› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 斎場という場所について。

2017年07月25日

斎場という場所について。

サインディスプレイ部  営業のKです。

本当は今夜は更新しないつもりだったのですが・・・。

私が昨日書いたブログの前書きの部分について、

色々とご心配をお掛けしてしまっているようですので、

少しだけ書かせて頂きます。

昨晩、書かせて頂いた私からのコメントなんですが、

実は昨日、会社に電話がありまして・・・・。

お名前をお聞きしても、答えて頂けず、私とAさんに

会わせて欲しい、というものでした。

詳しくは語ってくれませんでしたが、

このブログを読んで

酷い事になっているとのことであり、怖い話を書いているんだから

責任をとってくれ、

Kさんの連絡先を教えてくれ!

会社の場所は分かってるんだから近いうちに行くから・・・。

という内容だったらしく、電話に出た

女子社員も不安がっておりました。

私も会社のブログを利用して、こういう話を書かせて

頂いている以上、会社の業務に支障がでるようであれば、

当然、このブログも続けられなくなってしまいます。

勿論、私もそれは望んでおりません。

ですから、その辺を考慮して欲しい、という内容で

書かせて頂いたつもりだったのですが、言葉足らずなうえに、

説明が下手で、本当に申し訳ございません。

頂いているコメントに関しては、読んだら削除してください、と

書かれてあるコメント以外はすべて承認し、公開させて

頂いております。

コメントで嫌な気持ちになった事は、過去に一度しかありません。

その時は、本当にブログをやめようと思い、しばらくブログも

更新しなかったのですが・・・。

ただ、その後に、頂いているコメントは、読んでいても

とても勇気付けられるものばかりで、嫌な思いをした事もありません。

ですから、出来れば、どしどしコメント頂けると、嬉しいですし、

実は、こんなに毎日、更新できるのも、皆様の沢山のコメントが

読みたいからに他なりません。

私の配慮の無いコメントで傷つけてしまった方がいらっしゃったとしたら、

本当に申し訳ありません。

そして、今後とも頑張って更新していきますので、沢山のコメント、

お待ちしております。

それでは、気持ちを切り替えて・・・・。

怖くない話、スタートします。

宜しければ、どうぞ~!(全然怖くないですが・・・・)



