› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 悪意の形見というもの。

2017年08月09日

悪意の形見というもの。

サインディスプレイ部  営業のKです。

皆様、お疲れ様です。

今日は、こちら金沢市は過ごしやすい気温でした。

しかも、今日から営業車が新車に替わりましたので、

運転が楽しいです(笑)

ところで、いつも沢山の方に読んで頂いているのですが、

最近は、その数が更に増えていってるんですが、

特に今日は異常な位の閲覧数になっておりまして、

仕事中も嬉しくて小躍りしながら客先を廻ってました(笑)

いつもの常連さん達に加え、新規の方もコメントを

頂きまして、本当に心から感謝致します。

ありがとうございます(涙)

このブログに書いている話は全て実話ですが、危険な

話は一切載せておりませんので、安心してお読みくださいませ!

ちなみに、うちの娘は怖いので読んでません。

ですから、好き放題書いてます(笑)

いつも、何かと話題を提供してくれるうちの娘ですが、

今日は部活だったらしく、お弁当を持って学校に行き、

演劇部の打ち合わせ&練習というハードスケジュール?

をこなし、帰りのバスに乗ったうちのお嬢様兼、大監督ですが、

そのまま熟睡モードに突入してしまい、終点で運転手さんに

起こされ、見たことも無い景色に、あたふたしてしまった

そうです。

どこまで乗ったかは、恥ずかしくて言えませんが、目を開けると

一面が田園風景だったそうです(笑)

そして、当然、自力で帰れないお嬢様は、すぐに妻に電話をして

迎えに来させた挙句、お腹が空いたとの事で、そのまま

ざるそばと天婦羅御膳を召し上がりになって帰宅され、

さっさとシャワーを浴びて、父親がキープしてあったカフェラテを

飲みながら、アニメを見ていたそうです(涙)

あ~、大監督の次回作が楽しみで夜も寝られません(笑)

ということで、今夜はお休みしようかと思いましたが、

何となく書く事が出来ましたので、アップさせて頂きます。

まあ、ゆるゆるとお読みください。

それでは、どうぞ~!



これは友人の体験した話である。

ある日、友人の叔母が亡くなった。

元々、中はそれほど良くはなかったらしいのだが、ほんのつまらない出来事

をきっかけにして、彼はその叔母から恨まれてしまったという。

その叔母の死因は、病死だったらしいのだが、その間、彼が見舞いに行っても

門前払いされ、お見舞いも受け取ってもらえなかった。

彼自身は、何故それほどまでに自分が嫌われ、恨まれているのか、皆目見当が

つかなかったらしいのだが・・・・。

ただ、やはり身内や親族から、どんどん病状が進んでおり、死期も近いという

事を聞かされる度に、なんとかその叔母が亡くなる前に誤解を解けないものかと、

悩んでいたらしいのだが。

そして、ある日の夜、叔母がいよいよ危ない、という連絡が入った。

さすがに、彼もその時ばかりは、何とかして叔母に会えないものか、と思い、

門前払いされるのも覚悟して病院へ向かった。

病院に到着すると、既に親戚一同が集まっており、重苦しい雰囲気になっていた。

彼は、恐る恐る病室に入ると、叔母の様子を見た。

そこには、元気だった頃の叔母の姿はもうなくなっており、まるでガイコツのように

骨と皮だけになった叔母が苦しそうな顔で親戚の手を握っていた。

こんな状態では、謝って誤解を解くなどという事は無理だとすぐ理解したが、

それでも、一言だけでも声を掛けたくて、叔母の側に近寄った。

すると、叔母は彼に向かって笑った。

それは、穏やかな笑顔などではなく、まさに、してやったり、という感じの

嫌な笑い顔だったという。

彼は背筋が寒気が走り、そのまま病室から廊下へ出た。

ちゃんと、最後の挨拶が出来たか?

