› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 1人で留守番した夜に。

2017年06月12日

1人で留守番した夜に。

サインディスプレイ部  営業のKです。

今週は大切な納品が一週間続くという大事な週。

怖い話の連続アップ記録も途絶えるかもしれません。

ところで、今日は突然のメールで、誰でも知っている

関西の大手芸能プロダクションから、出演オファーが

ありました。

というか、芸人になった覚えはないのですが・・・・。

しかも、大勢の人の前で何を話せというのか?

はい。私には無理ですね。

明日、ちゃんと断ります。丁寧に。

勿体無いような気もしますが、身の程を知るのも

大切ですから・・・・。

それでは、今夜も怖くない話、いってみます。

Aさんは登場しません。

というか、私がAさんの事を勝手にブログに書いてるのを

知ったら、たぶん、ケーキ100年分くらい請求されるんでしょうね(涙)

よく、あれで学校の先・・・・・・・おっと危ない。

それでは、どうぞ~!



中学生の頃、1人で留守番した事がある。

両親と兄は、母方の田舎で泊まってくるのだが、俺は翌日の朝から

どうしても外せない友達との約束があり、留守番を選んだ。

とはいえ、人生で初体験の夜を徹しての1人留守番だったから、

不安よりも興奮の方が勝っていたのかもしれない。

夕食は、母親から貰った食費で、出前を取りかなり豪勢な夕食になった。

そして、見なきゃ良いのに、夜、テレビで放送していた心霊番組を

見てしまう。

すると、再現シーンの映像が頭から離れなくなってしまい、完全にビクビクモード。

居間に居ても怖いので、自分の部屋に鍵をかけて閉じ篭る。

家中の明かりをつけたままにして、護身用の金属バットも持ち込んだ。

しかし、パソコンなど、まだこの世に無い時代。

ラジオをかけながら、読書をして過ごすが、ちょっとした物音に過敏に

反応してしまう。

とにかく怖くて金属バットを抱えながら朝が来るのを待つ事にする。

しかし、やはり睡魔には勝てず、知らないうちに寝てしまった。

そのまま、朝まで寝られれば良かったのだが・・・・。

突然、俺はドアをノックする音で目が覚めた。

ドアをノックする音は、何度か立て続けに聞こえる。

俺は、

え?何?

と返事をしてから、思い出した。

その晩は家に1人でよす晩していた事に・・・・。

そして、俺がドアに向かって声を発した事で、ノックの音は止んだ。

それから、すぐに

開けて!

という声が聞こえた。

母親の声に限りなく似ていたのだが・・・・。

すると、今度は

急用で戻ってきたの。開けて。

と聞こえてきた。

俺は、もうパニックになって、ずっと手で耳を塞いでいた。

すると、突然、

ドーン!

とドアに体当たりでもしたかのような大きな音が聞こえた。

俺は、更に体が硬直してしまい、完全に動けなくなってしまう。

すると、パタパタと部屋の前の廊下をスリッパで遠ざかっていくような

音が聞こえた。

今でも信仰心などカケラもない俺が人生で始めて神様に祈った。

助けてください、と。

すると、家の中は、また完全な無音状態になる。

足音も声も聞こえては来ない。

俺は、思わず深呼吸して、体から一気に力が抜けた。

それが霊的なものでも、泥棒だとしても、どちらにしても俺にとっては未知の

恐怖だった。

だが、ひとたび安心してしまうと、急に尿意が襲ってきた。

出来るだけ我慢しようとしたのだが、部屋から出られないと思うと、余計に

トイレに行きたくなってしまい、我慢の限界を超えてしまう。

それで、しょうがなく、俺は金属バットを握り締めたまま、ゆっくりと部屋の鍵

を開ける。

そして、恐る恐るドアを開けると、点けたままにしておいた筈の照明が消えている。

俺は更に恐怖が増していくのを感じたが、それでも、もしも泥棒だとしたら?

と考え、出来るだけ音を立てない様に廊下を進み、階段までやって来る。

階段から、下を見下ろすと、やはり照明は消えて、真っ暗な状態。

俺は、もしかして、音を立てない様にしているから、尚更怖いのかもしれないと

思い、急に大声を出し始めた。

ここにいるのか?

そこにいるのは分ってるんだよ。

といった具合に、気合の入った声を出しながら、ゆっくりと階下へと降りていく。

そして、再び、全ての照明を点け、全ての部屋を見回ったのだが、誰も見つける事は

出来なかった。

ただ、妙に玄関が気になったので、確認しに行くと、玄関の引き戸に付いている

二つの鍵が全て開いている。

俺は、念のために玄関から外に出て、家の周りも見回るが、やはり何一つ異常は無かった。

俺は、

もしかすると、全て俺の勘違いだったのかも?