この歳になると、もう何度も斎場に足を運んでいる。

もっとも、子供の頃に行った斎場と現代の斎場は全く別のものに感じる。

昔、行った事のある斎場は、それこそ火葬の為のボイラー室だけがあるような

小さく簡素な建物だった。

火葬自体も、かなりの時間がかかったので、完全に燃えきるまで、自宅で待機

していたり、火葬している途中も、きちんと燃えているか、ということを

小窓から遺族がチェックしなければいけないというツライものだったのを

記憶している。

だが、一番最近行った斎場というのは、全面ガラス張りの美しい建物であり、

まるで、どこかのホテルのロビーにでも来たかのような錯覚を感じるほどだった。

火葬に要する時間も短縮され、1時間少しで完全に火葬できるらしい。

しかし、建物がどれだけ美しく、設備がどれだけ進歩しても、やはり今も昔も

斎場で起こる事は何も変わっていないのだという。

子供の頃、行った斎場、いや、その当時は火葬場なのだが、そこでは、何度も

見知らぬ人を目撃している。

火葬場の職員でもなく、親戚でもない、全く知らない人達。

それは、男だったり、女だったり、年老いていたり、子供だったり・・・。

しかし、そのどれもに共通していたのは、視界を急に動かした時に、視界に

一瞬だけ視界に入ってくるという事。

そして、そのどれもが、生気の無い、無表情な顔をしていた。

そして、そのどれもが白い着物のようなものを着ており、子供であった俺にとっても

それが人間ではないモノ、この場所で過去に火葬された方達であるというのが、

理解出来た。

それは、親達にも見えているらしく、父や母も幾度と無く目歩泳がすように避けて

いたのが思い出される。

ただ、不思議と怖いという印象は無かった。

そして、最近の斎場も同じである。

火葬している1時間くらいの待ち時間は、まるでホテルのラウンジのようなお洒落な

空間で、好きな飲み物を飲みながら待つ事になるのだが、柱の影やドアの影には

常に誰かが立って、虚ろな目で一点を見つめていた。

あるものは、自分の足元だけをジッと見つめ、またあるものは、外の景色をずっと

見つめ続けている。

それは、子供達にも見えているらしく、手を振ったり、指差したりするものだから、

その対応に困った記憶がある。

俺も待ち時間の間にトイレに行こうとした際、入り口に男の人が立っており、

驚いて、“すいません”と言ってしまい、用を足している時に、そういえば、何故

白い服を着てあんな所に立っているんだ?と思い、思わず入り口を見るが、もうそこに

その男性の姿はなかった。

そして、トイレから出ようとした時、その男性がガラスにしか映っていない事が

わかった。

飲み物を注文する際にも、カウンターに居る女性職員に、話を聞こうとしたのだが、

まあ、こういう場所なんだから、色々あるわよ・・・

と誤魔化されてしまった。

ただ、ひとつだけ教えてくれたのは、居心地が良いからといって、ずっとそこに

長居していると、知らないうちに、周りが全て知らない人に囲まれているという

事もあるのだということ。

幽霊だって、誰かと話したいのよ。きっと・・・・

そう言っていたのが印象に残っている。

その後、年配の男性職員と話す機会があったので、何気に聞いてみると、今度は

予想外に色々と教えてくれた。

まず、霊が見えたとしても絶対にそちらを見ないようにしているという事。

やはり、姿が見えているというのが分かると嬉しいのか、寄って来るらしく、今では

見てみぬフリが上手になったと笑っていた。

また、飲み物は、お客が席を立ったらすぐに片付けるということ。

そうしないと、霊がその場所に居座ってしまうらしい。

また、夜には、職員といえども、絶対に近づかないのだという。

夜はやはり彼らの時間らしく、一度、忘れ物を取りに戻ろうとした職員が

窓ガラス一面にビッシリ張りついた霊達の姿を目撃したということだ。

その時の姿は、昼間に見るものとは完全に違い、恐ろしい形相で、慣れている筈の

職員も思わず固まってしまったのだという。

そして、最後に教えてもらったのは、毎朝、当番が入り口のチェーンを外し、

中へ入るだが、もしも、その時に、中から話し声のようなものが聞こえてきたら、

それからしばらくは外で時間をつぶすらしい。

そして、10分もすると、話し声は消え、中へ入れるようになるのだという。

そして、最後に教えてくれた。

世の中に、どれだけの霊達が彷徨っているのかは分からないが、斎場に居る

霊達は、どれも安全で大人しく礼儀正しいのだという。

だから、それに、生きている人間も応えてあげないとな、と話してくれた。

そういった少しの気遣いのお陰で、斎場は人間と霊の共存空間と成り得ている

のかもしれない。

ある意味、とても不思議な場所である。




Posted by 細田塗料株式会社 at 21:01│Comments(52)
この記事へのコメント
霊やらなんやらより生きてる人間が一番怖い...
本編よりまくらが一番怖かったです...
人的トラブルがありませんように
Posted by ぼんたん at 2017年07月25日 21:22
いつも楽しく読んでいます。
私のライフワークの一つとなってしまいました。
Kさん、以前に会社のブログを離れる様なこと考えられてましたよね。もう一度考慮されてはどうですか?会社への電話、いつかこんなことが起こるのでないかと危惧していました。相手のかたも困っているのかもしれませんが、名前も名乗らないのは失礼ですよね。…このブログがいつまでも楽しめることを願っています。

斎場には何度かいったことがありますが、人以外はあったことがありません。霊感無くて良かったです。
Posted by すー。 at 2017年07月25日 21:43
営業のKさん

何と申し上げて良いのやら・・・我が国は性善説で物事を考え対応をして来た・・・それも過去の物となりうる風潮ですね。
車の動力性能が向上した故の、運転技術の劣化に例えられる様に、アイルトン・セナは唯一無二、孤高の存在である・・・この例えは分かりにくいですか(汗

前回の記事、アルテイシアさんのコメントに返答をしようか、するまいか・・・思案して小一時間、その答えがこの記事に有りますね(泣
是非とも行間を含め、記事を空の様に広く、海の様に深く熟読して、その今後の人生の糧にして頂きたいと、切に願います・・・この文責は、全て中西にあります。

>ヘルゼさん

ですので、ミニ子さんが仰る様に、安心してKさんへの応援コメントをお願いしますよ。
猫談義・・・受けて立ちます(分かる範囲で)!

以前の記事にも火葬場の怪異が綴られていましたが、近代化された現在でも・・・なんですね。
礼節を重んじる、大切な事だと考えます。

気持ちが高揚している時は、休む事も憚れる・・・その皺寄せは、大変かもですよ(笑
予期せぬ心労、私には計り知れませんが、何事も前向きに頑張りましょう!お互いに!

それでは次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年07月25日 21:49
訂正です

申し訳ありません

>ヘゼルさん

お名前、間違えました(汗
初老の老眼、酔っ払い親父ですので、お許し下さい。

それでは、以後お見知りおきを。
Posted by 中西 at 2017年07月25日 21:57
仕事でも、そうじゃなくても色々ありますよね。互いに頑張り過ぎないよう、頑張りましょう、ね!
Posted by かずお at 2017年07月25日 22:02
K様お疲れ様です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
いやぁ〜。。。
何だかなぁ。凄く残念で仕方ありません。
私はもちろんK様のブログ楽しみにしていますが何より皆様の、コメントを読むのも楽しみっ!噛めば噛むほど?的な(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
どうか、実害のない事力足らずだと痛感しながら祈るばかりです!
批判も批評も出来る立場ではないのでこちらでは貝になりまする。。。
斎場ですよね。分かる〜分かります〜。
私は目にする事…いや見えて居るのかも知れませんがあまりにも普通でそう捉えて無いのかも知れませんがとにかくフワフワするんですよね。
大地を踏みしめている気がしないのです。
あの感覚は斎場でしか感じ得ない気がします。
私の実家はかなり地方、いや!ど田舎なので斎場のお焼き場もひとつ煙突もひとつ。
大好きなおばあちゃんの時は煙さえも愛おしく涙が出ました。
大切な人を見送る事が出来る場所なので不思議なら事が起きても怖がりたく無いなぁ。
でもやっぱりそんないっぱいだとビビちゃうかも〜〜。
そう言うお別れの場でお仕事して下さる方々には常に頭が下がりますね!

K様本当に、本当にファイト!です!
Posted by あまみん at 2017年07月25日 22:05
Kさん、こんばんは。

様々な意見が寄せられる事と思いますが、いちいち気にせず流すことも必要だと思います。
但し前フリにある、関係ないのに文句やら嫌がらせを仕掛けてくる輩に対しての対策は、必要だと思います。(本当に怖い話になってしまいますからね)


話を変えて、この場をお借りします。

実は、昨晩のはるた夏雲さんのコメントを読んでいて思ったのですが、はるたさんって本当は妖怪?だったのですね。(笑笑)
てっきり魔女(美魔女 もう死語ですか?)だと思ってましたが。
たったっ大変失礼しました。(T_T)


それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年07月25日 22:07
K様こんばんはー、そして更新ありがとうございます。m(__)m

私此方にコメント書く前に、過去のお話をコメント含めて全て読みました。
その間にミッキーにハグされたり、チュウして貰えたりグフフな良い事がありました。
K様のブログは癒しと幸せくれますよ。そしてAお姉様&JK姫様へのときめき。愛と正義のスイーツ奢られタキシード仮面K様への敬愛。
私の大切な一時になっております。
K様の優しさすごーく伝わっております。
だから無理はなさらないで、ユルユルとまったりお付き合い宜しくお願い致します。m(__)m

