› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › オークションでの出来事。

2017年07月14日

オークションでの出来事。

サインディスプレイ部  営業のKです。

昨日は、怖くない話をこのまま会社のブログを

利用して書く事にしました、という内容を書きましたが、

ご賛同頂けるコメントに混じって、

個人のブログならもっと怖い話を書いてくれると

思ったのに、残念・・・という内容のコメントも

頂きました。

いや、会社のブログとは別にもう1つ怖い話を

書くサイトを新設しても構わないのですが、

そうなると、そこに書くのは以前から言っている

ように、本当に危険な話・・・という事になります。

もしも、本当にそういうのを望まれていらっしゃるので

あれば、書いてみても良いのですが、封印しているのは

やはり理由がある訳でして、その点、ご了解頂ければ、

勿論、書かせて頂きますよ!

当然、霊障などの実害が伴うと思いますが・・・・。

その際には、同意書にOKされた方のみ閲覧できる

システムにしないと・・・・。

後で訴えられても困るので・・・。

ということで、遅い時間ですが、今日も1話アップします。

これは勿論、霊障の心配は無用です(笑)

それでは、どうぞ~!


これは俺の友人の話。

彼は、アコースティックギター専門で、いわゆるソロギターというものを

ライブで演奏している。

ソロギターというのは、1人で同時に伴奏からメロディーまでを演奏するもので

一般的には変則チューニングを利用する。

元々はエレキ一筋だった俺も、齢を重ねるにつれ、アコースティックギターの

音に魅了されるようになり、彼ともよく一緒にライブを行っている。

そんな彼だが、元々は海外製のギターしか弾かないタイプだった。

マーティン、ラリビー、オベーション、といった名だたるブランドのギターを

愛用し、何故かギブソンには全く興味が無いという拘りがあった。

しかも、彼の持っているギターはそれぞれのメーカーの最高グレードのギター

ばかりであり、1本100万近いギターばかり所有していた。

しかし、ある時、試しに友人のギターを弾いたことで、彼の固定観念は

崩れ去る。

彼がその時弾いたのは、ヤマハのL-10というギターとK.YAIRIのDY-41

というギター。

どちらも国産であり、所謂70年代製作のジャパン・オールドと呼ばれている

ギター。

それぞれが、当時、10万と20万という感じのギターであり、彼が所有している

海外製のギターとは比較にならないほど安いギターなのだが、彼が言うには、

自分が持っているどのギターよりも、格段に良い音、理想の音がした、と

いうことだった。

その事があってから、彼は色々と楽器店をめぐり、その2本のギターを探した。

しかし、古いギターなので、見つかってもなかなか程度の良い物には出会えない。

それで、彼はそれまでは手を出さなかった○フー・オークションに手を出した。

すると、彼が欲しがっていたギターが2本とも出品されている。

彼は嬉しくなり、早速落札しようとするが、やはり人気が高いらしく、なかなか

適正価格で落札できない。

それでも、毎日のように、オークションを除いていた彼は、ある日、とんでもない

掘り出し物を見つける。

それは、K.YAIRIのDY-41であり、不思議な事にありえない低価格、それなのに、

誰も入札していなかった。

不思議に思った彼は、商品の説明欄を読んでみる。

そして、そこに書かれていたのは下記のような内容だった。

亡くなった夫が愛用していたギターです。

私にはどれくらいの価値があるものなのか、全く判りませんので、安価にて

売り切りたいと思っております。

亡くなった夫が最後まで手放さなかったギターであり、いつも大切に扱い

傷も無いように見受けられます。

病院で亡くなった日も、傍らにこのギターを置き、嬉しそうに見つめながら

旅立っていきました。

私にはギターを弾く事はできませんので、どなたか、大切にして頂ける方に

