› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › Aさんについての考察?

2017年06月30日

Aさんについての考察?

サインディスプレイ部  営業のKです。

今日は夕方に、仕事の内容でブログを更新

したんですが、なんとなく、書かなくてはいけない、と

いう使命感に駆られて、怖くない話を1話

アップさせて頂きます。

何故かしらないですけど、話によく登場する

Aさんの話をもっと書いてくれ、というコメントが

多かったからです。

もしもAさんが何かのきっかけで読んでしまったら

完全にバレてしまう内容であり、とても危険です。

だから、もしも、バレそうになったら間違いなく、

迷うことなく、消去します(キッパリ!)

そんなこんなで、別な意味で怖い話ですが、

いってみましょう!



今回は、知り合いの霊能者、Aさんについて書きたいと思う。

何故か、もっとAさんの話を聞きたいというコメントが多いからだ。

ちなみに、個人情報的な事は当然書けないので、あくまで

抽象的な内容になるのだが・・・。

ちなみに、本人いわく、”永遠の18歳”だそうであるが、実は

年齢はギリギリ20代、いや、もしかすると30代にのってしまって

いるのかもしれない。 (あくまで私見)

家はかなりの資産家であり、彼女自身も、それなりの給料を貰っている筈

なのだが、何故かいつも金欠状態である。

大昔、ミス○○というにはなった事があるらしく、お酒を飲むと、いつも

自慢する。

しかし、彼氏はおらず、寂しい毎日を送っていると思いきや、本人曰く、

結婚する気無いですから・・・・。

といつも強気だ。

趣味は、バンド活動と美味しいもの巡り、そしてスポーツ全般らしい。

バンド活動としては、ハードロックバンドでキーボード担当。

いつもキーボードのくせに、ボーカルやギターより目立っている。

使用しているのは、ヤマハとコルグ。

しかも、生意気に相当高額な機材を使用している。

いつもノリノリで、ライブの度に、服装や髪型が変わる。

一度、髪の毛を綺麗なブルーにしてきた事があったので、

もしかして、白髪染め?

と聞くと、無言で殴られた。(暴力反対!)

ハードロックが好きなの?

と聞くと、

私が好きなのはクラシックだけです。

誘われたから、入っただけですから・・・・。

だいたい、なんで私ほどの高貴な人間がハードロックなんていう低俗な音楽を

好きにならなきゃいけないんですか?

と偉そうに言っていたが、某ハードロックバンドのライブに行っていたのも

知っているし、アイドル系のコンサートに行っていたのも知っている。

ちなみに、毎年、姪っ子を連れてアンパンマンショーにも遠征しているらしい。

どうやら幼い頃から色々と英才教育を受けたようで、ピアノ、バイオリン、サックス、

琴が弾けるのだが、何故かドラムも叩けたりする。

その他、クラシックバレー、生け花、書道もこなし、これまた何故か、逆立ちが

得意だったりする。

愛車は、生意気に外車。

赤いハッチバックだが、車名を書くとバレる危険があるので伏せておく。

ちなみに、赤い車は似合ってないよというと無言で殴られた(暴力、反対!)