今回の斎場のお話、悲しいような切ないような、でも何処かほっこりしてしまう不思議な感覚になりました。
実は私大好きな祖母の葬儀、全く覚えて居ないのです。大人になってから亡くなりまして、遥か昔の出来事でも無いのに。同じように母の命日も覚えられないのです。人の記憶って不思議ですね。斎場は出来れば、もう行きたくない場所です。
すみません、辛気くさくて湿っぽいコメントしてしまって。
色々ありますが、皆さまが楽しい夏を過ごせますように。
私もミッキーにラブラブして貰えますように。

体調崩さないように、お身体お大事になさって下さいませ。

お後が宜しいようで。チチン
Posted by ミニ子 at 2017年07月25日 22:11
Kさんこんばんは!ヾ(o・_●・)ノ
そんな事があったのですね…私も新参者の読者ですが、更新する度にコメント数が増え勝手に喜んでました。
余裕があると皆さんのコメントを読んで、笑い多めですが…(笑)皆さんKさんみたいな文面で面白いなぁとか物凄く丁寧に詳しく解説してくださったり、体験した話など気になる神社の話とかこのブログの感じ素敵だなぁと‥

会社に電話してKさんAさんにって、常識なさ過ぎです!とっても残念
そりゃみんなKさんとAさんに会いたいですよ。でもKさんのブログでも学んだ踏み込み過ぎちゃイケないこと!今のままの感じを誰にも壊して欲しくないです!( •̀ω•́ )✧


さて火葬場は1日がかりですもんね
昼と夜でお互い邪魔しない共存空間があるって、いいですね。‥私はそこで働くのは厳しいかな(•́ω•̀ ٥)
火葬場で思い出したのは、義父の遺骨を持ってる旦那が小学生だった娘に焼きたてだぞぉ〜と話してて、職員さんが笑ってたのを思い出しました。
長々とコメント失礼しました。連続更新ありがとうございます。
元気だしてくださいね。
Posted by tomoaaa24 at 2017年07月25日 22:15
毎夜の更新ありがとうございます
そして、何かあったのかなぁ〜と思っていた理由をお話いただいて…。Kさんは本当に正直で良い方ですね〜。怖くない話も楽しみなのですが、前説?のようはお話もすごく楽しみにしてます。娘さんや奥様ご家族のお話ほのぼのしますよね〜。

今回のお話も、なんだか勉強になりました。斎場は何か境い目のような場所なんですかね〜。上手く表現できなくてすみません。

Kさん、お体大丈夫ですか?無理は禁物ですよ!
Posted by 赤毛のmamabu〜 at 2017年07月25日 22:18
しかし酷い人がいるのですね。名前も名乗らずいきなり仕事場に電話するなんて、それもどういう内容かも語らないのは本当に頭にきますね。Kさん自己中心の輩は忘れて、ブログでストレスを発散して下さい。でも最近のペースは気になります、身体をいたわって下さい。
Posted by 片町のバイク野郎 at 2017年07月25日 22:20
K様
斎場は親族達に見送られて恵まれた霊なんじゃないかな。
話変わりますがK様の状況、辛かったら少し休まれては?
何回かK様が自己責任で読んで下さいと掲載しているのに・・・
中西様をはじめ最近は文面から若い方達も来てなんかK様を通じてみなさんに親愛を感じてたのに理不尽な方も来ていたのですね・・・・
K様のお仕事に支障が出る行動をしたら会社と相談して弁護士さんと相談する方が良いと思います。
会社だって(細田塗料)K様の怖くない話で有名になってK様は充分に貢献なさってるので味方になってくれると思います。
A様に会わせろなんて絶対しない方が良いと思います。
無視無視
Posted by ちんぱん at 2017年07月25日 22:20
再びミニ子参上!!

前回の牛鬼のお話ですが、ちょっとググレカスしましたら、「まんが日本昔ばなし」にありまして、なかなか見応えありました。
YouTubeにまだあると思います。
宜しかったらご覧下さいませ。
因みにゲゲゲの鬼太郎の方も、動画があるようでしたよ。
アニメの鬼太郎は、
イケメンだなぁって思ったミニ子でした。

ではまた、ばいばいきーん
Posted by ミニ子 at 2017年07月25日 22:31
責任とってくれ
会社に行く

ブログを読んだだけ、K様をピンポイント攻撃ですから脅迫と業務妨害として被害届出しておくとよろしいかと思いますよ。

私は霊視できるため、何かするとスマホに不具合やラップ音は毎度です、私に理由があるから。

細田塗料さんにわざわざ電話してきているあなた本人は、前々から自分が騒がしいそんな状態だったのでは?たまたまヤフーで話題になり知って読んで、前より悪くなったと激しく思い込んで、こじつけてるだけじゃないですかね。

(ここまでは掲載有無はおまかせしますね。たぶん精神疾患の方でしょうけど。)


民間火葬場を代々営む何代目かの知人も、全く同じ話をしてました。
お迎えじゃないけど、気の合う仲間を探して連れて行こうで、荼毘にふされても何日か火葬場に滞在してるんじゃないかとも。朝に話声してるそうです。

小さな子の荼毘の時は、女性たちが部屋の隅にずらりと並んでいて、そのうちの誰かが世話してくれてるんじゃないかなって話した時はぞくっとしました。
私が真夏の巨大団地の砂場で見た幼児の近くに、老婆がいたからです、血縁はないなと感じてたんですが、火葬場でこうして出会ってるのかと、つじつま合うといいますか。

なので小さいお子さん亡くした方にはその話をして、世話してくれてる人がいるから心配いらないよ、だから親子会いにくいと言われてるだけで会えないわけじゃないんだよと話すようにしてます。
Posted by はるた夏雲 at 2017年07月25日 22:32
いつも非常に楽しみに読んでます。怖い話は元々大好きですが、Kさんのお話はただ怖いだけでなく、その先のお化けさん側の事情(?)も書かれているので、読者の痒いところに手が届く感じが堪りません。(例えて言うなら、従来の犯罪捜査ドラマに、新たに凄腕プロファイラーが加わり、犯罪心理から読み解いていく面白さの様な…)どんな世界でも人気が出ると色々厄介ごとも起きてきて本当に大変でしょうが、無理の無い範囲でこれからも頑張って下さい。
Posted by 翡翠 at 2017年07月25日 22:41
k様