と聞いてくる親戚達に、彼は首を横に振った。

そして、廊下で他の親戚達と、ただ黙ったままじっと時間が経過するのを待っていた

彼の耳に、親戚の誰かの泣き叫ぶ声が聞こえてきた。

あっ、亡くなったんだな・・・・叔母さん・・・・。

そう思ったという。

そして、数日後に通夜と葬儀が行われたが、その場所に彼は行くことが出来なかった。

仕事や用事で、行けなかった訳ではなかった。

生前、叔母が書き残した遺言には、彼を一切の通夜、葬儀に出席させないように、と

書かれていたからであった。

まあ、それでも、彼は少しは心が軽くなったのだという。

それほどまでに、彼の事を嫌っているのなら、それはしょうがない事であるし、

逆に、それほど自分を嫌いな人間が居なくなったというだけで、彼には

どこか、ホッと出来る部分もあったから。

しかし、話はそれほど単純なものではなかった。

実は、その叔母というのは、生涯独身を貫き、仕事一筋に生きてきた女性

だったらしく、それなりの遺産が残される。

そして、その遺産も当然のように遺言書にのってって分配されたのだが、

当然、彼のところには1円も来る事はなかった。

まあ、彼自身もそれほどお金に執着があるタイプではなかったし、遺産が

来ない事はある程度予想していた事なので、彼は特に何も感じる事はなかった。

そして、ある日、親戚が彼のもとを訪れて、ある物を渡した。

それはいかにも古めかしい手鏡だった。

そして、あの亡くなった叔母からの形見分けだという。

特にその叔母に対して悪い感情を抱いていた訳ではなかったので、彼はその

形見の手鏡を素直に受け取った。

よく見ると、その手鏡はかなり凝った彫刻がなされ、読めない小さな文字が

羅列されており、かなり高価な品物に見えた。

ただ、彼自身は手鏡を使う習慣もなかったので、受け取った後は、リビングに

インテリアとして、置くことにした。

そして、どこまでも人の良い彼は、もしかすると、死ぬ間際に叔母さんは

俺の事を許してくれたのではないか?

