2017年07月29日

町の美化委員

サインディスプレイ部  営業のKです。

今夜は金沢で花火がありました。

ちょうど、私の部屋からスッキリと見えるので、

毎年、自室での鑑賞になってます(笑)

うちの妻と娘は、家の近くにある駐車場に

陣取って、ファミチキとアイスを食べながらの

花火鑑賞だったようですが(笑)

今夜の私は片町に飲みに行きたいところを

我慢して、自宅でライブ用の新曲のデモを

作ってます。

それにしても、お腹が空いた~

吉野家の牛丼が食べたいけど、この時間だしな~

と言いつつ、結局は買いに行くんですけどね(笑)

あっ、それとコメント欄に、前回の髪の長い女の話に

出てきた小学生の女の子が、成長すると、姫に

なるのでは?という推測をされておられましたが、

全くの別人ですね。はい。

その娘さんは、まだ中学にあがっていないと思います。

姫、は本当に別格というか、奇跡の存在ですので。

うまく説明出来ませんが・・・・。

期待された方、ごめんなさい。

それでは、怖くない話、いってみましょう!

というか、今夜はアップするつもりは無かった

のですが、なんとなく・・・・。

短くて、本当に怖くない話ですが・・・。

それでは、どうぞ~!



これは俺の体験談である。

俺の住む町には、かなり多くの班が存在しており、数年に一度、班長という

役目が回ってくる。

実は本来なら、数十年に1度回ってくるはずなのだが、最近は、仕事や家庭の

事情を理由に、班長になるのを断る人が多くなっている為である。

確かに面倒くさい班長など誰もやりたいはずもないのだが・・・・。

町会費の集金や、ゴミの番など、やりたくない事のオンパレードであり、出来る事なら

俺も辞退したいと思うのだが、やはり、それでも我慢してやるのが当たり前だと思い

数年に1度回ってくる班長という仕事を受け入れている。

しかし、過去には、とんでもなく凄い人が居た。

その方は、元々市役所に勤めていたらしいのだが、定年退職になってからは、町会の

雑用を快く引き受けるようになった。

班長はもとより、人の嫌がるような仕事を率先してやってくれた。

市の職員だった頃は、市民の皆さんのお陰で生活できていたのだから、退職後は

そのお返しがしたいというのが、その理由だったようである。

最初、俺はその男性が苦手だった。

とにかく規則に煩く、その真面目さ、几帳面さも鼻についた。

だから、よくゴミ出しの時なども、その男性の姿を見ると憂鬱になった。

その男性は、誰もやりたがらない美化委員という役目を引き受けていた。

美化委員とは、要は、一年中、ゴミの収集がある日には、朝6時頃から、

ゴミ置き場に出向き、きちんとゴミが分別されているか?、違法なゴミがだされて

いないか?等を監視する役目になる。

それも、月曜から金曜まで毎日である。

そして、その役目故に、ゴミを出しに来た住人とトラブルになる事も日常茶飯事

だった。

勿論、いい加減な状態でゴミを持ってきた住民が悪いのだが、毅然とした態度で

厳しく対応するその男性を恨んでいた者もいるのかもしれない。

そういう俺も何度かトラブルになったことがある。

ちょうどその当時、俺の妻は病気の為に病院に入院していた。

そして、俺はと言えば、仕事のストレスからパニック障害になってしまい、1人で

歩いて外出する事が出来なくなっていた。

完治した今は、自分でも、何故?と思ってしまうが、その当時は本当に外に出るのが

怖かったのである。

だから、大丈夫かな?と思いながらも、俺は車にゴミを積み、ゴミ置き場まで

行った。

そして、それが当然、その男性の目にも止まる。

どうして、こんな狭い場所にわざわざ車で来るんですか?

他の皆さんのご迷惑になるのが分からないんですか?

そう言われ、言葉を返せなかった俺。

その時はなんとかゴミを出させてもらったのだが、その日以来、ゴミ出しに

いけなくなってしまった。

そして、何度かのゴミ出しの日が過ぎたある日の朝、突然、玄関のチャイムが

鳴った。

慌てて玄関を開けると、そこには、その男性が立っていた。

そして、笑いかけながら、

ごめんなさいね。貴方の病気の事を知らなかったので・・・・。

あの・・・ゴミ、溜まってるんじゃないですか?