こんばんは。
過去の事、すごく心配で再び復活up
本当に嬉しかったです。
いつも気遣いをし、皆で楽しみ、共有してる事
伝わって来ます。

私は個人的には「自己責任」で
それ以上何を求められているのか分かりませんが
嫌な思いをするなら見なければ良い。
それだけじゃないでしょうか。

ちょっと冷たい感じに受け取られてましたら
すいません。

やっぱりk様のファンとして
このブログを守りたいです。

k様
もし支障があると判断されましたら
upしないで下さいね。

いつまでも続けて下さいます様
もちろんゆっくりで
これからも宜しくお願いします。

お身体大切にですょ。
Posted by ファン子 at 2017年07月25日 22:52
はじめまして。
コメントはあまりしないのですが
こわい電話があったと書かれていたので
書かせていただきます

私は、このブログを4か月前に見つけて
はじめの話からずっと読み始めて、そして気になるものは何度も読み返してきました
特に九尾の狐の話は、子供のころから興味のある事柄でしたので、感動もし、驚嘆もしました

そして何度もこのブログを読みましたが
私の周りには怖いことは、何一つも起こってはいません

私には、このような世界もあるのだという認識だけです。ただ、こわい話は大好き、なんです。

今回の話は斎場なんですね
私の実家の近くに川向うに、昔焼き場があって
子供会でよく肝試しをしたもので
兄は、煙突の先に火の玉を見たというだけでした
(死んだ人を焼くところ:焼き場と言ってました)
その焼き場は、レンガ造りで半円の釜口という
石炭で燃やす大昔の焼き場でした
新人は、よく半焼きをしたという話を聞かされました
周りには人骨の砕いたものがたくさんあったと
記憶しているぐらいです
焼くのに8時間ぐらいかかったと思います
Posted by まーくん at 2017年07月25日 22:53
本日は夏の土用丑。元々は鰻を食べるというのではなく(実は鰻の旬は冬)、丑の日には『う』の付く食べ物を食べると良いという語呂合わせに過ぎないので、土用干しと併せて『梅干し』で満足致しました、優曇華で御座います。

旧暦が過去の物となった現代では土用といえば丑の日しか意識されませんが、本来は中国由来の陰陽五行説に基づき節分と同じく四季の端境に在る18日程の期間(土用の最終日が節分)ですので、1年の内では2ヶ月以上も土用に当たります。
また、夏の土用には土中に土公神(土を司る神)がいるとされ(春は竃、秋は井戸、冬は庭が土公神の居場所とされる)、殺生は元より土に関わる行為(土木作業・農作業・庭いじり・旅行・引越しなど)が忌まれる期間でもありました。
陰陽五行の理に則れば、土用は季節の変わり目であり、陰の気と陽の気が入れ替わる時期でもあります。そして、その陰陽の気が入れ替わる時期こそ魑魅魍魎の涌き出でる時期であり、百鬼夜行の時期でもあるのです。

という訳で、鰻から妖怪に話柄を転換してみましたところで本日はお暇させて頂きます。
ではまたいずれ……


追白
季節の変わり目には何と申しますか、昔からアタマやココロの具合の悪い方も増えますようで……
突然K様やA様に会わせろ、責任を取ってくれなどと無理無体な要求があるのも、その表れかと。
人目に触れれば触れる程、斯様な人も増えてゆくというのは、避けられない事とはいえ残念です。
尤も会えるものなら会いたいという気持ちは解らなくはないですが。(否、このコメント欄の方々は皆さん多かれ少なかれK様やA様に会いたいと思っているとは思います。御二方とも非常に魅力的ですからね)

どうかK様はじめ細田塗料の皆様におかれましてはそのような輩には重々お気を付けなされました上で、多くの読者の活力の源であります『怖くない話』を続けていかれます事を御願い申し上げます。
Posted by 優曇華 at 2017年07月25日 23:02
こんばんは。昨日の怖くない話のK さんのお話と今日のお話、よくわかりました。誰かわからない人からのクレーム?電話。K さん、こういうときこそ本当にしっかりと対応してくださいよ。違った意味でストーカーとか変な霊が憑依してる相手かもしれないし……
会社の電話は相手からの電話番号が表示できる機能にしてありますか?
個人情報なんて簡単に手に入る時代、家族の安全も考慮してくださいよ!!
なんか、私の楽しみを日課を奪いそうな相手だからムカつくわ。
Posted by いなばっち at 2017年07月25日 23:05
Kさんこんばんは

 弟が仕事の関係で葬儀場に出入りしていたことがあるのですが、やはりそういった現場では怪談話が多いそうですね。職員の方からいろいろ話を聞いたと言っていました(私には詳しく教えてくれませんでしたが……)。

 金沢はここ数日大雨警報が出ずっぱりですが、Kさんもお仕事で外出される際はお気をつけて!
Posted by 信一 at 2017年07月25日 23:11
K様、

今日もアップありがとうございます。楽しく読ませて頂きました。いろんな方がいて、嫌な思いをする事ありますね。その事に関して私は何う立場ではないのですが、私の場合はこのブログで日常の辛さや悩みを和らげて頂いています。狭くなってしまった私の日常とは違う世界を紹介頂き、世界が広くなった感じが致します。

ぜひこれからマイペースで続けて頂ければと思います。楽しみにさせて頂きます。
Posted by pata at 2017年07月25日 23:37
こんばんは‼

Kさんは、本当にいろんな体験をされているのですね!

そして周りの方々もすごい経験の方ばかり!

