› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 部屋から出られなくなった話

2017年06月27日

部屋から出られなくなった話

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

しかし、この話の読者様も、北米に、小学生に、高校生と

多岐に渡り、嬉しい限りです。

更に、コメント欄にて、読者様同士の、やり取りも

あったりして、本当にありがとうございます。

中西様、猫ちゃん、早く全快すると良いですね!

ところで、今日の我が家の高2の娘。

私が帰宅すると、コソコソと2階の自室へ逃げていく。

そして、冷蔵庫を見ると、今夜飲もうと買っておいた

セブンイレブンのカフェラテ300mlが消えていた。

妻に聞くと、美味しそうに飲んでいたらしい。

さすがに娘に一言嫌味を言ってやろうかと思っていると、

妻が冷蔵庫を開けて、何やら取り出す。

そこには、小さなヤクルト1本が・・・・。

妻の話では、お父さんに悪いから、これ代わりに

置いておくね!

と言っていたそうだ。

カフェラテの代わりがヤクルトかい?

と思ったが、少し笑えたので、まあ、いいか!

ということで、今夜も怖くない話、いってみます。

それでは、どうぞ~!


これは知り合いから聞いた話。

前回、霊が追いかけられて引越しを繰り返していた友人の話を書いたが、

今回はその逆のパターンの話。

彼は以前、とある危険な心霊スポットに行ってしまった。

そして、それがきっかけで彼に怪異が起こり始める。

最初はほんの些細な事だった。

部屋に帰ると、玄関のドアの横にある壁に、まるで、壁を引っ掻いたような

爪あとが残っていた。

それを彼は、誰かのいたずらだろう、とそのままにしてしまう。

その後、ドアがドンドンと叩かれたり、窓を手のひらで叩くような音が聞こえたりした。

そして、その後、彼が外出した時、明らかに誰かに付きまとわれているような

感覚に襲われる。

だが、その時も彼は、たぶん気のせいだろう、と片付けてしまう。

そして、その後も怪異は続き、ある時、彼は友人達とドライブに出掛けた。

女友達も参加し、車2台に分乗してのドライブであり、途中、遊園地に行ったり、

カラオケをしたり、観光地に寄ったりと、休日を満喫した。

そして、その時写した写真に、ある異変があることに、友人が気付く。

彼が写った写真全てに、1人の女が写りこんでいたのだ。

彼は、そう指摘され、写真を確認すると、確かに見たことも無い女が写りこんでいる。

それは、彼のすぐ後ろに立っているものもあれば、かなり離れた背後に立っている

ものもあった。

そして、その女は、何故か逆光でもないのに、顔がはっきりとは写り込まず、

俯いた顔に背筋の曲がったシルエットは不気味だった。

彼はさすがに気味悪く感じたのだが、友達の手前、ついつい強がってしまい、

心霊写真が撮れるなんで、ラッキー!

