2017年07月05日

金縛りの科学?

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

そして、九州北部は記録的な大雨で危険な状態との事。

中西様、大丈夫でしょうか?

ご無事をお祈りしております。

最近は、新規の方のコメントもどんどん増えていき、

嬉しい限りです。

それでは、台風や大雨で被害に遭われた方に

お見舞いの気持ちを込めて・・・・・。

怖くない話、1話アップさせて頂きます。

それでは、どうぞ~!


金縛りというものを体験された方も多いと思う。

実際、俺も何度も体験している。

そして、金縛りの話をすると、必ず返ってくる言葉がある。

“金縛りって既に科学で解明されているから・・・・・”

そう言われ、色々と調べてみると確かに、なるほど、といえる部分もある。

要は、レム睡眠時、体の筋肉は眠っているのに、脳が動いているらしく、

その時には、体を動かせ、と脳が信号を送っても、筋肉が眠っているので

全く体が動かせない、というものだ。

確かに、そういう金縛りも存在するのだろう。

しかし、どれだけ科学的に説明しようとしても、この世の中には、科学では

説明しきれない事柄も沢山あるはずだ。

実際、脳が眠っている筋肉を動かせるようになるのには、短くて数十秒、

長くても10分あれば、事足りるらしい。

しかし、俺が過去に体験した金縛りで、そんなに短い時間で体が動かせるように

なった記憶はない。

そして、その時、金縛り状態の俺の目には、明らかにこの世の者ではないモノ達

が出現している。

それは、老婆の姿をしていたり、男性の姿をしていたり、そして、女性の姿

をしていたりする。

そして、そのどれもが、明らかに殺意をもって、行動に出る。

足を引っ張り何処かへ連れて行こうとしたり、顔をピッタリとつけてきたり、

更に直接、首を絞めてくるモノもいた。

そのどれもが、一目見ただけで悲鳴を上げてしまうような姿であり、そんな見たことも

ないモノを脳が映像として、わざわざ見せるというのか?

しかも、引っ張られた足に付いた手形、ピッタリと密着された顔からの死臭、そして

首を絞められた時につけられた手形は、いったいどう説明するのだろうか?

実際、この日本で年間に約7万人が心不全で亡くなっている。

以前、原因不明の死亡に関しては、心不全という病名が適用されるという類の

話を知り合いの医師から聞かされたことがある。

もしも、金縛りに遭い、おぞましい顔を間近で見せられたことによる心臓ショック死

というものが、原因不明の心不全として片付けられるのであれば、金縛りが原因で

死亡する人間の数も相当なものだと推測してしまう。

そして、これから話すのは、俺の知り合いの話。

彼はそれまでも金縛りに何度か遭っていた。

そして、その度に目を閉じ、必死になって金縛りに堪え続けた。

しかし、ある日、金縛りというものは、完全に科学で解明され、それは何のことはない

脳と体の筋肉のタイムラグによるものだと聞かされる。

それからの彼は、金縛りを恐れなくなった。

それどころか、金縛りに遭うのを楽しみに待ち、そして金縛りをある種の

娯楽として楽しんでしまう。

そして、金縛りを待つようになると、毎晩のように金縛りに遭うようになって

しまったという。

夜間、寝ていると必ず金縛りに遭うようになった彼は、脳の信号に体の筋肉が

どれくらいの時間で反応するようになるかを計測し出す。

そして、何度も金縛りに遭っていると、筋肉が反応し、体が動かせるように

なるまでの時間が、どんどん短くなっていった。

そして、それはいつしか彼の日課としての楽しみになってしまい、どんどん

エスカレートしてしまう。

手にはストップウオッチを持ったまま眠りに就き、金縛りに遭うと、時間を

計測した。

もはや、金縛りは彼にとって何の恐怖も感じないものになっていった。

そんなある日の深夜、彼はふと目が覚めた。

時計を見ると、時刻は午前2時を回っている。

(あれ?こんな時刻に起きてしまった。)

(これじゃ、今夜は金縛りに遭えそうも無いな・・・・)

彼はそう思い、少しがっかりした。

すると、2階で寝ている彼の耳に、階下からの音が聞こえた。

どうやら、誰かが廊下を歩いているようだった。

(家族の誰かがトイレにでも行ってるのかな?)