類は友を呼ぶ?!(笑)


私は何故か動物の霊を良く見ます。

人間もたまに見ますが、見ている時は全く怖い感情はなく、夢か現実かあやふやな感覚です。
不思議な世界ですよね。
Posted by りん at 2017年07月26日 00:08
こんばんは、ブログを開いて更新されてると忙しくても優先させて読んでしまいます。そんな魅力がKさまのお話にはあります(o^^o)

電話の件は残念な出来事ですね。
仕事の場所が割れてるだけに頼る人も出て来るのではと思ってましたが、人気が出ると悪い人が寄ってきてしまうのも嫌なあるあるですね…。
私も職場に無関係なストーカー電話を受け続け、みんなに迷惑を掛けてるとストレスになって辞めたことが2度あります。職場の人はみんないい人で気にしなくていいと言ってくれてもやはり気になるもので(^^;
うち1人の迷惑電話は旦那の母親という(笑)現在多少関係が緩和されましたが私は入籍後一度も顔を合わせてません。
生きてる人間って言うのが本当に厄介なものですよ。しかも電話かけてる本人は自分が被害者だと思い込んでるものだからタチが悪い。
脅迫じみた電話みたいですがその後なにもない事を願いたいですね…。
お疲れ様です!

更新ありがとうございます(*^^*)また楽しみにしてますね!
Posted by ひなた at 2017年07月26日 01:00
内容を読む前にコメントしました(笑)
こないだの投稿でブログに珍しくこのブログには誹謗中傷がなく…!って喜んでいたのに。。と、Kさんの心情を心配してます。
いやいや、なら読まなくて良くね?(笑)
書いてる以上〜!と言うのなら、霊障にあってる以上読まなくてイイでしょwwww
前置きを見てイライラしました(笑)
会ってどうするの!?自己責任ってずっと書いていたのに何をしてるの!?
自己責任も取れない大人が、このブログを読む必要はない!!!!!!!
大人になってください!!!!
Kさん!!気にしないでね!!?
ここにいる人たちはみんな楽しみに読んでいます!!
自己責任も取れない人は気にしないでください^_^
Aさんに頼んで強力な悪霊をその人に派遣してあげたらいいのに。。笑
Posted by mana at 2017年07月26日 01:04
K様

5月から海外の転勤となり、右も左もわからないなか、空いた時間にこのブログを読むのが楽しみになり、
一時帰国した今も読ませてもらっております

また月末からは海外で、そのときも是非楽しませていただきたくコメントさせていただきました

これからも応援しております!
Posted by KL at 2017年07月26日 01:09
K 様
久しぶりにコメントします。
ぼんたん様のおっしゃる通り生きている人間の方が霊よりも怖いですよね。
「責任」と言う言葉を使う以上、読ませて頂いている者は自己責任で読むべきであると思います。
色々なコメントを拝読していると、K様を悪く言っている方は見受けられません。 当然ですよね。
K様のブログを読まれている方々の多くが常識人で良かったです。
これもK様のご人徳でしょうか? お会いしたことはございませんが、お人柄が目に浮かびます。
これからもお身体に障りなのない範囲で頑張って下さい。
応援してます。
Posted by ふかひれてい at 2017年07月26日 01:47
K様

本業(お仕事)のかたわら最近はより一層忙しくなってしまったのではないでしょうか?頭の中の大半を占めてプレッシャーになっていませんでしょうか?
新しいお話がアップされているととても嬉しいですが、ご無理のないペースで続けてくださいね(^^)
このブログが注目されることによってお会社の業績があがることを切にお祈り致します!

冒頭のお話ですが、そもそもK様が言うまでもなく、自分から情報の取捨選択をすべきで自己責任以外の何でもないと思います。が、
もしお電話してきた方が本当にお困りだとしたら可哀想ですね。K様はいつも仰っているように細心の注意を払われているようですので、何か他に原因があるのではないでしょうかね。
しかしながら!お願いですのでお会社やK様にご迷惑をかけるような手段はなさいませんように。。


優曇華様

土用の丑の日のお話、大変勉強になります。
無知ながらもやはり余り物の鰻はいただきました!
(我が家は日本料理屋です)
”う”なら何でもよかったんですね…!

中西様

先日はお返事をくださいましてありがとうございました。
とても感激いたしました。
私の曽祖母(!)も今94歳でだいぶ足腰が弱くなってしまったように思いますが、もっと沢山お話ししたいのでいつまでも元気でいてほしいです。
天国のお父様もきっとお母様にご孝行されていらっしゃる中西様のこと嬉しく思われているのではないでしょうか。
中西様がとても素敵な方なのだろうなと文面から容易く想像させられます(^^)

へゼル様

連日のコメントを拝見する限り、へゼル様は嫌なことを書かれていないのになと心配しておりました。
私も皆様のコメントに癒されたり、クスりとさせていただいたり楽しみにしておりますのでへゼル様もまた復活されてくださいね〜(´∀`*)

つぼみ様

夏休みはやっぱり7月のうちが心地よいですよね。お盆を過ぎるとあれよあれよと新学期へのカウントダウン。毎年懲りずになかなか宿題にとりかからない…学生の頃の私です!まぁたいてい誰もがそうですよね?
いつも可愛らしいコメントに癒されています(´▽` *)
楽しい夏休みをお過ごしくださいね♪
Posted by ぴょんうさぎ at 2017年07月26日 05:47
おはようございます!

私はほぼ毎週出張で、家にいるよりホテルです。
もちろんこのブログを読み始めてからも変わらない生活してます。

いろんなホテルで何時にこのブログを読もうが→異変なし。
お風呂で長居しながら読もうが→異変なし。
ちなみに職業柄色んな病院(ほとんど大きい病院)に出入りしようが→異変なし。
病院で夜遅くに仕事を終え、廊下の電気が消され霊安室のある地下まで部屋のカギを返却しに行こうが→異変なし。

な~にもないのでご安心を(?)。笑

個人的に気になるのはパフェの種類!!
A様とのからみの最後にパフェのくだりが出てくるたびに
何のパフェなのか。。
私は基本中の基本のチョコバナナが大好きです!!
11月に健診があるので控えたいところ。。

ブログの更新を楽しみにしてますが、K様の健康あってこそ!
無理せず、気楽に、時間つぶし程度に更新お願いします♪
Posted by ななた at 2017年07月26日 07:06
いつもありがとうございます。
私は斎場にはこの年でまだ一度も行ったことがないのですが、
今後、行く機会があった時には、今回のお話しを思い出すんでしょうね・・・。