と思い、少しホッとした気持ちになった。

しかし、その日を境にして彼の周りで怪異が頻発するようになる。

彼は一戸建てに1人で住んでいるのだが、まるで誰かが家の中に居て、常に

彼を見ているような感覚に襲われる。

そして、それは日にちを追うごとに、現実味を帯びてくる。

彼が仕事から帰宅すると、玄関の靴が、散乱していた。

部屋でくつろいていると、突然インターホンが鳴らされ、急いで玄関へ行くが

そこには誰もいない。

そして、またリビングに戻ると、インターホンが鳴らされる。

その繰り返しだった。

だから、彼はインターホンの電源を切ってしまう。

更に、リビングでテレビを見ていると、明らかに階段を何者かが下りてくる

ような足音が聞こえた。

しかし、確認するが、そこには誰もいない。

風呂に入っている時などは、突然、風呂場のドアがドンドンと叩かれた。

急いで、確認するが、やはり誰もいない。

それらは、もう既に、気のせい・・・で済ませられる問題ではなくなっていた

のだが、何故か、彼はあえて気付かないフリをする事に努めた。

そして、それからは、毎夜、同じ夢を見るようになった。

夢の中で、彼は見知らぬ森の中で寝ており、目を覚ます。

すると、そこに、とても大きな体をした鬼女が現れて、彼を捕まえようとする。

彼は必死になって逃げるのだが、鬼女の足は異様に速く、彼はいつも追いつかれて

捕まりそうになる。

そして、そこでいつも目が覚めた。

体中には汗をびっしょりとかいていた。

捕まりそうになった時に、その鬼女に掴まれていた肩には、はっきりとアザが

残されていた。

しかし、それでも彼は耐えた。

誰にも相談せず、自分ひとりで解決しようと努めた。

そして、今度は彼が寝ているとき、怪異が起こるようになる。

それは、ある日を境にして、毎晩、彼のもとに現れるようになった。

彼が寝ていると、いつも夜中の午前1時半に目が覚めるのだ。

そして、人の気配を感じた彼は、ハッと横を見る。

すると、そこに夢に出てきた鬼女がニターッと笑いながら座っている。

それはもう夢ではなく現実に起きている事だった。

彼は驚いて、逃げようとするのだが、横から覆い被さってきた鬼女を振りほどけない。

そして、そのまま耳元で

しね・・・・・しね・・・しね・・・しね

と連呼されながら首を絞められる。

彼は学生時代は、ラグビーをやっていたから、体力にはそれなりに自信があった。

しかし、その鬼女の力は彼の想像をはるかに凌駕するものであり、彼は抵抗できず

なすがままに首を絞められた。

そして、そのまま意識を失い、朝起きると、首にはしっかりと両手のあとが

残っていた。

彼は既に精神的にかなり衰弱してしまっていたのだが、やはりその事を誰にも

相談しなかった。

だが、ある日の日曜日、彼がドライブに出かけた際、運転している彼の背後から

その鬼女が突然、現れ、彼の首を絞めてきた。

彼は事故にならないようにと、苦しい中、何とか車を停止させたのだが、そのまま

車外へと引きずり出され、対向車線を走ってきたトラックに向かって彼を

投げつけた。

そのトラックの気転で、なんとか轢かれる事はさけられたが、彼の体はそのまま

ガードレールにぶつかり、右足を骨折してしまう。

その時、彼は自覚したのだという。

もう、これは自分が死ぬまで止まらないのだろう・・・と。

そして、そのうちに、周りの誰かまで巻き込んでしまうかもしれない・・・と。

そして、意を決して、俺に相談してきた。

話を聞いて、これは俺の手に追えるものではないと判り、すぐにAさんに助けを

求めた。

相変わらずAさんは、ポッキーを食べながら緊迫感の無い様子で話を聞いていた。

そして、ポッキーが無くなると、機嫌悪そうに、こう言った。

それにしても、どうして、ここまで酷くなる前に相談しなかったんですか?と。

すると、彼は、

最初から、これは叔母が起こしているんじゃないかな、という気がして・・。

そして、度が増していくに従って、それは確信に変わっていったんですよ。

でも、そこまで俺の事が憎いのなら、その思いを受け止めてあげるのも、

自分の責任なのかな・・・・と思ったので。

それを聞いたAさんは、少し呆れたような笑いを浮かべ、

あのですね。

貴方は凄く良い方みたいですけど・・・。

でも、その叔母さんっていうのは、かなり○○○ですよ。

生前は知らないですけど、死んでからは明らかに怨霊と化してます。

そけでも、その叔母さんという人の思いを受け止めるつもりなんですか?

そう言われ、彼は首を横に振った。

そして、

実は、俺がどうして、叔母からこれほどまでに嫌われているのか?ということを

必死になって考えてみたんですけど、考えれば考えるほど、1つのことしか

思い当たらないんですよね。

それって、何だと思います。

ある日、叔母が俺に縁談話を持ってきたんですけど・・・・。

それが、どう考えても、叔母の仕事関係を円滑にする為の政略結婚だったんです。

だから、俺は当然のごとく、その縁談を断ったんですが・・・・。

それから、叔母の仕事の業績がどんどん悪化してしまって・・・。

きっと、それも全て、俺のせいだと思い込んでるんだと思うんです。

仕事が生きがいの叔母だったから、やはり俺にも、申し訳ないという気持ちも

あったんですけど、もう吹っ切れました。

俺は、叔母の道具ではないですから。

そして、死んでからも勝手に逆恨みして、俺を自分の為の憂さ晴らしに使ってる。

そんなのには、もう付き合いきれません。

そう言った。

そして、それを聞いたAさんは、大笑いした後、

うん、そこまで判ってるんなら、何も問題無いんじゃないですか。

そういう輩には、きっちり分からせてやらないとね!