そんなAさんだが、確かに、過去に幾度と無く助けられているから、酷い事は

書きたくないのだが、性格には問題があると思っている。

あまり親しくない人からの評判はすこぶる良いのだが、かなり親しい友人達からの

評判は、とても良いとはいえない。

あの口の悪ささえ直せば・・・・。

いつもそう思ってしまう。

ただ、一つだけいつも感心し感謝していることがある。

それは、彼女の場合、特に親しい友人達には、護符というものを渡している。

それは、彼女曰く、

私と知り合った事が原因で霊が見えたり、霊障があったりしたら困るので。

という事らしいのだが、それでも、護符を渡した相手の危険は察知出来るらしく、

いつもギリギリの所で助けてもらえる。

本当ならギリギリではなく、もっと早い段階で助けてくれよ!と思うのだが、

常に、護符を渡した相手の危険に気を配ってくれているというのは、とても

心強いものだ。

ただ、いつでも、そうかと言えば、そうでもない。

過去にこんな事があった。

実は、Aさんも俺と同じで、週末になると、一人で片町を飲み歩いたりする。

基本的には、俺が行かないようなお洒落なお店が多いのだが、俺が連れて行った

事があるスナックや場末の汚らしい店も実は気に入っているらしく、ちょくちょく

訪れているらしい。

そして、彼女はジンか日本酒しか飲まない。

ちなみに、ジンのボトルにかけられているプレートには、

絶世の美女、花婿募集中・・・と書かれているのを俺は知っている。

結婚する気は無い、と豪語していた筈なのだが・・・・。

で、話を戻すと、俺はその日、とあるスナックで一人で飲んでいた。

お客はお礼外には、誰もおらず、ママさんと従業員のお姉さんと、世間話を

しながら静かに飲んでいたと思う。

すると、突然、お店のドアが勢い良く開けられた。

そこには、1人の男性が立っていた。

どうやら、その店の常連客らしく、ママさん達は、ひの男性客の接客に忙しくなり、

俺は1人でのんびりとお酒を楽しんでいた。

すると、何やら様子がおかしい。

俺がお店のお姉さんに聞いてみると、どうやら、その客の様子がいつもと全然違う

らしかった。

いつもは物静かな男性らしいのだが、その時の様子はとても賑やか。

いや、賑やかというのを通り越して、明らかにうるさく、時折、怒号も

混じっている。

何か静かに飲む雰囲気ではないな、と思った俺は、お店を出ようと思い、お姉さんに

お勘定をお願いした。

すると、その客の言動だけでなく、いつもとは声も違うみたいであり、怖いから

もう少しお店に留まってくれ、と懇願される。

確かに、先程から聞いていると、その男性の口からは、殺してやる、とか

呪ってやる、という尋常ではない言葉が聞こえてくる。

ママさんの顔を見ると、もう完全に半泣き状態。

これでは、さすがに店を出られないな、と思い、俺はその店に留まる事にする。

俺は、

こいつ、なんなんだよ・・・・

と思い、つい顔を見てしまった。

すると、その顔は、明らかに、常軌を逸した顔になっている。

そして、カウンターの中に置いてあったアイスピックを手に持って、それを

トントンとカウンターに刺している。

そして、俺がジッと顔を凝視したのがまずかったのか、その男の顔が、じっと

俺を見ている。

こんばんは・・・・

俺は間抜けな挨拶をしてしまう。

そして、それが気に入らなかったのか、その男が立ち上がって俺の方を向く。

その時、俺は見てしまう。

その男の肩あたりにうっすらと乗っかっている別人の男の顔を・・・。

やはり憑依されてるのか・・・・。

俺は確信した。

だが、相手は完全に俺に敵意を剥き出しにしている。

そして、ヘラヘラと笑うその顔には明らかに殺意が見て取れる。

どうする?

俺は、思案した。

しかし、相手がアイスピックを持っている以上、まともに相手にしていては

命が幾つあっても足りない。

お店の中が凍りつく。

その時、こんばんわ~・・・まだやってますか~

という呑気な声と共にお店のドアが開いた。

そして、そのドアから顔を覗かせたのは、紛れもないAさんだった。

そして、お店の中を見渡すし、最後に俺と目が合う。

俺は目で必死にSOSを送った。

しかし、ドアは無情にも、

失礼しました~さよなら~

という声と共にゆっくりと閉められた。

おいおい、見捨てるんかい?

俺は一瞬見えた救済の光の中から、一気に絶望へと突き落とされた。

だから、閉まっていくドアに向かって、

おいおい!

と大きな声を出した。

すると、しばらくの沈黙の後、再びドアが開く。

あれ?Kさん居たんですか?

すると、俺は

いや、さっき、目が合っただろ?