彼はそう思ったという。

彼は、一度起きてしまったが、まだ朝まで時間もあるので、再び寝ようとした。

しかし、どうも階下からの音が気になって眠れなかった。

彼はどんどん目が冴えてしまい、全く眠れる状態ではなくなった。

だから、階下の音の正体を聞き分けてから眠ろうと思い、その音に耳を傾けた。

足音は、摺り足で歩いている様な音だったが、何故か鮮明に聞こえる。

そして、その足音が今度は階段を上り始める。

ズルッ・・・ギシッ・・・ズルッ・・・・ギシッ・・・・

そこで、彼は異変に気が付く。

彼の家族にそんなにゆっくりと階段を上る者は一人も居なかったから。

(もしかして、家族の誰かが体調が悪くなったのかもしれない・・・)

彼はそう思った。

そこで、確認をしようと体を起こそうとした。

すると、その時、突然、金縛りに襲われてしまう。

それは、彼が毎晩楽しんでいた金縛りとは異質なものだった。

体に重石を乗せられたように息苦しく、何故か体中から冷たい汗が噴出した。

(何故、このタイミングで金縛りになんかなるんだ?)

(俺はちゃんと起きてるんだ)

(脳も筋肉も全部起きてるはずなのに・・・・)

彼は、それまでの金縛りでは体験した事の無い恐怖を感じた。

そして、階段を上ってくるモノが人間ではないと本能的に確信してしまう。

その間も、会談をゆっくりと上ってくる足音は、確実に彼へと近づいていた。

そして、その足音が階段を上りきった。

彼の部屋のドアの向こう側からは、女性の鼻歌のような声が聞こえてくる。

(頼む・・・・入ってこないでくれ!)

彼は必死になって祈った。

しかし、次の瞬間、ドアはやっくりと開いた。

彼はとっさに目を背けたが、鼻歌の声の大きさが大きくなっていた事が、彼に

ドアが開いた事を教えていた。

彼は必死に目を閉じたまま、耳に全神経を集中した。

すると、突然、バタンという大きな音がして、ドアが閉まった。

そして、鼻歌もそれと同時に消えてしまう。

(助かったのか?部屋には入ってこなかったのか?)

彼はそう思い、ゆっくりと目を開けた。

そして、ゆっくりと部屋のドアへと目を向けた。

心臓が止まるかと思った。

そこには、長い髪を後ろで束ねたような女がドアを背に立っていた。

古めかしくボロボロの着物を着た、その女は顔だけが以上に細長く見えたという。

そして、その顔に細く長い目がギラギラと光り、横に長く広がった口には

なんとも気味の悪い笑みが浮かんでいた。

(俺は何を見ているんだ?)

(金縛りは科学的に・・・・・)

そう思ったが、もうそれ以上考えるのを止めた。

今、目に見えているのが、全ての答えだと彼は悟った。

すると、その女は、ゆっくりと彼に歩み寄り、彼の顔の横に正座する。

彼は必死になって目を閉じようとしたが、それももう叶わなかった。

だから、少しでもその女の顔を見ないで済むようにと、彼は動かない首を

ほんの少しだけ反対側に振った。

しかし、その女が、じっと彼の顔を見下ろしている気配は、痛いほど感じた。

どうすればいい?

どうすれば助かる?