私が運びますから、大丈夫ですよ!

と言ってくれた。

そして、

これからは朝に玄関の前までゴミを出してくれれば、私がゴミ置き場まで

運ばせてもらいますから、安心してくださいね。

と優しく言ってくれた。

そして、それから1度だけ、家の前までゴミを出しておいたのだが、出勤の時には

そのゴミはもう無くなっていた。

彼は、それまで、その男性は、ただ頭の固い生真面目過ぎる男だと思っていた

のだが、それ以来、その男性への苦手意識は完全に消えてしまった。

そして、ゴミ置き場に行くと、その男性と会える、と思うと何故か気持ちが楽になり、

歩いてゴミ置き場までゴミを出しに行ける様になった。

そして、俺がゴミを出しに行くと、いつも心配そうな顔で

大丈夫ですか?

無理はしないでくださいね!

と優しく声を掛けてくれた。

その後は、町の中でバッタリ会ったりすると、それなりに世間話までするようになった。

そして、うちの娘の頭を撫でながら、優しく話しかけるその男性を見ていると、

本当は凄く優しい方なんだな、と実感した。

しかし、そんな良い人ほど速くなくなってしまうもので、70歳になる前に、その男性は

亡くなってしまう。

俺はとてもショックであり、凄く残念に思った。

あんなに良い人が・・・・。

しかし、それを証明するかのように、その男性の葬儀には、本当に沢山の方が

弔問に訪れていたのが、嬉しかった。

そして、その男性が亡くなられてからも、俺にはその男性が見えている。

生前と同じく、毎朝、ゴミ置き場に立ち、あまりに酷いゴミの出し方をする

人に対しては、出したゴミ袋をそのまま投げ返す事もあった。

そして、小学生の登下校時には、必ず、ニコニコと笑い、道路に立って

見守っている。

そして、夜は、また住民に危険がないかと、町内を見回っている姿を目撃する。

死んだ後くらい、のんびりすれば良いのに、と思うのだが、その男性の

幸せそうな顔を見ていると、余計なお世話かと思ってしまう。

そして、最近は、よく片町で飲み、タクシーを降りると、いつもその男性の姿を

発見してしまう。

ニコニコと笑い、会釈をしてくれる。

そして、昼間は昼間でその男性とすれ違う時には、お互いににっこり笑って

お辞儀をするようになった。

最初は、姿が見えている事に驚いているようだったが、最近は、照れくさそうに

ニッコリ笑ってくれる。

その男性がずっとニッコリ笑っていられるような町会でいられるように、

頑張らないと、と思ってみたりする。


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:54│Comments(25)
この記事へのコメント
こんばんは

素敵なお話ですね、少しうるってきました
死んでからも見守ってくれているなんて尊敬するし、そんな霊なら会いたいですね
ありがとうって言いたいです
怖くないといいつつ怖いなと思う話も好きですが、こういう感動話も大好きです
世の中捨てたもんじゃないなと思います(^_^)
Posted by ゆず飛 at 2017年07月29日 22:19
Kさんこんばんは!花火大会の季節ですね。自宅から見えるのはいいですよね。ちなみにうちも港祭りの花火がソファに座りながら見えます!
٩(ˊᗜˋ*)و
どこの地区にもあり得る話ですよね
住みやすい場所にするには、嫌な役割をしてる人がいるんですよね。なかなか出来ませんよね‥
Kさんパニック障害だったんですね
真面目な人が頑張り過ぎて、限界超えてパンクしちゃうんですよね‥周りに理解してもらいにくい、病ですもんね。抜け出せて良かったです。

その男性も聞いてからの心遣い、亡くなってからも街を守りKさんとの交流、とてもほっこりしました。
本日も連続投稿ありがとうございます。よい週末を(*ᵕᴗᵕ)⁾⁾
Posted by tomoaaa24 at 2017年07月29日 22:22
Kさん