ずっと弾いて貰えたら、亡くなった夫も、本望だと思います。

こんな感じだった。

そして、その説明文を読んだ者は、誰もが、亡くなった持ち主の愛情が詰まった

そのギターに、入札出来なかったのである。

しかし、彼にはその説明文が、逆にとても程度が良いギターだという説明、という

部分しか頭に入ってこなかった。

だから、彼は迷うことなく入札すると、結局終了時間まで他の誰も入札する事

が無く、結局、彼はありえない低価格でそのギターを落札した。

そして、何度かのやり取りの後、ギターが彼のもとに届いた。

それは、まるで新品のように美しく磨きこまれたギターだった。

早速、手にとって弾いてみると、その音は彼の想像を超えるような素晴らしい

音だった。

彼は、そのギターがとても気に入り、いつもそのギターばかりを弾くようになる。

そして、ライブでは、必ず、そのギターを使うようになる。

実は俺もそのギターと同じ物を持っているのだが、確かにそのギターの音には、

何か、人の心を惹きつけて止まない深い響きがあったような気がする。

しかし、それから彼の周りで不思議な事が起こり始める。

彼が外出から戻ると、何故か、ギターのケースが開いていた。

まるで、彼に速く弾いて欲しがっているように・・・。

そして、またある時は、彼がギターを弾こうとすると、既にギターがチューニング

されていた。

彼はギターを弾いた後は必ず弦を緩めて保管する癖がついているので、それは

彼にとってはありえない事だった。

しかし、そんな事も、そのギターの音色の素晴らしさの前では、気にならなかったという。

そして、それから、彼のライブで変な噂が流れるようになる。

彼はいつも1人でギターを演奏するのだが、どう聴いても、1人で演奏している

以外の別のギターの音が混じっているというのだ。

しかも、ライブに来ている者の中には、彼が演奏する背後に、見知らぬ男性が

立っているのを目撃する者まで現れた。

そんな噂が流れてから、彼のライブは別の意味で盛況となる。

誰もが、その噂の真相を確かめようとライブに足を運んだ。

そして、その噂が本当だと知ると、更に彼のライブは別の筋でも有名に

なってしまい、いわゆる心霊マニアといわれる者達もさぞってライブに

足を運んだ。

そうなると、さすがに彼もかなり神経質になってしまう。

更に、もしかして、このギターって呪われてるのか?

という疑念まで持ってしまう。

それから、しばらく、彼はそのギターを一切使用しなくなった。

しかし、ある日、突然、彼は再びそのギターを愛用し始める。

迷いが吹っ切れたように・・・・。

だから、俺は聞いてみた。

何かあったのか?と。

すると、彼は誰にも言うなよ、と言って、こんな話をしてくれた。

彼がそのギターを使用しなくなったある日、彼が外出から戻ると、2階の

ギターを置いてある部屋から、何故かギターの音が聞こえてきた。

彼の家族で彼の他にギターを弾く者はいない。

彼は恐る恐る2階への階段を上がり、静かに部屋のドアを開けてみた。

すると、そこには、言葉に出来ないくらい、楽しそうに嬉しそうに、いきいきと

ギターを弾いている男の人が見えた。

そして、その男が弾いていたギターは、例のギターだった。

本来なら、彼は、驚いて腰を抜かす場面なのかもしれないが、彼は、その男が

弾くギターの音色に魅了され、その音の素晴らしさを再認識させられる。

更に、その男は、とても愛おしそうにギターを抱え、そこからはギターを弾ける

喜びや楽しさが、身に染みるように伝わってきた。

彼は、そーっと少しだけ開けたドアを無意識のうちに全開にして、その男のギター

プレイに浸っていた。

そして、そのまま、数曲を弾き終えると、その男は、ギターをケースの中に戻し、

そして、彼に満面の笑みで深くお辞儀をし、そのまま消えていったのだという。

まあ、お前は信じないだろうけどな・・・・。

でも、それを見てから、俺は、怖いという感覚が無くなったしまった。

その男性と一緒にプレイ出来るのが今はとても嬉しくて仕方ないんだ。

そう言われた。

俺は、

いや、なんとなくだけど、凄く良く分かるよ!

