(キッパリ)

まあ、偉そうな事を言っておきながら、なかなか更新

出来ていないのは、少し事情がございまして(こればっかり)

ちなみに、今日、会社の女の子の結婚が決まったという

話を聞いたので、すかさずメーカーからもらった

景品のTシャツをあげようとしたんですが、

拒否られました(涙)

ということで、怖くない話、スタートします。

それでは、どうぞ~!


これは俺が体験した話。

片町に俺の行きつけのスナックがある。

セット料金3000円で、ボトルを新たに入れたりしない限りは、

閉店まで飲んでいても、3000円ポッキリという安さである。

常連さん達も個性豊かな人達ばかりで、何回通っても飽きる事がない。

そんな店だから、毎週末にはついつい顔を出してしまう。

そして、その日も俺は週末の土曜日に、片町へと出掛けた。

これまた行きつけの串カツ屋でお腹を満たした後、そそくさと

その店に向かった。

勢い良くお店のドアを開け、

こんばんは~

と言うが、お店のママさんと従業員のお姉さんは、何やら浮かぬ顔を

していた。

一応、俺に気付くと、

あらあら!

と対応してくれたが、やはり顔が暗い。

どうかしたの?

と聞くと、今週は何故かお客さんが1人も来ないのだという。

ということは、もしかして俺が今週最初の客?

と聞くと、

そうなのよ。

と吐き捨てるように返してきた。

確かに、いつもは少なくとも2~3人は居る客が、その日は1人も居ない。

不思議な事もあるもんだね?

と言うと、ママさんが言い難そうにこう言った。

実はね。毎年、こういう事が起こるの。

それも決まって今頃なんだけどね。

俺は作ってもらった水割りを口にしながら、うんうん、と興味深々に聞いた。

昔、この店に来てたお客さんなんだけどね。

Kさんが来るようになる、ずっと前のことなんだけど・・・・。

そのお客さんっていうのが、かなり我侭な方で、お店で私達が他の

お客さんと話してると、それだけで機嫌が悪くなるっていう・・・・。

だから、お店としても少し敬遠してたお客さんになるんだけど、

そのお客さんっていうのが、そういう空気が読めないっていうか。

で、ある時、他のお客さんが、その人にはっきり言ったのよ。

あんただけの店じゃないんだから・・・・って。

それから、しばらくは、そのお客さんは来なくなったんだけど、

ある日、お店に電話が掛かってきて・・・・。

明日は貸切で飲みたいから、お店空けといて・・・・って。

そんなの困ります、つていう間もなく、電話が切れちゃって。

で、翌日、しょうがなく貸切にして、そのお客さんを待ってたんだけど、

結局、お店には来なかったの。

で、その後かな。

そのお客さんが、お店に向かう途中、事故で亡くなったって聞いたのは・・・。

そんな事があってから、毎年この時期になると、お客さんが寄り付かない

日が続くようになって。

もしかしたら、そのお客さんが、そうさせてるのかな、つて思ったりしてね。

そう言われて俺はこう返した。

もしかして、そのお客さんって、いつも一番右隅に座ってなかった?

すると、2人の顔が少し引きつるのが分った。

どうしてわかるの?

と泣きそうな顔で聞いてくるママさん達に、俺はつい悪戯心が顔を出してしまう。

俺が右端の席と言ったのは、ママさんがチラッチラッとそちらの方を見ながら

話していたのに気付いたからなのだが・・・。

ただ、確かにお店全体の空気が淀んでいるのは事実であり、お店の照明も

いつもより暗く感じたのは事実だった。

俺は、水割りを一気に飲み干し、更に追い討ちをかけようとした。

その時・・・・。

突然、お店のドアがドンドンと大きな音で叩かれた。

俺達3人は、思わずビクッとなってしまう。

今の何?

そう聞く俺に

・・・・・・と無言で固まっているママさん達。

すると、再び、ドンドンドンとドアが叩かれる。

固まっているママさん達に代わって俺が

は~い!どうぞ~!

と声を掛けるが、ドアが開く気配はなかった。

すると、ドアの向こうから低い声が聞こえてくる。

ごめん。遅れて・・・・・。

俺はママの顔を見た。

ママさんの顔は更に恐怖で固まっている。

死んだお客さんの声?

と尋ねた俺に、ママさんはただ黙ってうなづく。

俺は、それを見て、ドアに向かってこう言った。

あなたは、もう死んでるんですよ。

死んだものが、こんな所に来ちゃ駄目でしょ?

だから、もう帰りなさい。

と優しく強い口調で言った。

一旦、静まり返る店内。

しかし、しばらくすると、再び、ドアが叩かれる。

今度は怒りに任せたような叩き方で!

俺は、ママさんに

塩、ありますか?

と聞くと、アジ塩なら有ると言う。

まあ、無いよりましか、と思い、渡されたアジ塩をドアに振りかけた。

すると、ドアを叩く音が少し弱まった。

しかし、そり代わりに、ドアの向こうから男性の荒い息づかいが聞こえる。

たぶん、お店に入っては来れないと思うけど・・・・。

という俺に、

じゃあ、どうやってお店閉めて帰れっていうの?