ササッと片付けて、さっさと甘いものでも食べに行きますか!

そして、彼に案内され、彼の家に伺った俺とAさん。

Aさんは、すぐに手鏡の置き場所を聞いた。

そして、手鏡を手に取ると、目をつぶり、ブツブツとつぶやく。

その後、手鏡を見つめながら、

ほ~ら。

もう出られないでしょ?

ほんと、いい年して、悪さばっかりするから、こんなことになるんですよ。

それじゃ、さようなら・・・・。

そう言って、いつものように嬉しそうに手鏡を家の外に持って行き、コンクリートに

叩きつけて割ってしまった。

そして、満面の笑みで、

はい。もう終わりました。

他の鏡に移動出来ないようにして、閉じ込めてから、手鏡を割りましたから、

もう叔母さんという方は、バラバラ状態です。

痛みはないでしょうけど、バラバラになってるので、もう安心してください。

もしも、復活出来たとしても、数百年後ですから(笑)

と言って笑った。

そして、前言通り、彼と俺とAさんでスイーツを食べに行ったのだが、その時の

幸せそうなAさんの顔を見て、

手鏡を叩き割ることでストレス解消も出来たし、しかも、スイーツ食べ放題となれば、

今がAさんの至福の時間なんだろうな・・・・。

と確信して見ていた。

ちなみに、その時の支払いは全て彼の財布からのものだった。

そして、それ以後、彼の周りで怪異は発生していない。


Posted by 細田塗料株式会社 at 19:55│Comments(36)
この記事へのコメント
k様、
今日も楽しく読ませて頂きました!
>相変わらずAさんは、ポッキーを食べながら・・・。
確かに永遠の18歳かも(笑)。
Posted by pata at 2017年08月09日 20:22
営業のKさん

なんと胆の座った、夏のお嬢さん・・・まさに現場、もとい演劇監督(笑
冗談なしで、我が国の未来が楽しみでなりませんね。

いや〜ほんまに「ゆるゆる」な怖くない話しで・・・って十分過ぎますがな(泣

なんでそこまで利己的になれますか?
冥土の置き土産?が、呪いの手鏡ですか・・・悲しくなりますね。
忌の際・・・己の人生の結果は全て自分の行いの現れ、利他でありたい、そう願い精進しようと決意を新たにした私です・・・あかん、ハードル上げすぎや(汗

本当は・・・放り上げた手鏡を後ろ回し蹴りで一撃、そして地に落ちた所を、渾身の踵落とし!だったんでしょうが(笑・・・皆さん、退きますから(汗
そんなAさんに、今宵はファミチ・・・おっと、誰か来た様だ(汗
ご友人の無事が何よりです。

それでは次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年08月09日 20:32
 こんばんは、野崎と申します。

 死してなお道連れにしようとやってくるとは……なんとも凄まじい怨念ですね。顔もきっと能面の鬼女のように醜く歪んでいたのでしょう。
 こうなるともう、霊ではなく鬼と呼ぶのが相応しい気がします。といっても、大陸では鬼がこちらの霊とほぼ同じ意味らしいので、結句どちらでもいいのかもしれませんが。

 私自身は妖気アンテナが無いのでそういう体験は皆無ですが、知人の古着屋の女性は個人の遺品を引き取った時などに奇妙な経験をすることもあるそうです。
Posted by 野崎昭彦 at 2017年08月09日 20:35
こんばんは

毎日このブログが楽しみなので更新されてると嬉しいです、でも、無理はしないでください(^-^)