と返した。

それから、一度、Aさんと一緒に彼のライブを見た事があった。

その時、Aさんは、

いやいや、ある意味、こんなにはっきり誰にでも見える霊っていうのも凄いかも。

でも、あの男の人、凄く楽しそうにいきいきしてて・・・・。

こんな霊って、私も初めて見ましたよ。

なんか、聞いてても楽しくなっちゃいますよね。

そう言っていた。

その後、彼から聞いた話なのだが・・・・。

それから、彼はいつもライブの時には、まるで、そこにパートナーがいるかのように、

椅子を置き、水も用意して演奏するようになった。

彼の演奏自体も、以前より明らかに生き生きとして楽しいのだそうだ。

そして、先日、ギターの出品者である奥さんに、彼が演奏したライブの音源を

送ったのだそうだ。

すると、その奥さんからは、何枚もの便箋にびっしりと、お礼の言葉がを綴った

手紙が送られてきたのだそうだ。

そして、そこには、

間違いなく、亡くなった夫がギターを弾いているのが判りました。

本当にこれ以上、嬉しい事はありません。

と書かれていたのが忘れられない、と彼は嬉しそうに言っていた。

俺は一生、このギターを手放すことなく弾き続けるよ!

と最後に彼は力強く答えてくれた。




Posted by 細田塗料株式会社 at 23:25│Comments(27)
この記事へのコメント
営業のK様

本当に危険な話の公開には同意しかねます。
そういう話を求める方はこちらのブログで何度も出てくる、面白がって心霊スポット巡りをした結果、災いに見舞われる人々と何ら変わらない。
まして、そういった霊障をもたらすような話を悪意ある者によってネット上に拡散されでもしたら。
K様、貴方のように強力な守護霊や優れた霊能力者に恵まれている人はいないのですよ。責任を取れますか?
Posted by 風来坊 at 2017年07月14日 23:49
営業のKさん

今日は宮崎は西米良への出張、鮮やかな目に染み入る濃緑の山々、藻の香しさを漂わせながら渡る流れがその谷間を清め、野鳥と蝉、そしてせせらぎの音色、昼に食した蕎麦の薫りと舌触り・・・原点回帰!

そんな風の通らぬ山間で鱈腹汗をかいた私が、尚も今、うるうると涙を流しています。
執着・・・過去にある記事とは違う内容に感激しました。
本当に愛していたんでしょうね・・・そのギター、そして醸し出す音色・・・だから、だから嬉しくてしょうがない・・・大切に奏でてくれる相棒に出会えた事が。

Kさん

越えてみなければ分からない領域もあるのでしょう。
迂闊に関わってはならない世界、そんな行為に警鐘を鳴らす役目の現ブログ・・・閲覧自己責任、有料URAブログでも立ち上げますか?(笑

実社会でも、私にとっては同じ感覚ですよ。
多岐多様な現代社会での人間関係、関わり方の難しさを実感する私です。

それでは次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年07月15日 00:18
K様、本日も「怖くない話」の投稿お疲れ様です。

冒頭の危険性のある怖い話の投稿は私は反対ですね。不特定多数の人が閲覧出来るネットでの公開は被害の規模が分からないですからね。

今回のギターの話ですが非常に感動しました!物を長く大切に使っている魂が宿ると言いますが今回は元の持ち主の魂が宿った様ですね〜。自分もちゃんと物を大切にしたいと思います!(`・∀・´)
Posted by 怖くない話! at 2017年07月15日 00:37
Kさん、おばんでございます。

どんな物にも使っていた人の思いが込められているのですね。
過去の持ち主次第で思いが怨念や呪いになったりすると怖いですが、友人の方は良い物を手にいれたようです。

ところで今回はAさんの活躍が無かったようなので、おねだりは無かったのでしょうか。(笑)