こんばんは。

パニック障害を経験されてたとは…暫し言葉を失いました。
ご苦労されてらっしゃるのですね…。

とても素敵なお話で胸にしみいりました。ありがとうごさいます。
(o^^o)
Posted by 武ポンヌ at 2017年07月29日 22:24
こんばんは。

やさしさと厳しさを持った方だったんですね
いい人は早く亡くなるといいますが
Kさんは、身近にいつもお会いできますから
心休まりますね

でも、死んでもこの世にいてもいいでしょうか?
生きている者たちがだらしがないから、心配で仕方ないのかもしれませんが、、、

Kさんが頑張らないと、という気持ちになるのもわかります
Posted by まーくん at 2017年07月29日 22:27
Kさん、こんばんは
本日のアップ、ありがとうございます!

素敵な方だったんですね、思わず会ってみたくなるなあ。
その方が見回って下さってる町内は、安心で優しいんでしょうね。
でもやっぱり長生きしてほしかったですね。

会社に電話かけてきた人から、以降連絡がないようで、良かったです。
気になっていたら、翌日のアップでKさん、元気になったようでホントに良かった!これからも電話無いことを祈ってます。(でももし電話来たら、録音しておいたほうがいいですよ、色々と証拠になるから。)

Kさんが元気になったのは、いいんですが、私は上司に夏風邪をうつされ、この1週間、喉痛いわ、熱高いわ、なのに会社休めない…節々痛いわ…に苦しんでました。声枯れて出ないし、もー散々。

上司はケロリと治ってやがって、おっと。治ってました。
その晴れ晴れとした顔ったら。
…こーゆーとき、呪いたいわー。お前のせいだぞ、と物騒な気分になりました。風邪の完治には、まだまだかかりそうです…うわーん。
Posted by きなこもち at 2017年07月29日 22:32
初めてコメントさせていただきます。
怖がりなのに怖い話が大好きなので、Kさんのこのブログを拝見するのを楽しみに、毎日頑張っています❗️

いい人が早く亡くなるって、やっぱり何か理由があるのですかね⁉️
でも、いい人は亡くなってもやっぱりいい人なんだなぁ~って、何か心がホッコリしました。

先日、先輩が事故で亡くなったのですが、やっぱりその先輩もみんなから「何でこんないい人が…」って言われる人でした。その先輩も、この美化委員をやってくれてた人みたいに、生きてたとき同じ様にしてるのかなぁ…って思ったら、少し寂しさが紛れました(^^)
霊が見えるKさんが、何時もの話なら遠慮したいけど(笑)今回のお話に限っては羨ましく思えました。
うちも、幽霊でもいいからもう一度先輩の姿が見れたらな~って思っちゃいました。

まだまだ暑い日が続きますので、お体には気をつけてくださいね。
怖くない話がアップされるのを、毎日楽しみにしてますね‼️
Posted by KIN at 2017年07月29日 22:36
まったく怖くない話ですけど良いお話ですね笑
Posted by カルビー at 2017年07月29日 22:42
こんばんわK様。連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。m(__)m

寝る前に温かいお話ありがとうございます。
仕事で今日は人間不信になっていたので、このお話を読んで心が落ち着きました。
素敵なお爺様ですね。常連客の金投げ爺さんとはえらい違いですよ。
魅力のある方には、永生きして貰いたいのに。
でも亡くなっても、地域の為に働いているなんて、ゆっくり休んで欲しいですね。職場の近くにも、こんな素敵なお爺様が居たらなぁ。駄目ですね愚痴っては。

K様、いつも素敵なお話をありがとうございます。すごーく助けて貰っております。そして奥様&お嬢様、ファミチキお買い上げありがとうございます。海老フライも宜しくね。ではまた

おやすミッキーマウス。
Posted by ミニ子 at 2017年07月29日 22:48
K様

花火がお家から見えるなんて素敵ですね!
私も育った家は鎌倉の花火が目の前で見られる特等席のような場所でした(^o^)
今は結婚して都内に住んでおりますが、東京は今日隅田川の花火大会だったようです。
私はせっせと働いておりました。
明日はお休みです♡

今回もじんわりほっこり素敵なお話ありがとうございました(*^^*)
Posted by ぴょんうさぎ at 2017年07月29日 22:55
今日のは鳥肌ものでした。似てるような似てないような体験談をひとつ。