彼はそれだけを考え続けた。

お経を唱える、という事も考えたのだが、彼には唱えられるほどのお経の

知識も無かった。

だから、彼はそれまでの金縛りの体験から会得?した金縛りを早く解く方法を

試す。

お腹に力を入れ、その力を呼吸と共に、一気に手足へと流す。

しかし、その時は、何の効果も感じなかった。

そして、次に彼は、顔の上に冷たいものが落ちてきているのを感じ、少しだけ

目を開けた。

すると、その女が、彼の顔を覗き込む様にしながら、至近距離から涎を垂らしている。

さすがの彼も、それには我慢出来なかったようで、それから逃れるように何度も

もがいた。

しかし、相変わらず体は全く動かない。

そして、それを見た女は、その姿が滑稽でしょうがないという感じで、ゲラゲラと

下品に笑った。

彼はもう二度と目を開けまいと心に誓う。

すると、その女はズルズルと部屋の中を移動し、彼の寝ている足元へと移動し、

寝ている彼の足に手を伸ばした。

彼はこれから何が起こるのか、と気が気でなかった。

そして、次の瞬間、

いーっぽん・・・

という甲高い声が聞こえたかと思うと、彼の足の小指に激痛が走る。

しかし、それでも動けない彼は必死に痛みに耐えた。

すると、それを見て、再びゲラゲラという笑い声が聞こえた。

そして、ひとしきり笑い終えると、その女はスーッと立ち上がり、

あしたは・・・・・にほんめ・・・・

という言葉を呟くと、そのままドアから出て行ってしまう。

それから、彼は結局、朝が来て、部屋の中が旭で満たされるまで、金縛りが

解けなかった。

そして、彼を起こしに来た家族が痛みにもがく彼を発見し、病院へ向かった。

病院で検査すると、彼の左足の小指は何かでこなごなにされたように

粉砕骨折と診断された。

ずくに入院を言い渡されたが、彼にはそれよりも重要なことがあった。

このままでは、明日の夜もあの女が来て、また足の指を一本粉々に折られてしまう。

そう確信した彼は、人づてに俺を頼ってきた。

話を聞いた俺は、急を要すると判断し、富山の住職に相談した。

すると、すぐに来てくれるという。

結局、その日は、彼の自宅の至るところに護符と御札で結界を張った。

そして、その夜は、住職が、彼の家に泊まりこんで、彼を護ってくれた。

どうして、そこまでするの?

と聞く俺に、

このままじゃ、彼、死んじゃうから・・・・

と返してきた。

その後、彼と彼の家は厳重に御祓いを受け、その後は怪異は発生していない。

そして、後日、Aさんにその話をした。

すると、

本当にKさんの友達って、お馬鹿な人が多過ぎますよね。

(いや、友達ではないのだが・・・・)

そんな風にして金縛りで遊んでたりしたら、悪霊が寄ってくるのが当然でしょう。

もっといえば、科学的に解明されている金縛りは、本当の金縛りじゃありませんから。

単なる、脳と体の誤作動でしょ。

そういう人達は、一度、金縛りに遭った時に、一晩中、自分の様子を録画して

みればいいんですよ。

そうしたみると、分かりますよ。

何が自分の体を動けなくしてるのか。

科学が凄いのは分かりますけど、それだけじゃ解明出来ないことなんて、この世には

山ほどありますから・・・・。

そう言って、無料の(俺が奢らされた)生クリーム一杯のパンケーキを美味しそうに

食べている。

だから、俺は更に聞いてみた。

Aさんも金縛りに遭ったりするの?と。

すると、

まあ、以前はたまに・・・・。

でもあれですね。

相手の胸ぐら掴んで、威かしてやったらそれからは来なくなりましたね。

なんでだろ?

それは金縛りとして成り立っていないのでは・・・と霊の方が可哀相になった。

やはり、霊よりも怖いのはAさんなのかもしれない。



Posted by 細田塗料株式会社 at 21:23│Comments(32)
この記事へのコメント
ずくに入院が必要なのに自宅に結界を張るんですね。
もう一捻り足りないかなあ。
Posted by ふむふむ at 2017年07月05日 21:44
Kさんこんにちは!
金縛り怖いですね…。
私も1度だけ金縛りにあったことがあります(苦笑)
でもすぐ解けました…あれも霊的な何かでしょうか??
にしてもさすがAさん!
幽霊の胸ぐらを掴むなんてww
いつもAさんはKさんに奢ってもらってる感じがしますけどお財布は大丈夫なんですか?ちょっと心配になりました