と思い、急いで家の中に入り、玄関の二つの鍵を閉めた。

それでも、恐怖は払拭出来なかったので、情け無い事に、能登の田舎にいる母親に

電話してしまう。

よく覚えていないのだが、その時の俺の声は、

少し声が聞きたかっただけ・・・。

全然大丈夫だよ。

と言いながら、声は振るえ涙声になっていたらしい。

時刻は、既に午前2時を回っていたので、母親に電話してしまった事を

後悔した。

ただ、母親の声を聴いて少し安心したのか、俺は元気よく、電話から

居間の方へと振り返る。

すると、俺は、先程間違いなく占めた筈の、仏間へと続く襖の戸が

開いているのが目に入った。

そして、ゆっくりと視線を上げていくと、そこには見知らぬ女が立っていた。

頭だけが異様に大きく、ギョロっとした大きな目が笑っていた。

そこで俺の記憶は飛んでしまう。

意識を失ったのだろう。

そして、次に目を開けると、母親に揺り起こされている自分が居た。

心配そうに顔を覗き込んでいる母親は、紛れもなく本物だった。

どうやら、俺の電話の声を聞いて、居てもたってもいられず、父を説得して

車を走らせ、帰って来てくれたのだという事がわかった。

それ以後、その女の姿は、見かけることが無くなったのだが、一体

あれは何だったのか?

ちなみに、その晩、体験した怪異に関しては、一切、両親には話していない。




Posted by 細田塗料株式会社 at 19:23│Comments(7)
この記事へのコメント
k様
その女性何者なんですかねー
でも助かってよかったです。
芸能界デビューの話、受けて下さい!!
私は常々思ってました。
k様は全国区の人になるべきですよ!絶対に!!!!
そしてCDを発売して東京ドームか武道館でコンサートを・・・
お金支払いますからS席宜しく!!
Posted by ちんぱん at 2017年06月12日 21:09
営業のKさん

何ですか?芸能界デビューのお誘いですか。

時は平成、それも代わろうとするこの時代。
その指先で、触れれば果ての世界が見える電脳社会。

光と影と表と裏、共に混在するその空間に、北陸の漢か舞い降りた。
身に災いが及ぶとも、愛と誠を信念に書き認めたその真実。
それでは皆さま、北陸の漢Kさんに今宵も語って頂きましょう。
注)浜村淳風でお願いします。

それにしてもKさん、幼少期も思春期も怖くない体験を積み重ねて居られますね。
そんな血を受け継いだお嬢さんも元気で素直、そして底無しの胃袋・・・おっと、誰か来たようだ(笑
それでは、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年06月12日 21:23
自社の芸人では使い者にならないんですかね。
なんだか情けない会社に思いますね。
もちろん出ない方がいいです、文化人扱いだからギャラは安いし、地元民にいじくられて心労増えるだけ。
ここでみなさんにいじくられるのが退屈になってからでもいいかなと思います。常連コメントが毎日100はぶらさげてからでも。
あと学校の先・・・にお住まいの???A様にばれてからでも。
Posted by はるた夏雲 at 2017年06月12日 21:46
今回のお話

スッゴく怖いです。((( ;゚Д゚)))

その女は生きてたのかそれとも…

ご無事で何よりでした。

私が一人暮らししていた時に

夜中に玄関のドアノブを、ガチャガチャされた事がありました。

朝玄関開けたら、植えてあったハーブが滅茶苦茶に引き抜かれていましたよ。

不法侵入は怖いです。相手が生きていなくても…

そして私的にはK様が、皆のスターになってしまうのは

かなり寂しいです。(;つД`)

逢うのに120分待ちとかは、ミッキーマウスだけにして!

梅雨時は体調崩しやすいので

お身体大事になさって下さいね。

またの更新を楽しみにしております。

無理なくユルユルとね。
Posted by ミニ子 at 2017年06月12日 22:07
Kさん、こんばんは。

いよいよ芸能界デビューですか、稲○淳二を凌ぐ怪談芸人、しかも歌って踊れる・・・大変失礼しました。(ハハハ)

わざわざ何の関係も無いKさんの所に出没して、お母さんの声色まで使って誘いに来るとは何奴ですかね。

Aさんの正体が男として気になりますが、容姿端麗で口が悪く唐揚げの好きな学校の○○と言う事ですが、あまり喋ると呪われますよ、恨めしそうにケーキをねだるAさんの夢が毎晩・・・

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年06月12日 22:10
いつも楽しみに読ませてもらってます。でも、どうしてせっかく芸能デビューの話がきたのに断るんですか?そんな器じゃないみたいなことを言ってたけど、それって自分が決めつける事じゃなくて周りが決めることなんじゃないですか?せっかくのチャンスを自分の思い込みでもみ消してしまうのはもったいないですよ。そんな一人になりたいって歯を食いしばって生きてる人がたくさんいます。なんかそんな人たちがまるで馬鹿みたいじゃないですか?一度やってだめだったら引きさがってもよくないですかね?一度広がった世界に踏み込めば、その他の色んな可能性だってみえてくるかもじゃないですか?ホラー系の話で有名になったりするかもですよ。
Posted by にゃあママ at 2017年06月16日 23:44
怖いですね〜!自分も子供の頃親の都合でよく留守番してたんですが家にたった一人というのはすごく怖かったですね!
Posted by 怖くない話! at 2017年06月25日 22:40
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count