ブログの件は色々意見があると思います。
良くも悪くもKさん次第だと思います。

それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年07月15日 01:37
どもショッカー戦闘員オスカーです。
m(_ _)m
コレもまた感動で涙目になりました!良い話だなぁ〜。(/ _ ; )
一種の「九十九の霊」として長年を共したギターに移った旦那さん、良い相棒(Kさんの友人)が見つかって良かったですね。
アニソン(友人の影響で水◯奈◯に少々ゾッコン)や特撮、洋画に邦画のサントラしか興味がない私ですが、聴いてみたいなぁ、二人のギター演奏!
以前にもギター演奏が上手い故人の方の話がありましたよね?亡くなってもBARに来て心地よい演奏をしてくれると…もしもですよ、その故人の方と九十九の旦那さんの馬が合えば良い演奏会になるんじゃないですか?

私もブログの移設はちょっと反対の気持ちですね。なんと言いますか…「Kさんならではのブログ」って感じなんですよね。
( ̄^ ̄)
…書籍の方に「ヤバイ話」は書けませんか?「言霊」として霊障が出るか(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
Posted by オスカー at 2017年07月15日 03:49
おはようございます。

しみじみ・・・本当に良いお話ですね。

亡くなってもそのギターを愛しているだけではなく、
お友達にも弾いてくれるよう
チューニングをしっかりやってるなんて!

楽器愛、そして楽器を通じた人間愛。

こういうお話、とても大好きです。

私自身、モノを通じた不思議な体験が
多いものですから、
特に今回はしんみりとして拝読致しました。
Posted by まあちん at 2017年07月15日 05:42
初めて書き込みますが、遡ってほぼ全話読んできたと思います。

これより怖い・危険な話の公開には反対です。今まででも数話、これ大丈夫かな?と思うものがありましたよ。
限界を超えて書き込めば、読む人もご自身も、そしてそれぞれの親しい人にも悪影響が及ぶかもしれません。
そんなことをしてよいとなぜ思えるのですか? Kさん自身が適切な境界を保つことができなくなりかけているとしたら、既に魔に魅入られている危険信号です。

求める読者が少数いようと、モラルもなく応えてはいけません。
Aさん等にご相談したら、止められることだと思いますよ。
Posted by ななし at 2017年07月15日 06:11
K様、おはようございます!

物に宿る?霊の話で、いいエピソードは初めてでした。霊の存在を否定することはないですが、善良な霊とは共存していきたいですね。

個人ブログの件ですが、こうやってK様の元に集まる方のアドバイスは大事にした方が良いのかもしれませんね。霊障が起こるぐらいの話と聞かされて興味ないと言うと嘘になりますが、確実に影響を受けそうな自分としては、読まないように自分を強く戒めて、手を出さないようにする所存です笑

朝帰りの酔っ払いの戯言で失礼します
( ͒  ́ඉ .̫ ඉ ̀  ͒)
Posted by 千葉県ON11 at 2017年07月15日 06:47
久々の投稿です。
ヘビロテの更新ありがとうございます

今日のお話は、本当に怖くない話。
そのギターにかかわった方が幸せになられて本当に良かったです。
私も、ほっこりさせてもらいました。
ありがとうございます。

ところで、ブログ開設の件ですが…。
なんだかにわかに怪しい雲行きですね〜。
個人の自由ですし、怖いものみたさもありますが…。なんだか何かにひっぱられている?ように感じました。
本当に迷った時は、やっぱりAさんにお伺いした方がいいかも?( ◠‿◠ )
スペシャルパフェ付きで!
Posted by 赤毛のmamabu〜 at 2017年07月15日 08:58
Kさんこんにちは
とても良い話ですね、オークション→安値→想い入れ満載→恐怖かと思ってましたが感動しましたよ(泣)
行くべき所に落ちついた感じですね、楽しく二人で演奏ですか。素敵な話(*ˊ艸ˋ)♪*