PS.私事ですがやっと明日でテストから解放されます!*\(^o^)/*バンザーイ
これからも楽しみにしてます!
Posted by ひつぎ at 2017年07月05日 21:52
昨日、今日の雨は大変でしたねー。まぁ自分は神戸住みなので警報なども無くただの雨降りでした!
今回の話の金縛りですが周りによく認知されているものでさえ時に霊を呼び寄せてしまうとは恐ろしい...。原因不明のものにはどんなに身近であっても気軽に手を出してはいけませんね!(`・∀・´)
と言っても自分は生まれてこの方金縛りを体験した事なんてないですけど、この事実には感謝しないとです!
Posted by 怖くない話! at 2017年07月05日 22:04
Kさんこんばんは
このブログに欠かせない福岡在住の中西様大丈夫でしょうか?←絡んだ事無いですが、Kさんとのやり取り楽しく拝見してたので‥

金縛りは心臓に悪いです。私も2回程最近ショートバージョン?体験しましたが、後ろから抱きつかれたり、まだ姿は見てないし、すぐ金縛りが解ける感じだから良かったですが…


知り合い変わってますね指の骨を1本ずつ紛糾骨折!?恐ろしい
でも助かって良かったです。
Aさんの事私よりかなり若いですが、姐御と呼びたいくらいです。
Kさん更新ありがとうございます。
Posted by tomoaaa24 at 2017年07月05日 22:12
こんばんは!消えた話とはまた別の金縛りで友人体験談です。

蒸し暑い夏の日、葬式帰りの父親と同じ部屋で寝ていた友達は頻繁に起こる金縛りの中目を開いたそうです。
すると隣で寝ていたはずの父親が居なくなっていて、うめき声だけが聞こえ恐怖でいっぱいになっていると突然身体が自由になり飛び起きました。
和室の部屋には足元に窓がある造りだったらしいのですが、父親が足から脇の辺りまで外に出ていて何かから逃げるようにもがいていたそうで、友人は腕を引っ張り助けました。
父親は金縛りにあったかと思ったら窓が開いて黒いものが引っ張ったと…

その家に泊まりに行ったときに聞かされ眠るのが嫌だったのは言うまでもありません(笑)

葬式帰りやお通夜の最中にトイレに入った親族がそのまま連れていかれた(亡くなっていた)事もあるので誰かのお葬式に参加するのがちょっと怖くもあります。


なぜかKさんの話を読んでると今まで忘れていた体験談や話が思い出されてきます。不思議ですね…
Posted by ひなた at 2017年07月05日 22:16
皆様お揃いで全国時間差で正座してお話を聞いていたかと思います。怖くなかった、ですね。

私の金縛りは目が開かないんです。頭の中はお経がガンガン響いて動けないんです。無理矢理目を開けてようやく解放です。
部屋に陽の気の植物鉢を置くといいと言われ、パキラやテーブルヤシを育ててからはなくなりました。
Posted by はるた夏雲 at 2017年07月05日 22:19
営業のKさん

お気遣い、誠にありがとうございます。
昨日の台風は余興なの?と感じるくらい、今日の天気は猛烈でしたよ!

私が住む筑後地方南部は午前中の豪雨・・・野良猫モモが心配で帰宅しようかと思案しましたが、心を鬼にして晴れ間が見え始めた午後に帰宅。
小走りに駆け寄り「ご飯ください」のニャーに安堵です(泣・・・こいつ、最強!

ニュースにあった朝倉は北部、午後の豪雨で大変な被害ですね。
各地に未だ勧告や警報が出されていますが、皆さんどうかご無事で、そして頑張りましょう。

そうですね・・科学で解明出来る?・・・それは人間の傲り昂りにであり、己の仮定を説明したに過ぎず、何ら証明になっていません。
科学が解明し発展させるべき分野と、それが不要な分野、立ち入るべきでない領域があると私は考えます。

Kさんの記事にもあるオービスやドライブレコーダー、そして監視カメラに写り込む未知は何なのか?
また公共の宿泊施設や交通機関での異変は、どの様に説明するのか?