丘陵地の某私鉄駅から歩いて少しのところに用事がありました。緩やかな下り坂と急な下り坂の辻の手前で、古びた住宅の塀の上に、爺さんの首さん幽霊がいて私を見てました。目があい、こんにちはと目で挨拶をして通過したのですが、隣家前にさしかかった時に振り返りましたら首爺さんは隣家との境の塀にいて私を見てました。
何か言いたげで引き反そうとしたら、少し先にある辻の急な坂道から自転車のブレーキ音と通過する姿が見えた直後に、ガシャンとぶつかる音とバカヤロー!という男性の声がしたんです。
119しなくちゃと携帯を持ち現場を見たら、すでに近くの住宅の玄関から携帯で呼んでるおばさんがいまして。
でも単独事故なんですよ、歩道との境のガードにぶつかり転倒した若い男性しかいないんです。
救急車が来たため、バカヤローという声聞いたからもうひとりいるはずなのにと話したら、おばさんがこう言いまして。
あ、あそこの爺さんかも。と指す先が首爺さんの家だったんです。私にしか見えてなかった?首爺さんは、ホッとした顔をするとすーっと消えてしまいました。
おばさんは、爺さんはここで自主的に緑のおじさんをやってて亡くなってかなりたつけど、危ない運転を注意したり、デル話はあるよと。

用事がすみ首爺さんちの前を通過したときに、助かりましたとお礼を言って帰りました。

たまたまその地域に住む方と知り合い話したのですが、今は更地になりマンションになり、引退したのか出なくなったそうなんです。

なんかその方も、解放してあげたいなぁ・・・
Posted by はるた夏雲 at 2017年07月29日 23:02
わぉ(๑>◡<๑)連日のアップ嬉しい限りです!お疲れ様でございます。
夏の風物詩の花火大会賑やかですよね~今年は東京は生憎の天気でしたが花火師さんの努力や観にきて下さったお客様への思いがあってのことか。。。無事に開催されましたよ!夜空に咲く大輪の花は見事ですねー!夏をまたぐっと感じる夜でした(*^ω^*)
町内会さん本当に頭が下がるばかりです⤵️いつも子供達に声掛け運動して頂きお祭りやら行事ごとには朝から晩まで…。有難いです!
気難しい人ほど気質が分かれば良い人だったりしますね。私の父ももう約四年会長を務めております。そう!気難しい人の代名詞!とっつきにくいし生真面目すぎてなんか損してるなぁ~なんて娘の私から見ても思うくらい。
もう地区とも呼べない過疎地と化した土地に住んでいるので70を過ぎた父が1番の若手笑笑なんて地区なんざんしょ。
でもそんな会長の仕事で1番大変なのがご葬儀なのです。
田舎ならではのお付き合いもありお知らせや御香典の管理など色々雑用が山程あるんです。父はいつも黙々と係りの仕事をこなし参列して頂いた方には深々と頭を下げ寝ずの番もしっかりと勤め上げ…そんな大役なんですがなんせ愛想がないので周りの人からは無愛想な人だと。。。
娘の私や母からはもうお断りしたら?と毎年話すのですが辞めるとは言わない父。
不思議で仕方ない!
そんなある年たまたまお盆で帰省して居た時に地区でご葬儀があったのです。
父はまた黙々と係りの仕事をこなしへとへとになり帰宅しました。
すると、夜中に玄関から声が聞こえて…父が誰かと話しているのです。
母とそっと聞いていたら。
『大丈夫ですよ。ご心配なさらずに。はい。ありがとうございます。』
暫くして父が戻り聞いたら…◯◯さんがご挨拶に来て、世話になったとお礼に来てくれたと。残して来た猫が心配なのでどうか頼むと。
無愛想な父は次の日にその猫ちゃんを引き取りに。今ではうちの愛猫ちゃんです。なんとお腹に赤ちゃんもいて今じゃ大所帯(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
よくよく話を聞くとご葬儀があるとみんな必ずお礼に来てくれると。。。
亡くなったご本人がいらっしゃるそうです。あとを頼むと言われ託されるから簡単には辞められないと…。
不器用で無愛想な父ですが私が世界で1番尊敬する父です!そして、理想の男性かも(╹◡╹)♡
田舎の町内会の不思議なお話です!
今日はほっこり怖くないお話ありがとうございました
明日父に電話しよ〜〜っと!
Posted by あまみん at 2017年07月29日 23:06
K様こんばんは
花火大会いいですね!
私の家は山に面しているので
花火は久しく見てません…笑

K様は様々な体験をしてらっしゃい
ますね、不思議な体験や怖い体験
そしてご病気も…

K様の文章から溢れる優しそうな
人格は、色々なことを経験されて
出来たのでしょうか?