Kさんブログ引越し問題やはり現状のままで、霊障が起こる封印されてる話は書かないほうがいいですよ!
Kさんのブログでやり過ぎ踏み込みすぎて、取り返しがつかない話がたくさんありましたよね。私は学びましたよ(๑•̀ㅂ•́)و グッ!
何より書いたKさんに何か起こることのが心配です。皆さんの意見を聞くKさん優しすぎます
本日も激アツですが良い週末を〜
Posted by tomoaaa24 at 2017年07月15日 09:58
K様2度目のおはようございます。更新お疲れ様です。ブログこのままが良いなぁ〜って思う今日この頃。

今回のお話、良い話過ぎて涙が止まりません。いつまでも二人でギター演奏して欲しいです。本当に良い話でした。K様ありがとうございます。これからもユルユルと宜しくお願い致します。

舞浜で灼熱地獄を味わったミニ子でした。ミッキー愛しているよ‼
Posted by ミニ子 at 2017年07月15日 10:13
こんにちは、毎日暑い日が続きますね。ご自愛ください(o^^o)

新しいブログの件、私はKさんの冗談(リップサービス的な)かと思って読んでました(笑)今までの発言からしてKさんが作るってことはないなと…。万が一作る方向に向いてたとしたらどなたかがコメントされてるように引っ張られてるのかも!?(゚д゚lll)

前回の人身事故の話で新小岩の怪をどうしても思い出してしまいますね。
友人が総武線使ってて隣に座ってきた女性が居たそうです。珍しいことに話しかけてくるその人と友人はしばらくの間談笑、夕方だというのに電車内は空いていて周りには人も居なく快適だったと言います。
先に手を振りながら降りていった女性をお辞儀で見送り車内に視線を戻した友達は、遠巻きに自分を見ている視線に気づいたそうです。
電車の中は決して空いて居たわけじゃなく、自分の周りだけ人が居なかったのだと。
すぐに駅名を確認すると新小岩を過ぎたところでした。
そう言えば真夏だと言うのにコートを着て居たなーとか、顔見えなかったかもー、あ、自分独り言言ってる変な奴に見えてたんだと気づいてそのまま寝たふり決め込んだそうです(笑)
彼女は霊があまりにもハッキリ見えるのでオカシイことが起きないと気づかない時もあると言ってました。首がないとか(笑)
今回の話のように害のない霊ならまだいいんですけどね…
そう言えば幽霊には足がないとかよく言うけれど、何処かの話にもあったようにかならず足が見える不思議…なんで足がないなんて話が広まって言ったのか興味ありますね(^^)

またの更新楽しみにしています☆
Posted by ひなた at 2017年07月15日 10:38
K様、連日の怖くない話ありがとうございます、そしてご自愛下さい。

前の持ち主さんのギター愛が感じられる話ですね、ギターを愛する現持ち主さんの手に渡って良かったですね。
それにしても、いいライブなんでしょうね、一度純粋にそのギターの音色を聴いてみたくなります。片町に行けば聴けるのかな?(笑)

さて、本当に怖くない話専用のブログですか、立ち上げるも立ち上げないのもK様次第でしょ(笑)

しかし、実害の出る話ネット上には石ころのように転がってますよ、K様が封印なさってるということは、そちらの話よりキツイのがあるという事だと思いますよ。

長々と失礼しました。
Posted by うごけるデブ at 2017年07月15日 10:39
こんにちは!
今日は休みだったので、今の今まで寝てました。疲れはてると、いつまでも寝られるのね…例え暑くても(笑)

ギターのお話、素敵ですね。
その亡くなった方は、いい相棒ができた感じかな?
本当に好きでギター弾きたい気持ちが伝わります。

Kさん、ブログはこのままがいいと思います。
今までのお話でも充分怖い話です。でもホロリときたり、笑えたりします。これで更に怖い話➕霊障は…気軽に閲覧できません。
それに開設したら、問題が次から次へとわきだして、更に発展しそう。

