› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › お盆に戻ってくるモノ

2017年08月06日

お盆に戻ってくるモノ

サインディスプレイ部  営業のKです。

今日は島根県で39度超え、隣の福井県でも37.5度と

猛暑が続いておりますが、皆様、お元気でしょうか?

私は、といえば、昨晩はライブがぢょうど24時に

終了し、そのままそのお店の接待?で午前3時

まで飲んでおりました。

そのせいか、何故か、怖くない話のタイピングが

進みません。

スランプ?・・・・というか、元々そうなんですが・・・。

ちなみに、コメント欄で、よく沢山の話を覚えてますね?

という質問を頂きますが、基本的に、ライフワークとして

怖くない話を書こうと思った時から、過去に遡って聞いたり

体験した話を、ノートにまとめてあります。

そして、それは、危険な話と完全に区別しつつ、どんどん

増えていっております。

その中から、今日はどの話を書こうかな、と決めて

出来るだけ似たような話が続かないようにしております。

そして、もしも以前にも読んだような話だな~と思っても

決してダブったりして居る訳ではなく、実話を忠実に

書いているだけですので・・・・。

そのような、大切なノートですから、いつも床の間にある金庫

の中に大切に保管してあります(嘘です)

それとそうと、うちの娘ですが、コメントで、もしかして

太ってる?という書き込みがありましたので、その旨を

娘に伝えたところ、超ナイスバディだって、言っといて!

と言われましたので、ここに書かせて頂きます。

まあ、確かにあれだけ食べてるのに、何故かスリムなんですよね。

まあ、確かにダンスとかもよく踊ってますし、体動かすのは

好きみたいですので・・・・・。

ということで、ただのスリムではなくて、ナイスバディだそう

ですので、今後とも宜しくお願い致します。

ということで、今夜も、なかなか進まない中で書き上げた

つまらないはな・・・・いえ、怖くない話。

いってみましょう!

どうぞ~!


これは友人が体験した話である。

彼女は夫と子供ふたりの家族構成であり、金沢市内の一戸建てに居住している。

彼女の職業は、とあるネットビジネスであり、その殆どの仕事を自宅のパソコン

でこなしている。

そして、忙しい時などは、徹夜で作業をすることも多々あるのだという。

更に、彼女にはある程度の霊感があった。

それは、見えるまではいかないまでも、敏感に霊がいる事を感じ取る事が

出来てしまう。

そんな彼女がもっとも嫌う季節がお盆の時期だという。

とにかく、自宅に居ても外出していても、至るところで霊の存在を感じてしまう

からだ。

普通、お盆の時期に現れる霊というのは、ご先祖様だったり、亡くなった

親族だったりするのでは?という印象が強いが、彼女曰くそうではないのだという。

そして、ある日、彼女が住む町内会で盆踊りが開催された。

彼女は2人の子供を連れて、盆踊りに出かけた。

近くの小学校のグラントで開かれている盆踊りには、夜店も並び、それなりの

人で賑わっていた。

子供達ふたりは、会場で会った友達達と、どこかへ行ってしまい、彼女はひとり

ポツンと取り残された。

しかし、元々は田舎の出身である彼女は、実は盆踊りがとても好きらしく、

一人になったのを、これ幸いとさっさと盆踊りの輪に加わった。

踊り始めると、すぐに周りに合わせて踊ることが出来た。

そして、しばらく踊っていると、不思議な事に気付く。

踊っている輪の中に、お面をつけている人がいるのだ。

その面はキツネだったり、ひよっとこだったりと様々だったが、何故か、他の人が

白っぽい浴衣を着て踊っているのに対して、黒一色の浴衣を着ている。

どこかの踊りのサークルなのかなぁ?

そんな事を思っていたが、細かい事は気にしないタイプの彼女は、そのまま楽しく

踊り続けた。

そして、ふと、気付くと、その踊りの輪は、彼女を除く全ての人が、黒い浴衣の人

ばかりになってしまう。

あれ?

と思いながら、回りを見ると、何故かあれだけ沢山いた人も、そして夜店すら

消えてしまっていた。

え?なんで?

彼女は動揺してしまう。

そして、すぐに踊りを止めて、その踊りの輪から離れようとした。

しかし、何故か体が踊ることをやめてくれなかった。

彼女はパニックになってしまい、その場で大声を出した。

誰か~!