金縛り・・・それが科学的に説明が付くから、全ての怪異は妄想だと言う風潮は頂けません。
科学は進歩発展するとして、それを取り扱う生物である人も進化の途中・・・むりろ取り巻く利器が便利すぎて、退化してませんか動物としては・・・まぁ〜何が言いたいか分からなくなって参りましたのて、この辺で(汗

それでは次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年07月05日 22:39
営業のKさん

この場をお借りして>tomoaaa24さん

初めまして・・・でっハンネ、合ってます?私、老眼ですから・・・だったら眼鏡買えよと、一人ツッコミ(汗

この豪雨、私と家族、そして猫どもに直接の被害はありませんでしたよ。

お気遣い、ありがとうございます。
Posted by 中西 at 2017年07月05日 22:52
初めて書き込ませて頂きます。Yahooで紹介されて依頼いつもKさんのブログ楽しみにしています。Aさんや趣味の仲間、そしてKさんのご家族と皆さんの何気無い生活がすごく私を和ませてくれます!これからも楽しみに読ませて頂きますので、マイペースで続けてくださいね。
Posted by pata at 2017年07月05日 23:06
Kさん、こんばんは。

以前にも書いたのですが、私の体験した金縛りは科学的に説明のつく方です。ただ私の回りを移動した気配は何なのか、多分私の少ない脳が勝手に作った夢ですが。
霊的な金縛りは幸いなことにありません。
Aさんの言うとおり、科学では説明のつかないことも多々あるので、否定はしません。まっ、科学なんて後から理屈を付ける学問ですから。

話は変わりますが十数年ぶりにギターを買いまして、これから弦高やオクターブやらもろもろ調整をします。
ちなみに以前の物は全て売り払ったので今は何も残ってないです。
老化と共に指が言う事聞きません、指がつりました。(笑)

それではまた、次のお話を楽しみにしてます。
Posted by TO at 2017年07月05日 23:09
どもショッカー戦闘員オスカーです。
m(_ _)m
私は生まれてこのかた29年、金縛りには遭っていませんが…夢の中の感覚と寝ている時の身体の感覚がリンクする事がたまにありますね。
誰かの右フックが左頬にくらって右に振れた時、現実でも右に振れましたし。(夢では血を吐きましたが、現実では唾を吐きました)
プレデターに頭を射抜かれた時はガバッと起きて「俺、死んだわ」という脱力感?を全身で感じましたね。
Posted by オスカー at 2017年07月05日 23:22
金縛り〜〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾本当に理解してもらえないし。
自分でも科学的なモノだと思いたい!
でもあの異様極まりない空気とその後の虚脱感そしてあの異形の者たち。
極め付けはその者たちが残していった跡。
一度隣に寝ている子供に触れば目がさめる!なんて訳のわからない根拠で子供に触って金縛りが解けたことがあるんです。。。
しかしその後子供が夜中に泣きじゃくり大騒ぎの夜を過ごしました。
朝にはけろっと何〜?なんていってしまうくらいなんにも覚えてない様子で。
身体の不調がないかと心配していたのですが元気そのもの!本当に無責任なことをしてしまったと大反省したバカ親です。
なかなかこの手の話は信じてもらえなくて。。。
いつも恐る恐る見ちゃうこのブログに私はなんだか怖い!よりも理解してくれる人がいる事の有難さを感じてしまいます。
しかし金縛りで骨折なんて本当に悪さすることがあるんですね!
気をつけましょう!
Posted by あやぱん at 2017年07月05日 23:46
Kさん、こんばんは〜

実はまだ、長時間の金縛りになった事がありません、短いのは気合いで解けた記憶ありますが、けどなりたくありません。

福岡の皆様、無理せず、休む時は休んで下さいね!
Posted by eve at 2017年07月06日 00:05
K様、こんばんはー。更新ありがとうございます\(^o^)/

今月からマネージャーが店長に昇格して、他店舗に異動になりました関係で、勤務時間が増えてしまいヘロヘロです。

私は金縛りはあまり無いのですが、太ももが吊るという、もの凄い激痛によくあいます。憑かれているからかな?ハハッ

しかし足の指を粉砕骨折する悪霊、怖いですがAお姉様同様ムカつきます。私の貴重な睡眠時間を邪魔する者は。月に代わってAお姉様がお仕置きよ‼生クリームたっぷりパンケーキ食べたい!