このままで続けて下さることを、願います。
Posted by きなこもち at 2017年07月15日 10:43
こんにちは。暑いです。梅雨はどこにいったのでしょうか?
オークション利用者です。出品者と落札者の方々の出会いが素敵ですね。物に宿る霊でもこういう霊ならいいんですが……楽しそうな霊なら見てみたいです。害はないけど霊なのに暗い性格のネガティブな霊っているんでしょうか?
Kさん、他のブログなんですが霊障があるかもなら他の方もやめた方がいいと言ってるのでやらない方がよいかと。好奇心で読んで見たいと思いますがK さんの周りの方、特に家族が巻き込まれることがあってはいけないと思います。
このブログだけで充分ですよ
Posted by いなばっち at 2017年07月15日 11:11
Kさんおはようございますぅぅ今回の話めっちゃ感動しました(๑´^`๑)
楽器で繋がるっていいですねぇ(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)


それではまた(・ω・)ノシ
Posted by つぼみ at 2017年07月15日 11:38
( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ(笑)
Kさん、皆さんに想像以上に叱られてますね(笑)
私も同じ事を書こうかと思ってましたが、先客がたくさんいらっしゃいました(笑)

霊障が出るレベルの危険な話なら、私も絶対に読みませんしブックマークすらしません。キッパリ。
もうKさんの記事で、どれだけ興味本位で覗いてはいけない世界かと心底分かったからです(笑)あ~怖かった…ではすまされない世界。
しかも自分の力では到底太刀打ち出来ない所か、大切な人までも失ってしまう危険。
それを中西様の言われるよーに、大丈夫な範囲で「警鐘を鳴らす」には必要ですが。

噂が噂を呼び、昔のチェーンメールのように、興味本位なまだわかってない未成年達がグループLINEで広める軽さ。
なんなら、死にたいなぁ~とフッと思った人達が覗きにくる事で、呪縛が出来てしまうかも…?

それ位、Kさんは自覚なくとも(笑)影響力と良識のある人柄だと霊力がない人間からすると思ってるのですよ。
逆に言えば、Kさんの話を実話だと皆さん信じている、と言う事です。
Posted by メチャ✩ at 2017年07月15日 11:42
K さんへ
K さんのブログを読み始めは、たまたま偶然にYahooニュースで紹介されたのがきっかけでした。
読み始めてみると、霊に対して色々と考えさせられる事があったり、K さんとA さんのやりとりとかに興味がでて読ませていただいていますが、このままの感じのブログのままでお願いします。
只、怖いだけの話なら別にK さんのブログじゃなくても良いと思います。
Posted by かずや at 2017年07月15日 11:55
これまでずっとロムしてきた熱烈読者ですが、ここへきて一言書きたくなりました。

私は新しいもっと怖い話ブログの件は、賛成でも反対でもなく、自分は開設されても霊障が怖いから読まないですけど、その件について色々意見があるのはまぁいいとして、説教するような上からの物言いで反対する人には強い違和感を感じます。

「自分は〜〜思います。」は意見としていいと思いますし、その反対する意図もよく分かりますが、自分とは考えが違う方向に行きそうなブログ主さんに対して、説教するようなキツい言い方は行き過ぎだと思いますし、ネットで誰でも自由に発言できるが故の問題が以前より社会的に取り沙汰されていますが、まさにそんな空気が感じられて、残念ですね。

折角毎日1日の終わり頃にひと時のエンタメを求めて寛ぎに来ているのに、ここの空気が変わってしまいそうで危惧しています。

我々読者は毎日無料で楽しませてもらっている立場なんだし(もちろん本が出たらすぐお金出して買いますが)、ここを楽しみにしておられる大人の愛読者なら、意見を言うにしてもブログ主さんに対して礼儀や節度を保って発言しませんか。
Posted by アプサント at 2017年07月15日 12:27
営業のKさん

連日こ真夏日が続く予報の福岡ですが、コメント欄も暑いですね(汗

この場をお借りして
細田塗料に勤める営業のKさん、これは事実ですから絶対に無責任な事は出来ませんよね。
記事にある事の流れは・・・な・・・い・・・で・・・と私は理解しています。勿論、私が残すコメントにも嘘はありませんし、中西も本名ですから無責任な事は書けません。
ですから皆さん、安心して見守って参りましょうよ。