すると、その途端、それまで聞こえていた音楽がピタッと途絶え、踊っている

全員が彼女の方を向いて、見つめていた。

彼女はまるで異世界にでも迷いこんだような気分になってしまい、その場から

逃げ出そうとしたが、それも叶わなかった。

彼女は、周りから見つめる得体の知れない視線に恐怖し、そのまま、その場で

しゃがみこんでしまう。

両手で目を覆いながら、必死に考えた。

どうすればいい?どうやったら出られる?と。

すると、ボソボソという話し声が聞こえてきて、

ダレカマヨイコンダ・・・・。

ニガスマイゾ・・・・。

と聞こえたような気がした。

彼女は、もうその場にしゃがみこんだまま、大声でキャー!と叫ぶしかなかった。

すると、背後からポンポンと誰かが肩を叩いた。

振り返ると、そこには、彼女の2人の子供が心配そうな顔で立っていた。

ママ、どうしたの?

彼女はハッと我に帰ると、そこには、先程までの異世界は消えており、人手賑わう

夜店も並んでいるいつもの風景だった。

戻ってこれた・・・・。

そう思うと、彼女の目からは自然に涙がこぼれた。

彼女は更に心配そうに見つめる二人の子供達を抱きしめると、そそくさとその場から

立ち去り、自宅へと帰った。

自宅に帰ると、家に居た夫に、先程、体験した話をした。

しかし、

寝ぼけてたんじゃないか?(笑)

と一笑に付されてしまう。

彼女自身もそう言われてしまうと、

確かに最近疲れてたからなぁ~・・・・。

と思い、自分にそう言い聞かせた。

そして、その日の夜は、元々は仕事をする予定だったのだが、何となく起きているのが

怖かったので、早く寝る事にした。

いつもは一度寝てしまうと、絶対朝まで起きない彼女なのだが、その夜は何故か目が

覚めてしまった。

時計を見ると、時刻は午前2時を少し廻っていた。

だから、もう一度寝ようとするのだが、なかなか寝付けない。

そして布団の中でぼんやりしていると、トイレに行きたくなってしまった。

彼女は横で寝ている夫を起こさない様に静かにベッドから出て、寝室のドアを

廊下に出た。

そして、廊下の電気を点け静かに階段を下りる。

そして、1階につき、何気なくリビングの方をチラッと見た彼女は、その場で

固まってしまう。

真っ暗なリビング。

そして、そこにある4人架けのテーブルに誰かが座っていた。

それは、まるで浴衣を着たマネキンのように、背筋を伸ばし、その顔には

紛れもなく、盆踊りの時に見たキツネなどのお面を被っていた。

あの時の恐怖が一瞬で蘇った彼女は、逃げるようにトイレへと入り鍵をかけた。

高鳴る心臓の鼓動が耳元で大きく聞こえる。

どうして?・・・・。

すると、彼女はあの盆踊りの輪の中で聞こえた言葉を思い出した。

ニガスマイゾ・・・・・。

逃がさない?・・・・まだ諦めていないって事?

それじゃ、私を迎えに来たっていうの?

でも、なんで私なの?・・・・・。

彼女は必死になって思い出そうとするが、あの盆踊りの輪にいた者達からは、先祖や

親戚から感じるような優しさは伝わってこなかった。

感じたのは、獲物を見つけたような恍惚・・・・だった。

逃げなければ・・・・でも、どうすればいい?

彼女は必死になって考えた。

このまま、窓から逃げるか・・・・。

いや、それでは残された家族に危険が・・・・。

考えがまとまらないまま、彼女がトイレの中で立ち尽くしていると、

急にトイレのドアがコンコンとノックされる。

彼女はビクッとなって、固まり、神経を耳に集中する。

すると、ドアの向こうから、

○○ちゃん、ごめんなさいね。驚かせてしまって・・・・。

お盆に戻ってきて・・・・一目だけでも○○ちゃんに会いたくなって・・・・。

それは、紛れもなく数年前に亡くなった彼女の祖母の声だった。

その声を聞くと、それまで感じていた恐怖は一瞬で吹き飛んでしまい、彼女も

亡くなった祖母に会いたいという気持ちでいっぱいになる。

その時には、もう盆踊りの時に感じた恐怖や違和感も、そして、何故リビングに

4人が座っているのかという事もすっかり忘れてしまっていた。

彼女はゆっくりとトイレの鍵を開けた。

そして、ゆっくり確かめるようにドアを開いた。

しかし、そこにはもう祖母の姿は見えなかった。

おばあちゃん、どこなの?