K様体調崩さないようにお身体お大事になさって下さいませ。

追伸、中西様&ももちゃんへ

雨風に負けずにがんばれー!ももちゃんが元気だと安心します。
Posted by ミニ子 at 2017年07月06日 00:33
こんばんわ!
いつも拝見しています!!
気の聞いたコメントは出来ませんが、身体に気を付けながらブログUP楽しみにしてますね!
Posted by ぶるっく at 2017年07月06日 00:50
K様、拝借させていただきます、はるた→ひなた様へ

全く心配することはないかなと。
自殺者がある家系の方だと、葬儀後にまた葬儀とか、心臓発作で倒れたとか、そんな経験をたまに聞きますよ。
自殺者は成仏できません。
成仏へ向かう道に、穴というかポケットみたいなのがあって自殺者はそこへ落ちてずっと苦しみもがいてるんです。
先へは行けないが戻って不成仏霊としてなら動けると。
その道を通過する普通に亡くなった親族には彼らは見えておらず成仏へ向かいます。
となると、親族が通過の度に、生きてる誰かに認識させてしがみついて道の先へ行こうとしますから、直後にまた親族が亡くなったとか、外にひきずられたとかになります。
科学的には自殺者家系には遺伝子に自殺因子があるのがわかってきたとか。
でも連れてかれそうになるのは遺伝子的とは言えませんよね。
自殺してはいけない理由の1つですね。
なので怖がる必要はなかったわけです。
ご安心を!
Posted by はるた夏雲 at 2017年07月06日 06:47
Kさんおはようございます。
この場をお借りいたします(*・ω・)ノ

中西様ご家族はじめ野良猫モモちゃんも無事で良かったデス(b'3`*)
ニュースで被害映像見てびっくりしたので

ご丁寧な中西節(笑)のコメありがとうございます。
老眼鏡…困らないように遠近両用メガネを作りましたが、まだ活躍させてませんから‥たまにしか‥(T_T)

個人的使用失礼しました。
Posted by tomoaaa24 at 2017年07月06日 06:50
本当にたちの悪いものに
容赦ないAさんの対応に安心
住職殿の適切な対応で
今後も安心
読者中西さんの無事に安心と
安心がそろいましたね!

自分はあれだ
金縛りは覚えてないほどの
回数しかないけれど
数えられないほどの足のつりで
もがいた経験ならたくさんです
寝返りうつときにあると
泣きたくなります
Posted by ろくがつ at 2017年07月06日 07:29
おはようございます。九州地方の方雨の被害は大丈夫でしたか?救援物資などはK さんに任せます!
私は金縛り体験はありません。足がつったりすることしかありません(笑)
A さんの胸ぐらつかんで脅かしてやったって普通の方はできませんよね~と言うか動いてるじゃないですか!
Posted by いなばっち at 2017年07月06日 07:50
K様、おはようございます!
昨日は会社飲みで、深夜に怖くない話は読めないと判断し今朝読みました笑
金縛り、私も10代の時にかなり経験しています。初回が1番怖かったです。ふと夜中に目を覚ましたら、階段を登る音が聞こえ弟だと思い気にしておりませんでした。二階に到着した足音はそのまま、私の部屋へ向かってきておりドアを開けてきました。普段から本やCDをお互いの部屋から勝手に借りてたので、その時も怖くありませんでした。声をかけようと起き上がろうとしたら、体が動かない。目も開けられない。声が出ない。これが金縛りかと思いました。初金縛りに少し感動していたら、その足音が私の横向きで寝ている背後にきました。目も開けれない状況なのに、それは白い着物みたいのをきた髪の長い女性だとわかりました?(なぜかその時は俯瞰で自分とそれが見えてる感じでした)
そして、その何かが背中に覆うようにピタリとくっつき、耳元でふふふっと笑い、私はあまりの怖さに気を失いました。
気付くと朝になっていました。その日から金縛りがちょくちょく起こるようになりました。
今でもその笑い声と背中にくっついてきた感触は忘れません。

長々と失礼しました。
Posted by 千葉県ON11 at 2017年07月06日 08:02
K様、連投してすみません。
金縛りで言いたいことまだありました笑