と語気を強めた。

すると、本当に面倒くさそうにAさんがお店の中に入ってきて、俺とその男性客の

ちょうど真ん中のカウンターへ座る。

そして、これまた面倒くさそうに、ため息をつく。

そして、キープしてあるジンのボトルから自分でグラスに注ぎながら、俺に

言った。

本当・・・Kさんが行くところって、必ずトラブルが起きますよね。

もしかして、トラブルメーカー?

一週間の仕事の疲れを癒す為に飲みに来てるっていうのに・・・・。

どこまで私の邪魔するんですか?

そう言われ、

いや、今回のは、俺が起こした訳じゃないし・・・

と返すと、

少しニンマリと笑い、こう続けた。

でも、良かったですね。

片町の通りにあるケーキ屋さん、まだ開いてましたよ!

どうです。ケーキ5個で手を打ちませんか?

そう言われ、俺は

はい。お願いします・・・・

と言うしか選択肢は無かった。

それを聞くと、Aさんは、その男性の方へと向き直り、ジッと相手を見つめる。

そして、おもむろに、

出て行くなら今のうち・・・・だよ。

どうする?

浄化する?

それとも、消滅して欲しい?

うん。今日の私、機嫌が悪いから、消滅かな・・・・

とその男性に向かって話し続ける。

相手の男性の顔がみるみる、何かを恐れているような顔になる。

きっと、Aさんの素性が相手の霊にも分ったのだろう。

そして、Aさんは、カウンターの男性の隣に座り、何やらお説教めいた

事を話し出す。

そして、しばらく話していると、

うん。じゃ、それに決定!

そう言うと、男性の背後に立ち、一気に背中をバンバンバンと3回叩いた。

すると、その男性は崩れ落ちるように、カウンターの上に顔を載せた状態で

眠ってしまう。

そして、Aさん。

あっ、もう大丈夫ですから。

起きたら、もういつものお客さんに戻ってる筈です。

そう言って、自ら作ったジンロックを楽しそうに飲んでいる。

俺は、気になってしまい、

その人どうしたの?

いや、その人に憑いていた霊・・・・どうしたの?

すると、Aさんは、楽しそうに

まあ、話してみたら、そんなに悪いやつでもなかったので、とりあえず、目一杯

脅した後に、男性の体から、離しました。

そんな、私だって、好き好んで消滅なんて事、しませんって・・・・。

そう言ってコロコロと笑った。

そして、

でも、良かったですね。

私みたいな女神が現れるなんて・・・・。

しかも、私、Kさん助けても、一回もお金とか要求した事ないし・・・・。

本当に良いヤツですよね。私って・・・・。

そう言われ、確かに金銭を要求された事は無いが、甘いものを要求されなかった

事も無いだろ?と心の中で呟いた。

その後、そのお店でひたすら飲んだ後、通りのケーキ屋で、一番高いケーキを

結局7個も買わされ、4000円以上払わされたのはいうまでも無い。

ヤ○ザでも、ここまで酷くはないと思うのだが・・・・。



Posted by 細田塗料株式会社 at 22:10│Comments(18)
この記事へのコメント
Kさん、こんばんは。

Aさん見た目もイイ、家は金持ち、所謂才色兼備を兼ね備えた女性。
でも、実は照れ屋な部分を隠したいため、わざと憎まれ口を訊いていると思います。子供のような性格でしょうね。(^_^)
ケーキやパフェなんかも対価を求めると言うより、ただのおねだりでしょう。
その辺を判っているKさんも、わざと面白おかしく書いているだけだと思いますまるで兄妹のようですね。

それではまた、次のお話のを楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年06月30日 22:47
こんばんは。爆笑させていただきました。A さんだけではありませんよ。自称、永遠の○才って(笑)A さんはK さんがブログ書いてるの知ってると思いますけど!あれだけ自画自賛してるんですから。K さんに言うとA さんの活躍が世界中に広めてもらえなくなりますからね~
Posted by いなばっち at 2017年06月30日 22:48
お待ちしておりました。A女史ネタ。