そう思い、彼女は、部屋の電気も点けず、リビングへと入った。

明かりを点けてしまったら、祖母が消えてしまう・・・・。

そんな気がしたから。

リビングに入ると、すぐテーブルに駆け寄ったが、そこにも誰も座っていない。

すると、背後から急に声が聞こえた。

ここだよ~・・・・・。

あけてしまったねぇ~・・・・。

その声は明らかに祖母の声ではなかった。

ハッとして振り返った彼女が見たのは、リビングの風呂へリングの上に

正座した黒い浴衣を着た、10人以上の姿。

そして、そのモノ達は、ゆっくりと立ち上がると、被っていたお面を外した。

そこに並んだどの顔にも見覚えがなかった。

いや、というよりも、それらの顔は全て、恐ろしい鬼のような顔に見えた。

おばあちゃんは?

彼女は、それらのモノに叫んだ。

すると、

そうだね~

あいたいね~

いっしょにくるかい~

と甲高い声でゆっくりと答えた。

彼女は、その時初めて、騙された!と気付いた。

そして、再びトイレに逃げ込もうと視線をトイレに向けると、トイレのある

廊下には、まるで整然と1列に並んだように、お面を被った浴衣着の者達が立っている。

逃げられない・・・・・。

彼女はそう悟った。

リビングの中に居るそれらの顔がニタリと笑ったように感じた。

そして、摺り足であるくように、ゆっくりと彼女に近づいて来る。

電気を点ければ・・・・・消えるかも・・・・。

そう思い、彼女は急いでリビングの電気をつけようとするが、全く反応しない。

すると、近づいて来るそれらは、可笑しくてたまらないという感じで、

ゲラゲラと笑ってくる。

もう駄目・・・。

そう思った時、彼女は以前、俺から貰った護符を思い出したそうだ。

彼女は急いで、仕事用のバッグの中から、護符を取り出すと、それらに

向けて、かざした。

すると、突然、リビングの明かりが点いたのと同時に、それらの姿は、

ゆっくりと消えていった。

口惜しそうに顔を歪めながら・・・・・。

その後には、いつものリビングに戻っていたが、さすがにその夜は、夫を

起こして、そのまま朝まで付き合ってもらったそうだ。

そして、その後、彼女の周りでは怪異は起こらなかったそうだが、やはり

1年後のお盆にも、また、それらのモノがやって来そうで恐ろしい、と

話していた。

だから、俺は、その話をAさんにしてみた。

すると、Aさん。

少し呆れたような顔をして、こう言った。

なんか、護符を沢山欲しいっていうからKさんにいつもあげてますけど、もしかして、

いろんな人に配ってませんか?

本当に私を何かの便利屋と勘違いしてませんか?

今度から有料にしないといけませんかね(笑)

それと、その彼女ですけど、まあ運が悪かったというか、ちょうど波長が合ってしまった

だけですから、気にしなくて良いと思いますよ。

お盆っていうのは、昔から、亡くなった人が唯一現世に戻れる貴重な期間であると

ともに、人間と霊体が共存してしまうという危険な時期でもあるんですよね。

今回の霊達は、きっとお盆帰りに乗じて戻ってきてしまった悪霊たちでしょうね。

しかも、戻ってきた霊は、決して身分を明かしたり、お面を取ってはいけないのに、

それらは、それも破ってしまった。

それだけで、もうアウトです。

二度と現世には戻ってこれませんね。

霊界には霊界のルールという物がちゃんと存在してるみたいですから・・・。

それにしても、亡くなったおばあちゃんの声色を使うなんて、低級の悪霊が

やりそうな事ですよね・・・・。

私はそういうの・・・絶対に許しませんから・・・。

そして、最後にこう言った。

確かに、それらの霊達を弱らせたのは、あの護符の力だと思いますけど、リビングの

電気を点けて、彼女を助けたのは、きっと、声色を真似された、本物の

彼女のおばあさんだと思いますよ。

だから、彼女に伝えてあげてくださいね。

貴女はいつもおばあさんに護られてるんですよって。

それを聞いて俺は、Aさんも少しは優しいところがあるんだね~

と思ったが、その気持ちも、その後に、護符の代金として奢らされた

特大パフェ2つによって、あれは単なる思い過ごしだと確信した。


Posted by 細田塗料株式会社 at 18:06│Comments(24)
この記事へのコメント
こんばんは
まだ日のあるうちに読んだと
言うのに、背筋がソワソワしました。