細田塗料株式会社サインスタッフ怖くない話ブログが、末永く続く事を願って・・・この文責は、全て中西にあります。

それでは、次回も怖くない話しを楽しみにしております。
Posted by 中西 at 2017年07月15日 15:02
まるでリング3部作における”呪いのビデオ”のブログ版ですなあ。

「自分は読まないから大丈夫」というのもとてもいいですな。
読んだ人がどうなろうと知ったこっちゃないということですからな。

「敵は味方のふりをする」のはドラマの世界に限った話では無いようですぞ。ご用心ご用心。
Posted by ふむふむ at 2017年07月15日 16:47
やっぱりいい霊も居るんですね
素敵な話で、見ていて気持ちが
明るくなりました

霊障のあるかもしれない
危険な話…ですか

私は書かない方が良いかと思います。
確かにネット上には実害ある話や
動画も転がってますし、書くのは
K様ですが…怖い物面白い物
どちらも物足りないくらいが丁度
いいんだと思います、多分。
きっとそういうのが見たい!と
リクエストされた方はK様が書かなくても
どこかから拾ってきて見ますよ。
K様まで書いて何かあったら心配です

長文失礼いたしました
Posted by ヘゼル at 2017年07月15日 17:13
k様

ご無沙汰してます。
って言っても ブログは毎日見てますょ。

色んな霊が居てるんだなって改めて感心します。
危害を加えない優しい霊は
きっと生前も優しい人だったと目に浮かびます。
本当は優しい霊でも怨み、憎しみで強く怖い霊になってしまう。
そんな霊達が成仏してくれたら。。。と思います。

毎日暑い日が続いていますが
お身体大切になさって下さい。

それから、この場をお借りし、中西様、九州の皆様が
早く元気になられますようお祈りしております。

この方のライブ聴いてみたいです。
あっ‥もちろんk様のライブも♪
Posted by ファン子 at 2017年07月15日 18:57
営業のKさん

おはようございます!
今日も朝から、ギラギラの太陽が・・・(汗

この場をお借りして

>ファン子さん

以前は「ファンです」さんだったのが、改めて「ファン子」さんだった様な・・・でしたら、かなり前から、此方を訪問されていますか?・・・間違いでしたらご免なさい。

声援を贈って頂き、ありがとうごさいます。
朝倉方面の仕事に出掛けましたが、自衛隊車両や支援車両が続々と九州道から降りて来ます・・・頼もしい限りです。

これから暑い日が続くでしょうが、ファン子さんもお身体に気を付けて下さい。
そして、日々幸せが訪れる事をお祈り致します。
Posted by 中西 at 2017年07月16日 07:05
k様

又々この場をお借りして。。。
>中西様

ファンです改めファン子です。
お心遣いありがとうございます。

k様を通じ勝手に同志のような
気持ちになってる感じです。
お会いしたことも無いのに
古い友人のような。。。。
不思議な感覚です。

中西様もご家族含めお身体大切に
そして幸せな日々を過ごして下さいますよう
私も心から願っております。
もちろんk様も!

こうして繋がる事で、優しい気持ちになれて
今日も1日元気で過ごせそうです。
ありがとうございましたo(^-^)o
Posted by ファン子 at 2017年07月17日 09:01
私も霊障が出るブログは嫌です!
Posted by ちはるる at 2017年07月19日 15:33
初めてコメント書かせていただきます。
以前より拝読させて頂いていましたが、今回のお話はとても素敵でコメントせずにはいられませんでした。
亡くなられた男性が楽しそうにギターを弾く姿を想像したら思わずウルッときてしまいました…。
自分もエレキとアコギをバンドでやっているのでたまにそういった音楽関係のお話も読めるのは楽しいです。
怖くない話、これからも楽しみにしております。失礼いたしました。
Posted by 海豹 at 2017年07月19日 18:51
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count