と喜んでみせていた。

その後も色んな怪異は続いたらしいが、彼は特に、対策を講じることもなかった。

そんなある日、彼は本当の恐怖を体験してしまう。

それは雨の日だったという。

彼が横断歩道で信号待ちをしていると、突然、背後から突き飛ばされる。

凄まじい力に彼は車道まで飛ばされてしまう。

しかし、その時は、運転手のお陰で、怪我をする事はなかった。

だが、彼は急いで振り返り、彼を突き飛ばした相手を探したのだが、どうやら

信号待ちをしていたのは彼だけだったようで、周りには誰も居ない。

さすがに薄気味悪くなった彼は、その日はもう帰宅する事にした。

信号待ちが怖かった彼は、地下通路がある場所では、それを利用し、歩道橋が

ある場所では、それを使った。

だが、彼が利用した地下通路でも歩道橋でも、彼は背後から強い力で突き飛ばされた。

なんとなく、嫌な予感がしていたという彼は、大怪我こそしなかったが、それでも

手足を酷く擦りむいてしまい、シャツとズボンにもかなり血が滲んでいた。

そして、その時、彼は間違いなく、後ろを振り向き、警戒しながら歩いていたのだが、

前触れも無く、強い力が彼を突き飛ばしたという。

彼の恐怖は、かなりのものだったのだろう。

急いでタクシーを見つけ、それに乗り込み家路を急いだ。

しかし、彼の住むマンションは、道路からかなり入り込んだ場所に

ある為、彼は通りでタクシーを降りると、急いで自分の部屋に向かう。

雨がシトシト降る中を彼は急ぎ足で歩いた。

と、その時、彼の耳には、パシャバシャと誰かが裸足で雨の中を歩いている

ような音が聞こえてくる。

彼の恐怖は頂点に達してしまい、擦りむいて痛む足で、部屋まで走った。

当然、振り返って背後を見る勇気など無かった。

彼は、何とかマンションにたどり着くと、そのままエレベータを使わずに

非常階段を使い、自分の部屋がある3階まで辿りついた。

エレベータは使ってはいけない・・・・。

そんな気がしたのだという。

そして、彼は急いで部屋の鍵を開けると、飛び込むようにして部屋に入り、

ドアをロックした。

と、その直後、何かがドアに体当たりするような音が聞こえた。

彼の心臓は、外まで聞こえるのではないか、というくらいに大きく鼓動していた。

それでも、神経を集中して、ドアの外に耳を傾ける。

すると、ドアの外からは、ドアを引っ掻くような音に混じって、微かな声が

聞こえてくる。

良く聞いてみると、それは、女の不気味な笑い声だった。

それからしばらくして、その音も笑い声も消えたのだが、それからは更なる

怪異が彼を襲う。

彼が、リビングに居ると、玄関の方からカチャカチャという音が聞こえるので、

そちらを見ると、そこには、郵便受けから覗く顔があった。

その目は、どんよりと淀み、生気は感じられなかった。

また、ある時は、彼がリビングでテレビを見ていると、ベランダから気配がした。

彼が、ベランダを見ると、そこには、1人の女がベランダの窓の外に立ち、こちらを

覗き込んでいた。

それは、全て、写真に映りこんだ女そのものだった。

そして、最悪なのは、彼が部屋から出ようとすると、必ず廊下の端に、女が

立っており、彼の姿を見るや、凄まじいスピードで駆け寄ってくる。

その度に、彼は慌ててドアを閉めて、部屋の中に非難した。

そうして、彼は、その部屋から出られなくなってしまった。

食事などの買い物は、友人に頼んで買って来てもらった。

ゴミ出しも、友人に頼んで代わりに出してもらっている。

そして、今の彼の部屋は、日本全国の色んな神社やお寺から集めた護符や

御札が内側から貼られ、まるで霊的な要塞と化している。

そのせいか、部屋の中に居る限りは、怪異は起こらなくなったらしい。

ただ、そのまま、という訳にもいかないので、俺は、いつものAさんに

お願いしてみた。

そして、話を一通り聞いたAさんは、しばらく目を瞑っていたが、

その後、こんな返事を返してきた。

うん。わかりましたよ。彼に何が憑りついているのか。

最悪ですね。

そして、悪いのは彼・・・です。

心霊スポットに行って、あんな事をすれば、そりゃ、霊だって激怒しますよ。

とにかく、私1人の力ではどうにもなりません。

というか、私もそんな人を助ける気には到底なれませんから・・・。

自業自得ってやつですから。

でも、殺される事はないと思いますよ。

一生、憑りつかれるだけですから・・・・。

あっ、それと、これは彼には言わなくて良い事なんですけど・・・。

その護符とか御札とか、何の役にも立ってませんから・・・。

彼は、必死になって霊を部屋に入れないようにしてるのかもしれないですけど、

実は、もう霊は彼の部屋の中に居ますから・・・。

そうです。

彼は、立て篭もった部屋の中で、幽霊と一緒に生活してるって事ですね。

そう言って、少し機嫌が悪そうに話すAさんに、

彼が、その心霊スポットで、何をしでかしてしまったのか?

と聞く事は出来なかった。

その後、ミスタードーナツ10個パックお持ち帰りを買わせてもらい、Aさんの

機嫌は直ったのだが、俺は、これ以上深入りするのは止めようと思った。


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:02│Comments(11)
この記事へのコメント
今日の話はちょっと後味が悪いですね。
Posted by 風来坊 at 2017年06月27日 21:10
こんばんは。
私も基本的に墓地で悪さしたり心霊スポットで霊を挑発したりの方については、何も話しませんし答えませんし、一切助けないです。
彼女はやられたことを返してるだけ、突き飛ばす、が何をやらかしたかの答えですから。
Posted by はるた夏雲 at 2017年06月27日 22:46
Kさん、こんばんは。

今日もお嬢さんの話、笑わせてもらいました。ヤクルトではなく、せめてタフマンにしてほしかったですね。(笑)

心霊スポットで何をしたのでしょう? 憑いてくる位だから余程の事を・・・
Aさんの態度からすると凄いものが見えたのでしょう。
Kさんも余計な関わりを持たずによかったですね。

それでは、また次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年06月27日 22:48
営業のKさん

こちら福岡、どんよりとした灰色の雲が立ち込める空、重い湿り気が包み込む大地、歓喜にわく蛙達の賑やかな声、水田に植え付けられた稔の基・・・秋には頭を垂れる稲穂かな?・・・