そろそろお盆がやってきますね
私も少しだけ感じる人間として
息苦しさといいますか…なんだか
周りの空気が変わるような時期だと
子供の頃から思っています。
憂鬱です…

でもおじいちゃんは帰ってきて
くれるかなぁ…と思い、それは少し
楽しみだったりします

K様熱中症にお気をつけくださいませ!
それでは( ̄^ ̄ゞ
Posted by ヘゼル at 2017年08月06日 18:47
この場を借りまして…
中西様へ
共通点、何個か発見しました!
犬猫が好きなところとお酒と
ラーメンが好きなところ!
ついに話題が見つかったかと
半踊りです笑

私今年に入って20になった新成人で
ございまして、お酒が好きと言っても
飲み比べたりして美味しいお酒を
探してるところでございます
何かオススメがあれば教えてください
ませ(*^^*)
Posted by ヘゼル at 2017年08月06日 18:50
こんばんは

凄く記憶力良いのかなぁと思ってましたが、ノートにまとめていたんですね( ´艸`)

今日も暑かったですね、愛知県に住んでますが暑かったです

お盆ってやはり来るんですね(゚o゚;
盆踊り毎年行ってますが(子供たち連れて)公園が隣にあるのですが、夜は怖い、とにかく怖い
暗いし、低木やらで囲われてるからホント夜は何かいそうなんですが、子供たちは平気で盆踊りのとき遊んでます
やはり、いるのかな??みえないけど、いたら怖いですね(@_@)
Posted by ゆず飛 at 2017年08月06日 19:31
営業のK様

休日の更新お疲れ様でございます。
A女史の護符、代金が特大パフェ2つで済むのであれば安いものかと。
そう思うのは私だけでは無いはず。
Posted by 風来坊 at 2017年08月06日 19:48
Kさんこんばんは!昨夜は盛り上がったみたいですね
(*>∇<)ノ ァィ♪
この週末は台風が来てたり、その影響なのか猛酷暑とでも言うのでしょうか?読者の皆さま体調崩されてないでしょうか?名古屋は昨日よりは爽やかな風が吹いてますが、やはり汗も吹き出しましたね
(;´▽`ก)

友人の方は盆踊りを踊ってる時に波長が合っちゃったんですねぇお面を被って踊ってるんですね。
大好きなオバァちゃんに助けてもらって、もちろんA姉御の護符の効力もありますが、それを渡していたKさんもさすがですね
(๑•̀ㅂ•́)و✧

特大パフェ2個はしょうがないですよね
(๑¯ω¯๑)ゞ

本日も連続更新お疲れさまでした。
ブログに書く怖くないはなし、同じ話にならないような配慮ありがとうございます
Posted by tomoaaa24 at 2017年08月06日 20:11
台風近いためかひび跡ヘルニアみんな痛いです。

我が家では短時間ですが提灯灯籠に蝋燭つけて、玄関先にひっかけてお迎えします。私の部屋が玄関真上のすぐ横なんですが、窓開けてたら、なんか話し声がしたような。
砂利道の私道なんで歩く音がするはずですがそれもなくいきなり女性たちの話し声にびっくり。
部屋が暗かったため窓から見たら、提灯に白いオーブというかもやみたいなのが3体・・・人に見えてきた。きれいな浴衣を着た白髪のご婦人たち。
提灯きれいねと話してたような。

ほんとに盆には来るんだな~と。
盆踊り(と結婚式)は写真撮れないです。光乱舞がすごすぎて。
Posted by はるた夏雲 at 2017年08月06日 21:26
こんばんは。