今日のお話もほっこりしました。
癒しをありがとうございます!

本の作業も沢山あると思います
無理はなさらないでくださいね
Posted by へゼル at 2017年07月29日 23:20
連日の更新ありがとうございます。

花火いいですね。私の住んでいるところからは、小さな花火が家の近くから見える程度です。

亡くなってからでも、責任感からなのか、やっぱり気になってしまうんですよね。

私も、今死んでしまったら、愛犬が心配すぎて、出てきてしまいそうです。

うちの父もなくなりましたが、どこかに出てきているのでしょうか?

全く分かりませんが、たまに淋しくなって会いたくなるときがあります。

Kさん今はお身体大丈夫ですか?
私も以前病気で長いこと入院していたことがあります。大変でしたね、でも今は健康そうで何よりです。

前から悩まされている、ストーカーも今はおさまってるので、このまま平和に暮らしていきたいところです。

いつも、癒されて、前向きな気持ちにさせてくださってありがとうございます。

本楽しみにしていますね。
Posted by ぷぅ at 2017年07月29日 23:50
Kさん、こんばんは!2回目のコメントです。
ブログ読むのが毎夜寝る前の楽しみになってます。
パニック障害…私もかれこれ10年になりますが未だまだ治ってません。Kさんは治られたと言うことで本当に良かったです。
外に出れない恐怖、私も同じでした。まあ今は大丈夫ですけどね(^^)

どこにでもおられるおじ様ですよね。亡くなった今でも地域を守られてるって素敵な話でした。
これからも楽しみにしてますので、ゆるーく頑張って下さいね(^^)
Posted by モフモフ at 2017年07月30日 01:57
営業のKさん

台風の影響からか、雲の多い東京は千代田区、全体会議も終了し、墨田区の花火大会が始まる頃には福岡着・・・流石に疲れて一眠り・・・で今、目覚めて記事を読んでします。
東京に出発する朝は、野良猫モモに出会えませんでした。
昨日の夜は滅多に見る事がない夢に登場し、ジャレ合う事暫し、嬉しくもありましたが逆に気になる・・・帰宅すると「お帰りなさい」のニャ〜に安堵(笑

真面目で馬鹿正直・・・そんな表現がピッタリの我が親父・・・この記事に登場される方の様でしたよ・・・黒澤明監督映画「生きる」を、明日は観ようと・・・命短し、恋せよ乙女。

それでは、次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年07月30日 02:09
kさんこんばんは。

今日の話は心がホンワカとなるお話をありがとうです。

今日もその方は生前と変わらぬように、
頑張ってらっしゃるんでしょうね。


生きてきたように、死後も生き続ける。
自分が尊敬する過去の偉人も、
きっと毎日、しっかり死後を暮らしてるんだなあと思うと、
身の引き締まる思いがします。

良いお話をありがとうございました。
Posted by まあちん at 2017年07月30日 03:29
こんにちはKさま。
今回はほっこりしてしまいました。知ってる顔に出会ったら亡くなってても怖くないのかな?
まだ家族や知り合いが死んだことのない私は常々考えてしまう事です。

母方の実家が農家なのですが、祖母が夜にハウスの様子を見にいって電気をつけようとしたら勝手に電気がついたことがあるらしいです。
そこには雇っているおばさんがいて、元気に帽子をかぶりながら「さぁ、今日も頑張ろうか!」と笑顔で話しかけて来たそうです。
しかし祖母は一言「あんた、死んだろうもんね」
おばさんは「え」と一言発して電気と共に消えたそうです。
その日はその方の葬式帰り。毎日仕事が楽しかったのかなぁ?と考えさせられました。