野良猫モモの奮闘に声援を頂き、Kさんを初め、心配して頂いた皆さんには本当に感謝致します(泣
土曜日の診断結果によりまして、来週には半野良生活に戻る事が出来るのかも?です。

>自業自得

この言葉に集約されるのでしょうね。

無礼はいけませんよね、相手方見える、また見えない存在でも。
世の中、人知の及ばぬ世界がある・・・畏敬の念を持ち続けたい酔っ払い親父です。

それでは、次回も怖くない話しを楽しみにしておりますか、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年06月27日 23:12
K様こんばんはー。

カフェラテの代わりに、ヤクルトくれるなんて優しいし可愛いお嬢様ですね。私のルームメートなんて、私の分までチョコパイ食べちゃって、文句言ったらすごーく逆ギレされました。(。´Д⊂)

今回のお話、何となくモヤモヤしてしまいました。いったい彼は何をしたんでしょうかね?教えて格好いいAお姉様!!アンナミラーズのパイご馳走しますから!なんてね(笑)

キレキレなのはミッキーマウスのダンスだけにして。(σ≧▽≦)σ

すみません、調子に乗りました。また次回もユルユルと宜しくお願い致しますm(__)m体調崩さないようにお身体お大事になさって下さいね(^^)/

追伸、中西様のももちゃんが健やかに過ごせますように。私密かに中西様のコメント好きなのです。(*´∀`*)ポッ

K様この場を伝言板にしてすみません。繋がるのが嬉しいのです。
Posted by ミニ子 at 2017年06月28日 00:13
Kさん、お疲れ様です。
今日も楽しませて頂きました。
明日も期待しておりますね。
Posted by eve at 2017年06月28日 00:44
K様は娘さんに甘々ですね〜wそしてその娘さんの天然っぷりには笑いました。

今回の話はバッドエンドって感じですね。やっぱり簡単に霊的なものに手を出してはいけませんね!

これからもまったり「怖くない話」を書き続けてください(`・ω・´)
Posted by 怖くない話! at 2017年06月28日 08:00
Kさんこんにちは!
まず娘ちゃん交渉無しの物々交換ですね(笑)悪いからと言う気持ち大事です。ヤクルト(笑)毎回可愛いなぁヾ(≧∇≦*)/

殺されずに取り憑かれ続ける…酷い事しちゃったんですね。謝って許してもらえないですもんね。
今回はう〜んって感じですね。
今更ですがAさん甘党ですね
Posted by tomoaaa24 at 2017年06月28日 10:25
Kさんこんにちは!

カフェラテの代わりがヤクルトなんですねww
グングン何とかって奴はヤクルトと似てるんですけど500mlのペットボトルなんでそっちだったら釣り合いますね!!
クラスの男子がよく飲んで空っぽのペットボトルを放置して担任がよく怒ってますww

今回はなんとも言えないお話ですね……。その男の人は一生そのまま何でしょうか……。
にしてもAさん!お厳しいw
お札が意味無いって怖いですね(˘•̥ω•̥˘)
私はAさんのファンなんで(迷惑)Aさんっていう文字が出てきただけで嬉しかったです(*˘︶˘*).:*♡
Posted by ひつぎ at 2017年06月28日 13:25
最近このブログを読むよーになってから肩こりがひどく…これって霊障……って嘘です(キッパリ!)←Kさんの真似し(笑)

ただただ魅せられるものがあり読みすぎるせいでスマホで視神経が凝ってるだっけでぇーす♪(爆)

しかしいずれもっとここが有名になってしまえば、世の中、相対の法則で絶対にKさんに心許無いコメントをしてくる人達も必ずでてきます。
もしかして既にそーゆー方もいらっしゃってるのかもしれませんが、、、
結果、ブログはするがコメント欄封鎖の措置をされる方もいます。

皆さんがあたたかく人が人を思いあっていけますよーに☆

とカッコイイ事書いてみてますが、私はいつも書き込んだ後は自分のがアップされてるかも見ないで放置プレイ~なんじゃそれw
Posted by メチャ✩ at 2017年06月28日 14:30
こんばんは。お嬢さんは可愛いらしいですね。羨ましいなあ。高3の娘はお父さんの物は私の物、私の物は私の物なんで。食べたときには旦那は罵声を浴びせられてますよ可哀想に。
K さん、今度は食べ物にフルネームを書いて冷蔵庫にしまって置いてみるのはどうでしょうか?お嬢さんの反応が楽しみです(笑)娘は紙に「食べるな!」と貼ってありますよ。人間の方が恐いでしょ
Posted by いなばっち at 2017年06月28日 20:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count