私の中ではA女史は椎名林檎さんのイメージです。今日の話で霊に話しかけているところなど、まさにそう。

けれども、ここまで書いてしまったらA女史がどこの誰か、地元の人なら一発で特定できてしまうのでは。と思ったりしております。

閑話休題。

K様宅と同じく、我が家にもハムスターがいます。ジャンガリアンのノーマルと、キャンベルっぽいブルーサファイアです。彼らには霊感が備わっていないというのが嬉しいような、残念なような。
Posted by 風来坊 at 2017年06月30日 22:50
毎回思う。

公務員ならワイロでグレーな甘味要求、わかってるはずなんですが?
糖尿病になってませんか、健康な方はむしろパフェ3個やケーキ5個は食べることはできません。

憑依してる霊の仕業に思えてなりません・・・。
Posted by はるた夏雲 at 2017年06月30日 22:51
こんばんは!Aさんの話ありがとうございます。Kさんは本当に優しいですね。(๑´ㅂ`๑)
Aさんなんでもできて格好いいし、友達想いですよね。Kさんとは心許す関係ですよね。2人のやりとり笑えます
毎回のAさん登場の仕方待ってました!と叫びたくなります。
謎多き美女Aさんの貴重なお話ありがとうございました。
Aさんにバレない事祈ります。
Posted by tomoaaa24 at 2017年06月30日 22:54
A様、k様が何を言っても許してそうだけど。
それにしても、ありがたい話・高貴な人間・女神・・・
私は自分を卑下する悪い癖がるのでA様に憧れます。
私も言ってみたいなぁ。でも無理です・・・
A様は自分が美しいの自覚してテレ隠しで言ってるのかもしれませんね。
Posted by ちんぱん at 2017年06月30日 22:54
Aさんのことを色々と知れて面白かったです。

Aさんのことだからある日ふっと結婚しましたとかぁ言いそうですね♪
Posted by 二階堂二千夏 at 2017年06月30日 23:20
営業のKさん

蒸し暑いですね〜の福岡です。

あくまで私の主観ですが、映画「シザーハンズ」の様な物悲しさを感じますね。
望む望まざるは別として・・・光と影に否応なく関わらなければならない境遇のAさん・・・そんな彼女にはイタリアンレッドのジュリエッタをプレゼントしたいですね・・・安心して下さい、田宮製ですから(笑

無頼・・・そんな表面に隠れた繊細な内面・・・ほっ、惚れてまうやろ!

それでは、次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、呉々もAさんひばれない様にご注意下さい。
Posted by 中西 at 2017年06月30日 23:22
Kさん、こんばんは。

おぉぉ~ 今日はお休みかなぁと思ってましたが、寝る前に寄り道して、何かしらほっこりしている私です。

今日、図書館でいました、隅の方から老人男性二人の大きな会話が10分ぐらい聴こえてきます。声はどんどん大きくなりました。最近、怖くない話を読んでいるのでもしかしたらと思いました。図書館の方が注意をしていました。けど声はまだまだ聴こえてきます。それも声量は今までより大きくなりました。

霊より、たち悪いと思いながら、また来週と思い帰りました。

ゆっくり休んで下さいね。
Posted by eve at 2017年06月30日 23:27
Kさん、A さんの事書いていただきありがとうございます。
このブログの存在A さんは知らなかったんですね?(´д`|||)

もしばれたら?グーパンでは済まない気がします(T.T)

そんな危険をおかしてまで書いていただくなんて本当に感謝します!

6tcte9
Posted by かずや at 2017年06月30日 23:28
K様、こんばんわ
甘味好きのA様のお話ありがとうございます。楽しく読まさせていただきました。
さて、6月30日は夏越しの祓えですね、私の地域では氷に見立てた和菓子を頂き、この夏の無病息災を祈る慣わしがございます、今年も暑くなりそうです、この夏のK様そしてお話に登場される皆様の無病息災を祈りつつ、その和菓子を頂戴します。(笑)
Posted by うごけるデブ at 2017年07月01日 00:43
以前のお話で、護符を持っているとどこで何をしているのかわかるというようなお話があったかと思うのですが、
しかもこちらのブログはニュースのおかげで今や日本全国、いや、ワールドワイドに知れ渡っているのではないかと思います。
そんな中、Aさんが知らないというのも不思議な話で、以下私の妄想ワールドですが、実はAさんはKさんがこちらのブログにAさんのお話を書いていることを知っていて、それでも大人しくそっとしておいてくれているとしたら・・・ケーキ代はそういった話題提供料も含まれていたりして・・・なーんて!ちょっぴり妄想してみました。

お酒も強いAさん、憧れです!