毎日、先頭に書かれているKさんのお話しがほのぼのしていて大好きです。
今日は、Kさんのやさしさと脆さ?を感じました。
電話の相手ですが、自身の名も住所も最初に名乗らないのですから、
その時点でアウト。「あなたの言う事は一切信頼出来ません。」
という事で終了にできればいいんですけどね。。
会社としてもこんな電話は今まで無かったでしょうから、困ってしまいますね。
今回の記載で抑止力になればいいですが、
どなたかが書かれたように、生きている人間が一番怖い。
とは言え、霊魂が宿っている身ですから、
Aさんはその方がどんな方かわかるかもしれませんね。
(Kさんの話しは生きている人間より怖いですけどw)

ネットの事はAさんに内緒でしょうから悩みますね。
単にブログ辞めればいい。なんて悲しい事を思わないで欲しいなあと。
多くのオカルトファン、そして、Kさんファンが泣きます。
少なくとも武道館で卒業怖くない話しをして頂かないと!!
有名になれば、妬みとかの感情を持つ人も現れますよ。
Kさんは稲●淳●の怖い話を余裕で越えていますし、
失礼ながら、Kさんの周りは、ちゃんとキャラもそろっていて、
映画になってもおかしくないんですから。
Kさんなら映画監督も出来るでしょうし。
電話の相手は子供(考えが幼い大人)か案外身近な方か、
もしかすると・・・、また、怖くない話し。につながる感じのものだったりして。
私が過去に、もしかすると、霊障になったら助けて頂く事があるかも。
なんて書いた事がヒントになってたら申し訳ありません。
あれは本当に怖い話しをされたら。という事で冗談半分で書いたんですが、
私としては、ネットを生業にして生きている人間なので、
このようにKさんに意思を伝える事ができるだけで、
既に会っているも同然なんですけどね・・・。
Posted by ひで at 2017年07月26日 07:18
コメントしない日もしてる日も
朝なり夜なりいつも読ませて
いただいております
わあ怖いもあれば、ええ話やと
ほこっとしたりと楽しいです

確かにここは会社のブログかもしれない
でも、上から何も言ってこないなら
それでいいじゃない、会社公認なんだ
たぶん………
電話かけてきた人は、電話の仕方を
知らないかわいそうな人ですね
名乗る確認する用件を伝える理由も言う
ただ不満ばかりを言うのはおかしいです
まず、Kさんのブログは障りがないと
ことわっているので、
ないものはばいのだから、相手の人の
思い込みがありますし
そもそも思い込みで周りをかきまわす
そんな性質の人なんでしょうね
残念なことです

今回の話は、やっぱり斎場には
たくさんの方がいるのだなあ
きっと待合い時間のまかないや
飲み物を気づかないうちに
一緒に食べて、一緒に腹一杯会話して
逆に見送ってくれてるのかな
なーんて思いました
霊も人も礼儀は要るものってことですな
Posted by ろくがつ at 2017年07月26日 08:09
こんにちは。昨日は突然のコメントで大変失礼致しました。
本日の前文を拝読して、社内でそのような大変な事象が起こっていた事を知りました。K様は社名を晒してこのブログを書いているのに匿名で騒ぎ立てるのはフェアじゃないですね。読んでいて怒りがこみ上げてきました。
そのような事情を斟酌せずにコメントしてしまい申し訳無く思っています。ただ、私としても感情に任せて書き綴ったのではなく、思慮を巡らせてコメントさせて頂いた事をご理解頂ければと思います。ファンとして筆者に苦言を呈する事に逡巡しました。
ただ、中西様始め(中西様、私のコメントに対して貴重なお時間を消費させてしまい申し訳御座いません)こちらにコメントをされている皆様は、私の拙いコメントに対して激しい嫌悪感を示す事なく1つの意見として容認頂けて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
今後はまたロム専に戻り、K様のいちファンとして怖くない話を楽しませて頂きたいと思います。私は言うのも憚りますが、このような事があっても今後も怖くない話を是非とも続けて頂ければと思っております。それでは。長々と失礼致しました。
Posted by アルテイシア at 2017年07月26日 08:36
わ。書き込み、ラスト間違えました。
今日も1日頑張ってください!
が、正しいです、失礼しました。
Posted by きなこもち at 2017年07月26日 08:46
K様

K様の冒頭の困った出来事を知り、また、コメントを楽しみにしてらっしゃるとも知り、私もコメントを書こうと思ったらすでに沢山のコメントが、このブログを読む方々のK様への思いの深さを感じとったにゃんだーでした。

私は怖がりなので、私の傍らにはいつもにゃんこがいる。というか、猫が私の後を勝手についてきて、寝るときも一緒。そのせいか怖い夢も見ないし、怖い思いも今まで一度もしてません。大丈夫です。

私の住まいの周りは、老人ホーム、病院、斎場、霊園、全てそろってます。

たまに広い霊園をお散歩すると、地元で取れる野菜売り場に人が賑わってたり、ウォーキングやマラソンするひと、レジャーシート広げてお弁当食べるひと、さまざまなひとたちを見かけます。
なかには、そこに混ざってあの世の方もいらっしゃるかも知れませんが、なんかほのぼのとした風景でこれぞ共存なのかなぁと思います。もちろん、夜には決して訪れない場所ですが…

これからもK様の怖くない話、楽しみにしてますね
       にゃんだーより
Posted by にゃんだー at 2017年07月26日 10:15
はるた→TO様。拝借いたします毎度すみません。

m(- -m)~何か用かい(妖怪)?