私が初回の金縛りにあって以降の話ですが金縛りにあう時、ふと目が覚める。頭もスッキリしていて眠気もない。なんで?と思うと、ヘリコプターのプロペラが回る音が聞こえてきて、その音がだんだん大きくなると金縛りになる。またある日は、金属音みたいなキーンって音が耳元でだんだん大きくなって金縛りになる。またある時は赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて、だんだん大きくなり金縛りになる。
というように、何かしらの音が聞こえて大きくなると金縛りになるという感じでした。しかも、うつ伏せで寝てると高確率で起こりやすい。

K様、いやA様が仰られていた霊には気合いで弾き返すではないですが、たまに音が大きくなってきてる時にウォーとか声出して体に力をいれるとならない時もありましたが、大体は失敗して金縛りにになってました笑

金縛りを科学で証明できるという人ほど、経験してもらいたいものです。
Posted by 千葉県ON11 at 2017年07月06日 08:15
謎の心不全といえば、
義兄の家族で、深夜ひとりで車を運転していて交差点の信号待ちをしてる間に心不全で亡くなった方が居たんですが、その交差点の角にあった建物って葬儀会館だったんですよね。
お歳はめしてましたけど、とくに身体が悪いとは聞いたことなくて突然のことでした。
これってやっぱり、そういうことなんですかね?
Posted by 雲外 at 2017年07月06日 09:49
K様おはようご・・・時間的にこんにちはですね、失礼致しました。

金縛りですか、ここ最近何度か遭いましたね、霊的なモノではなく科学で解明されている方ですが(笑)

さて、中西様ご無事で何よりです、暫くは土砂災害等にご注意下さいませ。
周辺地域の早期復旧を願っております。
Posted by うごけるデブ at 2017年07月06日 10:45
Kさんコメ欄お借りします☆

ひなた→はるた夏雲様

おお、なんだか詳しい話をありがとうございます!
知り合いや親族に自殺者は居ませんがお父さんが引きずられた友達の友人は肝試しで有名な福岡の山に行ったとき友人2人が行方不明、その後運転手をしていた人が自宅の小屋で焼身自殺したそうです。
その日のお葬式はまた別の人でしょうけど(^_^;)

怖がる必要がないのはわかってます!大事な人とかだったらそんなの思ってる暇も無いと思いますしちゃんと顔も見たい(>_<)ただありがたいことに今まで身内の不幸がないので小さい頃知らない親戚の葬式にしか行ったことありません。
ただパパッと塩はふりたいですね(笑)帰ってきた家族にもふります。

もしご存知なら霊道が部屋にできてる場合どうしたらいいですか(涙)
実家の部屋がそうらしく、昔から襖を開けて私を金縛りにした挙句踏んで窓から庭に抜けて田んぼ挟んだ墓場の方へ歩いて行くんですけど…。必ず襖は開けます、そして窓が開く音はします。実際は窓閉まってますが…
オルゴール鳴らして行ったり、人形が消えてたりとかもしょっちゅうでした。人形は見つかりません…。
もしもご存知なら気が向いたときに教えてください!

kさんのブログで出会いに感謝です!
Posted by ひなた at 2017年07月06日 12:18
営業のKさん

この場をお借りして

>ミニ子さん

野良猫モモが、本来の生活に戻った途端にこの豪雨・・・気が気じゃありませんでしたか、ご飯も良く食べ、俊敏な動きになりました。
まだまだ安心は出来ませんが、危機的である方が強く生きる事が出来るかも知れません。

お仕事、忙しそうですが、必ず順応できますよ。
お身体に気を付けて頑張って下さい、モモ共々、応援しております。

>ろくがつさん
>うごけるデブさん

お気遣い、ありがとうございます。
朝倉や日田に住む友人知人にも被害はなさそうです。
空梅雨からの豪雨・・・大自然の猛威には歯が立たない・・・思い知らされます。
明日の我が身に何が起こるか分からない、・・・だから今日を大切に生きましょう。