Aさんにグーパンされないよう、これからもお気をつけください(笑)
Posted by 北米 at 2017年07月01日 02:42
K様、連日の更新ありがとうございますm(__)m

Aお姉様のお話、Aお姉様のかっこよさは安定で楽しめました!しかし人に取り憑く悪霊、人格を操るなんて怖いなぁ。最近ルームメートが、やたら怒りっぽいのはもしかしたら…まぁ私がだらしないからだろうけどテヘペロ

いつかAお姉様とジンライム呑みたいなぁ。でもバレたらK様が、大変な事になるから無理ですね。

体調崩さないようにお身体お大事になさって下さいね。
Posted by ミニ子 at 2017年07月01日 05:56
Aさんには、ボンベイサファイアのジンが
似合いそうです。
Posted by 宮川 at 2017年07月01日 13:55
おー!Aさんカッコイイ(笑)
媚を売らない女性はカッコイイですよ。
しかも、陰陽道アニメの主人公そのままの行為をサラッとされるなんて、中二病かもしれませんが絵になりすぎ!(笑)

酔っ払ったら〇〇ミス自慢…かわいい(笑)美人さんなんですね。

それってKさんにかなり気を許してる証拠ですよ(ハート笑)
私の場合、”唯一”(笑)娘がママ綺麗~めっちゃかわいーと褒めてくれるので、嬉しくなって「昔はユニット組んで東京でCD出したんだよ~♪」とか”唯一”自慢を繰り返し、
「ママ花届いてたよ?また告白されたん?なんでそんなモテるん?娘として複雑やわー私ぜんぜんやんw」とか言ってる中、
”唯一”えっへ~へん♪とでき、
エネゴリくんのよーに、ウホウホなってます(笑汗)

そーゆーの、井の中の蛙でも、いい関係じゃないと絶対ムリですよ(照)それを自慢と思う時点で恥ずかしい事は当の本人が一番よくわかってるので、言える関係って、AさんとKさん良好すぎると思います(笑)

ハッ…そーいやぁ私も彼氏に「幸運の女神だ」と自分で言ってるなぁ~
真顔汗

私も護符欲しいなぁ~
真顔願
Posted by メチャ✩ at 2017年07月01日 17:23
kさんこんにちは!
わーい✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
Aさんの話本当にありがとうございます!!
教室で読んでたら「〇〇ちゃんなんで笑ってるのー??wエロいの見てんのー??ww」
と言われてしまいました( ˊᵕˋ ;)
真顔のつもりだったんですけとねw
自分もバンドやってて、クラシックも、ピアノも大好きなんでなんか共通してるなぁって思いながら読んでましたww
いつかKさんやAさんのバンド見てみたいですw
いつもありがとうございます“〇| ̄|_
Posted by ひつぎ at 2017年07月01日 19:37
最近忙しくて来れませんでした(汗)
Aさんかっこいいですね(≧▽≦)
多分Kさんも分ってるんじゃないかと…
Aさんの食べたケーキはKさんの守護霊であるお姉さんが食べてるんでしょ?
相変わらず妄想のTです(笑)
Posted by T at 2017年07月11日 23:34
Kさん

楽しんで読んでいます。
Aさん、いいですねーグレートです。
ムカっとするポイントが同じなので、
タチの悪い霊をガツンと対応する所が
最高にグレートです。
真木よう子さんのイメージですね。

また、ボチボチ更新お願いします。
でも無理は禁物ですよー
Posted by かずさん at 2017年08月03日 21:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count