と当然の言葉が返ってきた。

そこで、俺は、携帯を取り出して、同じ片町にある、別の店に電話をかけた。

それからも、ずっとドアを叩く音、そして荒い息づかいが聞こえていたが、

電話をしてから、10分後、突然、お店のドアが開いた。

そこには、俺が電話で呼んだ一人の男が立っていた。

呆然とするママさん達、そして意味がわからないという顔で立っている1人の男。

実は、以前、Aさんと片町に飲みにいった時、Aさんに言われた事があった。

たとえ幽霊といえども、苦手な人間っているんですよ。

だって、もともと人間だったんですから・・・・と。

そして、その時に、Aさんから、霊に嫌われるタイプの代表として太鼓判

を押されたのが、その男だった。

Aさんの見立て通り、先程の男の霊も、彼が苦手だったということだ。

その後、彼に水割りをごちそうして、そのまま閉店まで居てもらった。

カラオケやらロックやらと、空き放題に飲まれて、高くついてしまったのだが。

その後、そのスナックには、客が来ない日は無くなったらしい。




Posted by 細田塗料株式会社 at 18:18│Comments(8)
この記事へのコメント
今日は久しぶりのお休み!
週末自分の布団でごろごろしながらたまっていた怖い話を読むのがいつの間にか休日の楽しみになっています。ありがとうございます<(_ _)>大変だと思いますが更新頑張ってください!
Posted by 仕事に疲れた20代 at 2017年05月27日 20:06
k様
更新ありがたや~ありがたや~
苦手な人 なぁーんだ現世もあの世も一緒なんだなぁと納得してしまいました。
でも時空を超えて苦手なA様って凄いです!!
きっとキャラが強烈なんだろうなー

お忙しいのなら無理なさらずにお休み下さい。
細く長く続けてほしいです。
Posted by ちんぱん at 2017年05月27日 20:59
Kさん、こんばんは

死んでもそのお店に来ようとする執念、しかも生きている人間を払いのけてまで、余程気に入っていたのでしょうか。
しかし、その友人の方は相手の霊が居なくなるぐらいだから、ただ苦手なだけでなく何かしら力があるのでは。
まぁ生きていた頃からお店には迷惑だったのでしょうから、しょうがないですね。

そう言えばお孃さんの弁当のお話、笑わせてもらいました。自分の高校は鍵の架かるロッカーがあったので、教科書は忘れませんでした。ただし、試験前に持って帰るのをよく忘れましたが・・・。(笑)

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年05月27日 21:02
営業のKさん

今日は晴れの福岡、風が爽やかに吹き、過ごしやすい日中でした・・・が、昨夜に呑んだ焼酎が目覚めと共に抜けきらず体調不良な私は、明日があるさ〜!と早々と帰宅しましたよ・・・って、もともと休業日なんで(笑

>味塩

思い出しますね〜かれこれ18年程前、真夏の建て屋内が現場。
その場所は大分は日田市、兵庫で言えば豊岡 、毎年最低最高気温を記録する地域です。
雨にうたれたの?と勘違いするほどの全身汗まみれ・・・こりゃ熱中症もあり得るぞ、と考えていた時、仕事の相方が差し出したのが食塩でなく味塩・・・塩分とらにゃ、倒れるぜ!・・・そりゃ・・・無いよりまし!ですね(笑

さ迷える霊の忌避として・・・それは、見た目?性格?考え方?・・・Kさんの様に霊に好まれる?方もいれば、避けられる方もいる・・・世の中本当に奥が深い・・・不思議ですね。
くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年05月27日 21:07
「あげまん」ってのは女だけじゃないですよね。
私も最近こそ少なくなったにせよ、
飲みに行けば居酒屋であろうとスナックであろうとPバブであろうと私の意思で飲みに行こうと思った日は満員です。
スナックのカウンターで女の子といちゃいちゃしてたら、いつの間にかお店満員で一人寂しく孤立してます( ;∀;)
Kさんお身体大事になさって下さいね(*´Д`)
Posted by T at 2017年05月28日 00:22
毎回怖い話を読むのが楽しみにしております。
Posted by 二階堂二千夏 at 2017年05月28日 02:37
ども、ショッカー戦闘員オスカーです。m(_ _)m
生前の記憶で苦手な人やモノがいたら近づきにくくなるか…
ちょっと、電話で呼ばれた知り合いがどんな人か知りたいです。

朗読企画の中止…もしかして私がでしゃばった所為!Σ(゚д゚lll)
でしゃばってゴメンなさい、kさん。
Posted by オスカー at 2017年05月28日 14:28
更新して下さってありがとうございます。

霊が苦手なタイプってどんな人なんだろう。

すごーく気になります。

何かの機会に教えて貰えたら

嬉しいです。

お身体大事になさって下さいませ。
Posted by ミニ子 at 2017年06月03日 21:41
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count