皆さん、頑張りましょう。
Posted by 中西 at 2017年07月06日 12:37
Kさんの怖くない話を久しぶりにまとめて読みにきたら、本を出版されるとか!楽しみにしています!怖くない話も夜読むと怖いので昼間に読むようにしました(笑)胎教になるかしら?(笑)これからも楽しみにしています!無理のないようこれからもアップをよろしくお願いします!
Posted by 怖がりビビリの怪談好き at 2017年07月06日 15:30
こんにちは!!
昨日コメントできませんでしたが僕も金縛りあったことありますよー 横向いた状態で目が覚めて見てみると、そこにはこけしがっ!!名前のような事を叫んで消えていきました。というか、目を凝らして見たら椅子の模様だった、という感じです。たしかに声聞こえたし、こけしだったと思うのですが…

こわっ 
Posted by TaKa at 2017年07月06日 15:46
なんだろう…

今日は「不適切な文字が含まれてる」との事で書き直しても、反映されないや(笑)

楽しんで、の「しんで」とかなのかなー?と書き直したけど違うみたいだし、
どの文字かわからないから、いーや(笑)

と、これは書く(笑)
Posted by メチャ✩ at 2017年07月06日 17:51
K様、皆様こんばんは。・・・ひっそりとコメントさせていただきます。

九州北部での豪雨、中西様とモモちゃんは大丈夫かなと心配しておりました。ご無事のようでホッとしております。

金縛り?・・・以前はよくありましたけど、もう卒業しちゃった感じですね(笑)
Posted by 武ポンヌ at 2017年07月06日 21:25
はるた→ひなた様へ、再度拝借いたします。

私の部屋も霊道なんです。
すぐ北隣に1階と2階が別世帯のアパートがあって、2階に住む幼女が夜中にすごい泣き声をあげるのをたまに聞いてました。
そのアパートの東隣家と我が家の敷地が接してるため金網越しに母とそこのおばさんがよく会話していて、幼女がどうやら幽霊を見てるらしく夜中に大泣きしてるとママから聞いたとか。
母は、うちの娘が夜中に部屋で幽霊がたまに通過してクローゼットに消えて、その先が幼女宅になるわと話したそうで、そのおばさんから幼女のママに話が伝わったみたいなんです。
幼女一家は間もなく新居購入で転居したのですが、家主もその話を聞いたらしく位置をずらして新築しました。
今のアパートは2階は同じ方がずっと住みますが1階は転出入激しくて半年毎くらいかな、どうやら1階に出てるのかなと思います。

要は家に入れなくすればいいわけですよね。
ここからここに抜けるのがわかるなら直線上の外壁やドアに、陽が当たらない場所なら鏡様のものを貼り付けてしまい(幽霊は鏡が嫌い)、自宅外に迂回させたりします。
霊道になるお宅は、玄関や窓から仏壇が見えてることがあります。あるお宅では仏壇前のちゃぶ台に女性が座りこんでたとかで幼稚園児のお子さんが、おばちゃんどこから来たのと空間にしきりに話しかけてるのを見たそうで。
配置変えるとか窓は常にカーテンをしておくのもいいかと思います。墓地から見えてたらなおさら配置場所は考えた方が。
あとは珍説で霊はファブリーズが嫌いだとか?検索すると出てきますが、寝る前に空間にまいてみるなどもいかがでしょう。
墓地近くの霊道はどうしようもないんですが、やれるとしたらそのくらいかなと。お役にたちませんが。
Posted by はるた夏雲 at 2017年07月07日 01:16
営業のKさん

ひっそりと、この場をお借りして

>武ポンヌさん

お気遣い、ありがとうございます。
晩酌後の早寝早起きが日課、で今、早起き・・・って早すぎるやろ!(汗

今も雷鳴と雨音が室内に届き、明日の午前中までは荒れる天候の様です。

夕方、帰宅後の野良猫モモは元気でしたよ・・・ほぼ本来の姿に戻りました。

お気持ちに感謝!です。
Posted by 中西 at 2017年07月07日 01:27
Kさん

いつも楽しみにしています。
金縛り恐いですね。
私も20代の頃はよくなってました。
身体が動かず目だけが動くパターンで目線を上げると少女がユラユラ揺れて浮いてました。でも特に何も無くいつもいつの間にか寝てました。
歳をとるにつれて金縛りも無くなりましたね。
これからも、ボチボチ更新お願いします。
でも無理は禁物ですよー
Posted by かずさん at 2017年08月01日 16:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count