正体明瞭、生態不明瞭

と言われておりますワタクシ・・・フフッ。
Posted by はるた夏雲 at 2017年07月26日 10:28
K様

はじめてコメントさせていただきます。
会社に名指しでのお電話があったとのこと、
心中お察しいたします。

「読むのは自己責任」の言葉のなかには、
誹謗中傷しないこと、直接連絡しないことなど、
色々なマナーやルールが含まれていると思って読んでいたのですが、
思い込みの激しい方には通じなかったのですね。

あくまで読み物であり、
しかもこんなに多くの話を金銭も絡まず(はしたない)、
K様自身が害のない話と断言している以上、
怖がりながら楽しんでの拝読が一番と感じました。

これからも怖くない話、楽しみにしています。

追伸
私の出身地域では、火葬の煙は故人の家の方に流れる、
といわれています。故人は風にのり家に帰り、残された人を
暖かく見守ってくれる、と母から教わりました。
しかしながら、私は火葬場では参列者の下回りが多く
本当に家の方向なのかを確かめることは出来てないです。
Posted by ぽりこ at 2017年07月26日 10:42
ずっと読ませていただいていますが初めてコメントします。何度かコメントしたい衝動にかられましたが皆様のような気のきいた文章は書けないと尻込みしておりました。
今日はK様の前書きの言葉に後押しされてコメントする力がわきました!
いつもK様の怖くない話、そしてコメント欄の温かいお人柄の方々のお話を大変楽しく読ませていただいてます。
このたび会社にそんな電話があったとは心苦しい思いをされてると思います。
微力ではありますが、私もいつも応援しているということをお伝えしたいのですがうまく書けなくてすみません。
お体に気をつけてご無理されませんように願っております!
下手な文章で失礼いたしました。
Posted by 人見知り at 2017年07月26日 11:07
K様こんにちは!

中にはひどい方もいるんですね。
名前も名乗らず連絡先を教えろって。。

私はコメントを書くのはつい最近からですが、
それ以前から怖くない話と共に、コメント欄も楽しく読ませて頂いていました。

コメントを書かれている方はどなたも素敵で面白い方達ばかりで、
私は読むだけ!
と思っていたのですが、我慢できずに私もコメントを書かせて頂くようになりました(笑)
一部の非常識な方に負けないようにがんばってください!

K様のお話は、『怖面白い』という新しいジャンルのような気がします(^^)
どうかこれからも無理をせず怖くない話をお聞かせ頂ければ幸いです。

K様の怖くない話の一ファンより。
Posted by まってぃん at 2017年07月26日 13:52
いつもお疲れ様です。
ホント…霊よりも怖いのは人間なんですねぇ…
読むも読まないも自由だと言うのに…
私はKさんのお話好きですよ。
怖いなぁ…ってドキドキしてる合間の誤字とかでプッって和んだり♪
気にしないで…とも言いにくいですが、Kさんのペースでこれからも頑張って下さいね♪
Posted by JUNK at 2017年07月26日 16:09
K様、こんにちは!

日常に支障をもたらす者に対しては、法的な力も含め対処していくしかないですかね。K様が何かと配慮されていても、知ってか知らずか勝手に読んでおいて難癖つけてくるというのは普通ではないと思います。

→ヘゼル様
この場をお借りしまして、前回の妖怪の回でもし私の発言で嫌な思いをされてしまったのなら、ごめんなさい。言葉足らずでした。ヘゼル様のコメントに対しての発言ではありませんので。不快に感じることは一切ありませんでした。
もし私の思い過ごしでしたら、なんでもありません^_^
ヘゼル様のコメント、楽しみにしております。

ヘゼル様に限らず、常連様方のコメントもいつも楽しみにしております♪
Posted by 千葉県ON11 at 2017年07月26日 16:12
あ、先にここの最新から読めばよかった(笑)
昨日の記事を読んでコメントしてから来たら、解決してた(笑)

もしかしら認証してないままのKさんへの誹謗コメントがあったり?と書きましたが、
ここが大きくなるにつれ、100%理不尽な輩(客)がくるのは、営業接客してたら分かってたので、当初から心配はしてました。
電話だったんですね。
私が会社の看板を背負ってるKさんだからこそ、ここの話も実話だと信じたという気持ちの逆の見方で、
会社の名前を出してるからこそ言いがかりをつけてやろう、ですね。

まったく気にする事はない!クレーマー処理の能力アップといきますか!ガハハぐらい、まともに受ける必要はありませんよ(笑)責任を取れと言うなら、起きてる霊障を見せてみやがれ!
それはアンタの老化現象だよ!
本当の霊障を見せてやろーかぁ(邪笑)

ぐらい仕事でも言えたらスッキリしますよね~

本当に、良識な判断が本当に通じないクレーマーは、世の中存在するんで。

どーやって生きてきて、何食ってたらそんな神経になるんだっ!てね(笑)

斎場は以前も1度コメントに書かせて頂きましたが、1晩祖母安置で私1人起きてたんですね。。。
なんか、囲まれてたのかなぁ~まったく分からなかったなぁ~(笑汗)
Posted by メチャ✩ at 2017年07月26日 17:29
たださ、霊っていうのわさ、←と2回目のコメントなのに友達のようにサラッと始まる

相手が喜んでくれるなら、とじゃー話し相手にでもなってあげよーかねと思ったとしても、今度は気に入ると連れて行こうとするのもいるから、
たまったもんじゃないんですよねぇ。って事はやはり無視なんですね。

見えもしないくせに、話し相手前提で述べてみる。これが言いたくて来ただけ。
じゃ(笑)
Posted by メチャ✩ at 2017年07月26日 17:56
初めてコメントさせてもらいます
いつも今日は更新されてるか確認しにやってきて読ませてもらってます
自分はたまにある霊が関わる感動する話がとても好きです
この前のお父さんの話では泣きそうになってしました…
ここまで話がつきないのも驚きですが
ここまできたらやめないで欲しいです
これからも楽しみに読ませてもらいます!
Posted by 普通の高校生 at 2017年07月26日 18:38
いつも楽しく読ませていただいております。自分の名前が大阪けろただったか大阪ケロタだったかコメントをしないと忘れますね(笑)いろいろ大変でしょうが1ファンとしましては更新を楽しみにしております。名前が紛らわしいので今後はブログネームの剣先イカ太郎でコメントさせていただきます。
Posted by 大阪けろた at 2017年07月26日 19:05
昼寝に精を出していた間になんという災難
直接接点を取った暁には、AさんにブログがバレてKさんが凹られてしまう