そして私の実家の話。
姉が生まれて2ヶ月の頃亡くなった祖父(一度狐を憑かされた祖父です)は高熱の為数ヶ月ほど入院して亡くなったそうなのです。その祖父が亡くなってから毎日のように我が家の廊下を歩いているらしく、母は怖くて震えていたそうです。
母は結婚して同居しても一年経たずだった為、毎日寝室に入って来ては枕元に立って見下ろして来る姿が怖かったそうなのですが、父や祖母に話しても2人は姿を見ていない為少し馬鹿にして笑い飛ばす感じだったみたいで…。特に父親はそういう話が好きじゃなかったので父親から定年間近になって職場での心霊体験を聞いた時には私が驚かされました(笑)
話を戻して…、母は誰も頼りにならないと和室の横開け扉に自分で鍵を付けたそうです。まぁ幽霊相手に関係はなく、廊下の途中にある仏間から歩いて来た足音がドアの磨りガラス前に立つと影も見え、鍵を掛けたドアをスライドさせ入って来ました。そして母の枕元に。
実際母親は姉を連れて自分の実家に逃げようとしましたが、自分の父親に怒られて出来なかったそうです。
それが1ヶ月以上続いた日、うちの父親が自分の父親が夢枕に立ったと口にしたそうです。特に何を言うわけでもなく消えたそうなのですが、自分の嫁を怖がらせていた元凶に「もうあんたは死んだっぞ」と言ったそうな。
しかし祖父は次の日になると隣の部屋で寝ていた祖母の夢枕にも立ちました。
母がようやく2人に祖父が現れてるということを信じてもらえるようになってから、2度と祖父が出て来るとは亡くなったらしいのですが、それはちょうど49日目だったそうです。
なぜ母親ばかりで祖母の前に現れなかったのか、母親は祖父が出なくなった後でようやく気づいた、思い出したそうなのですが、祖父の入院中に祖母と夫婦の寝室を入れ替えたそうで、祖父は毎日祖母を探していたんだろうと。
トイレ以外に鍵のない我が家に不釣り合いな鍵を母親の部屋に見つけたので聞いたら小学生の私に母親が「本当に怖かったのよー」と話してくれました(笑)父親は「身内だろが」と笑ってましたが、結婚して日も浅くほとんど入院していた相手が死後出て来たら私でも怖いわ!

2人の共通点、死んだ相手に「死んだ」と伝えることは成仏させる為にも必要なのかな?自分だったらショックで消えちゃうかも!と思っちゃう今日この頃です(笑)
Posted by ひなた at 2017年07月30日 07:23
K様

29日は日本各地で花火大会が催されているのでしょうか、わが家からは見えないけれど、遠く、花火の音に夏を感じるにゃんだーでした。

今回の話に登場した方と現在同居してる夫の父と重なって見えました。父は定年まで単身赴任が多く、町内の役も、ご近所との交流もなく過ごしてきました。なので定年後進んで町内の役回りを務めています。

時には面倒なこともあるようですが、様々な方と知り合い、地域の抱える問題点も見えてきて80歳になるのに忙しく過ごしてます。その忙しさが今では日々の活力源となっているようです。

働き者の性なのかなぁ。けれど孫、特にうちの娘からは尊敬される存在です。

父の周りも聞けば真面目な方が多いようで、この地域が住みやすいのも亡くなってもなお、見守って下さる方がいるからなのかも。見えない方々に感謝ですね。

次回もお話、楽しみにしてます(^-^)
Posted by にゃんだー at 2017年07月30日 09:42
Kさんこんにちは。
少し風邪をひいてしまっていました。でも治ったので良かったです。今回の話は、いい話で、心がほんわかしました。(*´ω`)
次回の話も楽しみにしています。
くれぐれもご自愛ください。
Posted by 大大大凶 at 2017年07月30日 12:03
いるんですかあっ(笑)まだそこに。
見えるんですかあっ(笑)Kさんに。