ナイスバディの娘さんですね。。。
楽しく読ませていただいています
何も怖くない時期ですね、うらやましいです(^^♪

盆踊りですか、、もう、近所では見かけなくなりました。それとも、知らないだけかもしれません
夏祭りとして、あちこちで花火が上がっているぐらいです、この間なんかは、車で混雑している道路を頑張って走っているのに渋滞で到着する前に終わりました、、( 一一)

子供の頃の話ですが、お墓の前の広場で盆踊りをしてお墓の中で鬼ごっこしていました。こわがりなのですぐに見つかるようにしていましたので、なにも怖いことはありませんでした(*^_^*)
Posted by まーくん at 2017年08月06日 21:38
こんばんワンコ
柴犬です
K様地方は連日暑いみたいですね
体調はくれぐれもお気を付け下さいね
悪霊だって元々は生きていた人間だったでしょうに
どうして悪霊になってしまうのでしょうか…
それだけ辛い思いをして亡くなったという事なんでしょうか?
Aさんの護符があって本当によかった
きっとK様もいつか護符が役に立つと直感で解ったんでしょうね
あっ!それもAさんからのメッセージだったのかも!
そう考えると特大パフェは致し方ないのかな(笑)
それでは次回の怖くない話を楽しみに待っています
Posted by 柴犬 at 2017年08月06日 21:47
こんばんは。今日はTV東京で怖い内容のがやってまして見てます。宜保愛子さんなんて懐かしいです。心霊写真みて合成だろと突っ込む私って……
10年前位のお盆前の夜に部屋から漏れる薄明かりに玄関の網戸に蝉がついていました。寝るので捕まえて投げると、また網戸に戻って来るんです。しょうがなく手で木のとこに置いてきたんです。次の日の夜も、また次の日の夜も同じ蝉がいたんです。それから1週間位したときに我が家から嫁いで行った104才のおばあさんが亡くなったと連絡がきたときは思わず、あの蝉が実家に戻ってきたのかと思いました。化けては出てきてないですよ(笑)もうすぐ、お盆です。どうか旦那のハゲ弟、馬鹿妹一家が帰省してきませんように
Posted by いなばっち at 2017年08月06日 21:57
K様
以前にも同じような事書きましたけど人の思いを利用してなりすまして出てくる霊って許せません。
根性悪すぎです。
A様ではないけど堂々と自己紹介して出て来いよ!!って言いたくなります。
Posted by ちんぱん at 2017年08月06日 22:10
うわっ今、サマフェスの盆踊りから帰ってきた所(笑)

やっぱりお盆って、そうなんですね…
今いる場所から波長が合えば、異空間になるって事ですもんねぇ。
そーかぁ。今年お盆に海で遊ぶ予定だったのが若干抵抗が出てきてしまった。。。気を付けよ。何をか知らんが…土地神様にご挨拶してから、遊ぶか。

Aさんの「霊界には霊界のルール」の説明が興味ありすぎます(笑)!へぇ~

ちなみに、Kさんの記事から、悪霊は人間の声で騙すのを(初めは信じられませんでしたが)私は学んでますから(笑)読んでて「違う!それは本物じゃない」ってわかりましたよ(笑)

Kさんの護符(Aさんか)、体に埋め込みたい(笑)遠山の金さん風にタトゥーにして、悪霊に見せるか…?


優雲香様
サークルの記事のコメントでなっちゅ様も優雲香様をご心配されていらっしゃいましたよ
(*´ω`*)なっちゅ様ご自身も優雲香様と同じよーな境遇でいらっしゃるとか。平安な日常をお祈りします。
Posted by メチャ✩ at 2017年08月06日 22:27
K様こんばんわ。毎日の更新お疲れ様&ありがとうございますm(__)m

本当に毎日蒸し暑いですね。ドアが開く度に、ムアァと蒸した空気が入って来て、レジの中は暑くてたまりません。ファミチキなんて揚げていたくないですよ。(>_<)
時代はフラッペ!マンゴーフラッペ美味ですよ!
失礼致しました。思わず宣伝してしまいました。猛省…