近影、楽しみにしてます
Posted by ガラケーちゃん at 2017年07月26日 19:15
いつも楽しく読ませていただいております。長いことコメントしないと大阪ケロタか大阪けろただったか忘れますね。今後は紛らわしいのでブログネームの剣先イカ太郎でコメントさせていただきます。こんな読みやすい怪談話は無いのでいろいろおありかと思いますがそれ以上にファンもいますので引き続きよろしくお願いします。1回コメントしたつもりですが(笑)へんなタッチで送れてなかったらダメなんでも一回コメします。
Posted by 大阪ケロタ at 2017年07月26日 19:15
いつも楽しみにしてます。クレーマーな人間はどこにもいます。気にしないようにしてくださいね。私も母も斎場では不思議な体験をしていますがはっきりとは見たことがないので興味深いです。
Posted by 麻里奈 at 2017年07月26日 19:52
K様 はじめまして。 
ヨーロッパのダブリンよりいつも楽しみに読ませて頂いています。
最初にこのブログを見つけたときは、怖い話大好きの友人に教えてあげよう、と読み始めたのですが、私の方がはまってしまいすっかり愛読者になっています。 

K様のブログを見つけた当初は一気に何十話も読んでしまい、さすがに夜寝るときに怖くなったり嫌な気配を感じたりもしましたが、ブログによる霊障ではなく、読んでるうちにそうゆうたぐいのものを引き寄せてしまっただけのようでした。 苦情があった方もそのことに気付いて下さるといいですね。 
K様のお話はただ怖いというのではなく、ほのぼのするお話や考えさせられるお話も多い上、文章も読みやすくユーモアもあるので、私はすっかり’楽しい読み物’として読ませて頂いています。

これからも身体に気をつけながら続けて下さいね。 遠くヨーロッパから応援しています! 

PS ちなみに私の故郷では’牛鬼祭り’があるほど牛鬼の存在は身近なものでしたが、由来は全く知らず、K様のお話を読んでこうゆうことだったのかも?!と驚きました。今度、地元の人に聞いてみたいと思っています。
Posted by ケルト at 2017年07月26日 19:53
シャイなものですのでずっとROM専のつもりでしたが、我慢出来ず初コメさせていただきます。
K様の怖くない話をいつも楽しみに来させていただいております。
私自身は全く霊感が無く、その類のものは1度も見たことがないので、自分の知らない世界を見れているようでとてもドキドキしながら読ませていただいています。怖い話大好きなのでもはや日課です。もちろん、K様も度々言われているので当然ですが、このブログを読んでいて何が起こったことも1度もありません。

K様の前置きを読んでいると、とても読者の方を大切にされているなと感じます。また、読者の方々のコメントを見ても皆様とても心温かい方ばかりで、双方の思いやりの心に胸が暖かくなります。
もはや私の中では、K様のブログは怖くない話だけでなく、暖かなコミュニケーションを感じることの出来る特別な場所です。ですから、心無い人にこの環境を壊されてしまうようなことがあってほしくないと強く願います。もちろんこの会社の方々の迷惑になるようなことが起こるのは以ての外です。K様が悪くなくても、責任を問われてしまうようなことがあったらと思うと心苦しいです。皆様同様、このブログがもっと長く続くことを私も心から願っています。

そういえば、本絶対買わせていただきます!とても楽しみです。発刊まで大変だとは思いますが、無理せず身体を大事になさって下さいね。

長くなりました(笑)失礼いたしました…!
Posted by まめぶた at 2017年07月26日 20:09
K様本当にご災難のことです。
自分で責任が取れず、他人に押し付ける、イイ歳しても未だに子供な方が昨今増えた様です。しかもどこを攻撃すれば相手に最もダメージを与えられるかという、ピンポイント攻撃。悪知恵だけは立派な大人かな?本当はKさん、Aさんという有名人に会いたかっただけでは?

さて、田舎の火葬場で昔の思い出があります。
40年前、山形県の親の実家で葬儀がありました。村の焼き場までは親族一同、野辺送りをして、焼かれている間、隣室の茶の間で故人を偲びながら過ごしていました。小学生の自分は、幽霊には会いませんでしたが、裏に回って係員と焼かれる炎を見ていた覚えがあります。人間って最後はみんなこうやって灰になるのかと、思いました。

今日も多くの方がこのブログを読んでいます。頑張れとは言いません。なにとぞお体には気をつけて。
Posted by コアラのマーチ at 2017年07月26日 21:16
Kさん皆さん、こんばんは〜。

いつも怖くない話と皆さんのコメントを楽し〜く読ませて頂いてます!


話はちょっと違うかもしれませんが職場に毎日 陰で嫌がらせをしてくるストーカーのような女性がいました。8ヶ月ほど嫌がらせが続いたあたりで相手に苦情を言ったら、とぼけてきたので
「あなた 嫌がらせ以外に人生に楽しみはないのか。」
・・・と言ったらやっと黙りました。

会社に電話をかけてきた相手に同じセリフをもういちど言ってもいいですか(泣)そんな心境です。好きでそんなセリフ言いたくないんだけどな。


この暑さですから体調には気をつけてくださいね。

では。
Posted by 武ポンヌ at 2017年07月26日 21:33
今回は私もコメントしようと思ったらもうすでにたくさんの方がコメントしてあってびっくりしました!
温かい場ですね~(*´ω`*)
私はコメントはたまにですが、毎日アクセスして読ませていただいてますよ♪
たまにUPされてるのを確認した後まとめ読みしますが。

霊も人も共存できるのが一番ですね(*´ω`*)
とはいっても、なかなかうまくいかないことも多いですし、だからうまくいくことが(共存できることが)とても素敵なんだと思います(^^*
わかりにくかったらすみません。
なんせ感覚で掴むことが多いもので…

これからも楽しみにしてます(*´∀`)
Posted by アリス at 2017年07月26日 21:57
ほのぼのとして読んでいても心地の良いサイトで、更新がいつも待ち遠しいです。最近Aさんの記事が多いなぁと思ってましたが(読んでで、痛快ですごく楽しいです)。憧れるとか会ってみたいなコメントを見て、少し心配はしてました。昼間、事務所に男性の方はいるのでしょうか?Aさんの魅力(魔力?)で、変な問い合わせがないといいですね。
Posted by ポン太 at 2017年07月26日 23:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count