うわぁビックリ。こりゃ母親が天寿を全うした時は、世話好きだし過保護だし、孫にもピッタリくっついてるのかなぁ、苦笑。
そーなんですかぁ。見られたくないプライベートな時もあるんですが…どーしたらいいんでしょうね…(実はこれ20代からずっと気にしてたんですよね(笑))

例えば、お酒止めました!とか言いながらたまにこそっと飲んでました。
結婚します!と言いながら実はパートナーはいませんでした。

こーゆーの、亡くなってから側にいると、(あれ?話違うじゃん?!)って亡くなってからバレて、亡くなった後怒ったりするのかなぁ、って20代の頃から考えてました(笑)
バレたくない事があるんですっ!わたし(爆)

Kさん、パニック障害お話下さってありがとーございます。
今そーゆーお人柄で幸せでいらっしゃるのは、たくさんの事を糧にされてきた証拠ですね(*´ω`*)
新人研修の過去記事で、えげつない内容だな…とかなりビックリしたのも覚えてますが。

穏やかで明るい方って、それだけ泣いたりいっぱいされてきた人、って私は思ってます。
Posted by メチャ✩ at 2017年07月30日 13:02
Kさんこんにちは!!そしてお久しぶりです(^_^;

なんか、今日のお話ほっこりしました。(*^^*)
……(語彙力がなくて言いたいことが言えない( ˙-˙ ))


ところでつぼみは野球の応援をおサボりして家でゴロゴロテレビ観戦してますwあ、ちゃんと応援歌は歌ってますよ?(*^^*)w
甲子園…行きたいですねぇ(遠い目)
今日の決勝が勝てば………!!


それでは!失礼しまーす!
Posted by つぼみ at 2017年07月30日 13:57
K様、
連夜の更新ありがとうございます。楽しみに読ませて頂いています。

まず今回のお話ですが、人間やはりこの方の様にいつも笑って周りの人を思いやれる人間で居たいものですね。私も見習いたいと思います。難しいでしょうが…。まあ挑戦ですね。

あとKさんも精神的に辛い経験をされたんだなと思いました。私も似たような経験があります。ホント誰と会うのも怖く、外に出るのも怖いという状態でした。周りの人から見ると?な振る舞いでも、こちらは精一杯だったり…。でも病気ですからうまくつきあっていくしかないと思っています。

では暑いですが、お体大切に。涼しい所を探して移動する娘さんを見てると、面白くて暑さも忘れると思いますが(笑)。
Posted by pata at 2017年07月30日 17:45
こんばんは。やっぱり、大きくなった姫ではなかったですか?姫様の話を紹介したときに敬語を使って笑われたと書かれたので違うとは思いましたが~実は知らないで会っていた展開と一人で話を作ってました(笑)
今回のお話のおじ様は地域のことを率先してやってくれた方、たまーにいますよね。町内会に貢献してくれる方。K さんも大変な病気だったんですね。おじ様は町内会の方の顔もしっかり覚えK さんがごみ捨てこないこともしっかりチエックしていて誰かに聞いてくださる心遣い、頭が下がります。私の住んでる市はまだごみも有料化ではありませんし町内での当番制もありません。亡くなっても見守り隊とのこと、まぁそろそろゆっくりしてもいいのでは
Posted by いなばっち at 2017年07月30日 18:48
Kさんこんばんは

 犀川の花火大会、私も見に行きました。昨日は風もあり涼しく、煙もすぐ流れるのでキレイに見えましたね。
 しかし、町会の役目を引き受ける人がいないのはどこも一緒なんですねぇ……個人の自由が尊重される世の中は素晴らしいものですが、誰しもが共同体の一員でありその恩恵を享受している以上、相応の義務も生じるということを自覚してほしいものです。
 はい、ただの愚痴でしたスミマセン(笑)
Posted by 信一 at 2017年07月30日 21:28
K様こんばんは!

K様も大変な経験をなされていますね。。
どうか無理をせず、くれぐれも体調にはお気をつけて下さいませ。

今回のお話は、とてもココロ温まるお話でした。
その男性はこの先も、みんなを見守り続けてくれるのですね。

霊もこのような方ばかりだと良いのですが。。

とても素晴らしいお話をありがとうございましたm(_ _)m
Posted by まってぃん at 2017年07月30日 21:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count