お盆もうすぐですね。社畜ミニ子には、お盆休みはございません。
悪霊もびっくりのブラックシフトですよ。(T_T)
しかし家まで憑いてくるなんて、しかもお祖母さんの声色真似るなんて、Aお姉様にお仕置きして貰いたかったです。でもAお姉様の護符は凄いんですね。特大パフェ2個分では安いのでは?(笑)
イケメンスイーツ奢られタキシード仮面K様には、クールで甘酸っぱいブルーベリーフラッペ、枕元に置いて置きますね。ハハッ

皆さま熱中症、とても怖いです。水分塩分補給して、楽しい夏を過ごして下さいませ。

さて火曜日からはファミチキセール始めます❗熱い
Posted by ミニ子 at 2017年08月06日 22:34
今晩は〜✌︎('ω'✌︎ )
今日もひんやり怖くない話ありがとうございます

お盆ですね〜〜。うちのスーパーババちゃんも帰って来てくれるかなぁ?
私の住む土地はかなぁ〜りの下町!
盆踊りになると腰の曲がったおばあちゃまおじいちゃまが沢山素敵な浴衣姿を見せてくれます! なんとも流暢な盆踊り(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
ですが下町ならでは道が狭いもんでのんびり歩くおばあちゃまにクラクション鳴らすやんちゃ坊主が居たんですよ!なんて不届き者…腰を曲げた小さいおばあちゃまになんて事‼︎
その瞬間ついていた杖でバチんっ!フロントを一振りに殴りつけてゆ〜〜っくり歩きさって行きました(*≧∀≦*)
うきゃきゃ!のスッキリ結末!
うちの地区ではおばあちゃまおじいちゃまが元気!有難い事です(´∀`*)

声色変えるなんて卑怯なのもいるんですね〜。嫌だ嫌だ。

ナイスバディの娘ちゃん(((o(*゚▽゚*)o)))♡最高ですね〜‼︎
羨ましい限りだわ〜。
またまたぞくりっと怖くない話お待ちしてまーす。
また1週間気張りまっしょい!
Posted by あまみん at 2017年08月06日 23:27
こんばんは!
毎日更新お疲れ様です。
今夜のお話はより一層怖かったですね〜(・_・;
鳥肌立ちました!

あともうちょっとでお盆ですね。
お盆の時期に、私は一人旅で中国地方のとある観光地(第二次大戦の爪痕が残っているような場所)に行くのですが大丈夫でしょうか…

航空券をもう取りましたが心配になってきました(;_;)
Posted by ぴょんうさぎ at 2017年08月07日 01:17
Kさんこんばんは

暑いですね。ホント。
体には十分注意しなきゃいけませんね。

娘さん、ナイスバディということで、
学校でもモテモテ!なのでは?
お父さん心配・・・なんちゃって(笑)

お盆だからといって、必ずしも
いい霊ばかりが来るわけではないんですね。
困ったものです・・・。
でも、悪さばかりする霊に対して、
かまってやる必要もないか!

その分、良い霊にたいして
おもいっきりおもてなししたいですね。
Posted by まあちん at 2017年08月07日 02:00
営業のKさん

おはようございます。
福岡筑後地方は台風の影響も少なく安堵の気持ちですが、その台風の進路には北陸も含まれております・・・ご注意下さい。

先月、実家に戻ったおりに、町内で盆踊り(夏祭り)が開催されていた公民館前の広場に訪れました。

少子化により子供会、実行委員会が存続出来なくなった今、広場は雑草で覆われ、遊具は赤茶に錆びておりました。
時代の流れ・・・仕方がないのかと。

幼少期に一度だけ不思議な体験をした事は、今でも覚えていますが、盆踊りでこんな事があるなんて・・・怖くないですね(汗

この場をお借りして

>ヘゼルさん

なんと!お若いですね〜私など後10年足らずで3度目の成人式を迎えますよ(汗

福岡の筑後平野は日本の3大酒造地の一つ、今でも大小の蔵元さんが存在します。
九州は焼酎が有名ですが、いそのさわ、高橋商店(繁桝)、喜多屋、佐賀では、五町田酒造(東一)の日本酒も有名ですよ。特に吟醸酒は最高です(お値段お高めですが)。
旨い肴をあてに、旨い酒を少量お楽しみ下さい(笑

それでは次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年08月07日 07:15
Kさんおはようこざいます!!
お盆休み……。我が家は毎年お盆休みという実感もなく日々を過ごしています( ˙꒳​˙ )
問題ですよねきっと……。
にしても盆踊りを踊って幽霊の世界(?)に迷い込むの怖いですね:(´◦ω◦`):プルプル
そんな幽霊Aさんにしょうめつさせてもらえ!<(`^´)>
まぁもう来れないんですよね?w


あぁ…お盆…宿題何もしてない…





では!次も楽しみにしてます!
Posted by つぼみ at 2017年08月07日 08:06
Kさん、おはようございます

娘さん、ナイスバディでしたか!
それは大変失礼しましたっ!
代謝がいいんですね〜うらやましいです。

今日もヒヤヒヤしました。
私はよく夜中にトイレに起きてついでにリビングにいるハムスター(Kさんちと同じジャンガリアンです)の様子を眺めに行くのでもしそんな人たちがいたら…なんてドキドキしますが、夜の活動的なハムちゃんの可愛さにまた見ちゃうんだろうなぁ…。

次のお話も楽しみにしています!
Posted by なっちゅ at 2017年08月07日 08:38
K様おはようございます!

私も先週末娘を連れて近所の盆踊りに行ってきました。
最近の盆踊りはAKB48の曲で踊るのですね。。
ご先祖様もビックリでしょう(笑)

この時期は悪霊も混ざってやってくるのですね。
初めて知りました。
真っ暗なリビングに4人も人が座ってるなんて想像するだけで怖すぎます。。

ご先祖様に敬意を払いつつお盆休みは過ごしたいと思います。

台風が上陸していますが、進路にあたる地域の方はくれぐれもお気をつけ下さい。
明日には私の住む地域にもやってきそうです。

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年08月07日 08:49
おはようございます。

娘さん。夏バテ知らずな感じで、ナイスバディで羨ましい。

私も、関東圏?なので昨日は少しだけ見ました。怖い番組。

まぁ~今は怖いと言うより驚かす感じで…イヤな感じです。画像が良すぎて…逆に信憑性が感じられない。

霊的な者は儚い類いなので…。。。って思ってしまいます。

お盆は、私も怖い感じがするので…海などは行かないです。行っても膝くらいまでしか入りません。

この時期から会社も休みが多いいので仕方が無いのかな?

安全にお盆休みを過ごしたい。
Posted by にじちゃん at 2017年08月07日 10:42
仕事の合間にこの場をお借りします。

中西様へ

幼少期の不思議な体験談
ぜひ聞かせて下さいませ。なかなか中西様のコメントが出て来なかったので、不安な気持ちになってしまった、中西様ファンのミニ子でした。

さてファミチキ揚げよう。
Posted by ミニ子 at 2017年08月07日 13:39
あの、、いきなりなんですけど宜保愛子さんってKさんやAさんからしたらどう思いますか.........????? あんまりテレビに出る霊能者などは本当なのかと思ってしまい…(笑)
Posted by mana at 2017年08月07日 15:45
営業のKさん

台風5号は北陸へ接近中です、ご注意下さい。

この場をお借りして

>ミニ子さん

ご心配頂きまして、ありがとうございます。
外仕事が多い、また屋内でも体温に近い環境で仕事をしますから、夕方にはヘロヘロ状態、帰宅してビールを飲めばバタンキュ〜(死語の世界)です。
ですので、コメント時間が不規則なんです(汗
ですが、記事毎のコメントは欠かさず残していますので、ご安心を!

幼少期の体験ですか?・・・詳しくは、全米が涙した、感動した記事「マンションに一つだけの空室!」のコメント欄をお読みください。

今日の昼飯は、ファミリーマートでぶっかけ素麺とじゃこ飯おにぎりを買いましたよ。
今年は夏バテしそうな連日の猛暑日ですが、ミニ子さんもお気をつけ下さい。
私も、盆休みは無いに等しい鴨?
因みに野良猫モモは食欲も旺盛、すこぶる元気です。

それでは、失礼します。
Posted by 中西 at 2017年08月07日 17:09
追記です。

>ミニ子さん

ブログ内、2016年1月の記事です。
当時の我が家は・・・土間があり、薪を燃し暖める釜風呂だったんですよ(笑

調理場は、かまどではなくガスに変わっていましたが・・・懐かしい思い出です。
Posted by 中西 at 2017年08月07日 19:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count