叔母さん、、、たちが悪い!ホントただの逆恨み
まったく、その友人に非はないのに自己中すぎですね
でも、そういう人の怨念が怖いんだろうけど( ・_・;)
だからAさんの対応(^_^)ノスッキリです
やはり、格好いい(^-^)
Posted by ゆず飛 at 2017年08月09日 20:58
毎日、新しい話がアップされるのを楽しみにしています!
今回のお話を読んで、昨日、うちの母から母の姉である叔母が着物を処分するから欲しいものがあれば貰ってって言ってると言われた事を思い出しました。
お話の彼のように恨まれてることはなさそうだけど、ちょっと粘着質な性格で面倒なところがある叔母なので、形見分けみたいな着物を貰って何かあれば嫌だなぁって心配になってきたぁ
Posted by ゆき潤 at 2017年08月09日 21:02
こんばんは。ナイスバディお嬢様の行動は大爆笑。バスの揺れ具合って寝るのに最適なんですよね。絵日記に書けますよ。それにしても叔母さんの呪いってご両親のどちらかの妹になるんですよね!甥っ子に逆恨みの呪いかけるなんて。私の知り合いにも末期癌で亡くなる時に○さんは葬式に呼ばないでと言ってたと聞きました。こういう大人げないない人いるんですよ。
K さん盆前なので無理して書かなくていいですよ。海にも盆近くなるとサメもよってくるんで(笑)
Posted by いなばっち at 2017年08月09日 21:09
営業のK様

お疲れ様でございます。

悪意の形見ですか。相手が身内というのはキツイものがありますね。
赤の他人からしつこく嫌がらせをされるというのも精神的・肉体的に
厳しいんですけれどね。
Posted by 風来坊 at 2017年08月09日 21:12
Kさんこんばんは!そして読者の皆様こんばんは!(´∀`*)

お嬢様…酔っ払いならまだしも…ドラマとかでしかないエピソードを体験してるとは(笑)可愛いなぁ癒やされますわぁ。かけ持ちは大変ですもんね(σ´∀`)σ

最近はコメント欄での読者様のやり取りの盛り上がりに、一人ニヤニヤしながら読んでます
(←変態ではないです!キッパリ
( ー̀ ー́)⁾⁾)
なんかいいですよねぇ〜

娘にKさんの更新されてるよと教え私が形見の手鏡辺りを読んでる時に、娘がはぁ〜
( ´Д`)=3逆怨みかよぉ〜

私が…ん?娘がえっ!先に読み始めたよね。まだ形見の所だよに、おっそ!お母さんどんだけじっくり読んどるのぉって(笑)ひとしきり笑い遊びに行ってしまいました。

Kさんの周りの友人は皆さん優し過ぎますよね。親戚が怨霊になって襲ってくるのは、やるせないですね
命取られずに良かったです。
自分勝手な怨霊はA姉御が嫌うタイプ!ストレス発散出来て良かったです。

連続更新ありがとうございます。そしてお疲れ様です。おやすみなさい
Posted by tomoaaa24 at 2017年08月09日 21:25
お疲れさまです(^ ^)

今日も『怖くない話』の
更新があり
嬉しくて小躍りしています♪( ´▽`)

Kさん
連日のブログ更新
タイヘンでしょうけど
頑張ってください!

そして、12日
片町に行かれるKさんや皆さま方の
楽しいお話も期待しています!
私もいつか
Kさんのライブや
片町に飲みに行きたいです
Posted by とも at 2017年08月09日 21:31
毎夜の更新ありがとうございます。
お久しぶりにコメントさせていただきます。
娘というものはどの家庭でも姫ですね〜。なんだかホッとします。我が家の姫も同じです。なるべく自分のお金は使わず親と一緒に出かけた時に飲みたかったジュースやスイーツを食べる。
まぁ、しょうがないですよね〜(´-`).。oO

恨み妬みというのは、思ってもみない状況てかってしまうのですね。
でも、Aさんがいて良かった。
水戸黄門さまの印籠の様な…。

素晴らしい方です( ◠‿◠ )
Posted by 赤毛のmamabu〜 at 2017年08月09日 21:39
Kさん、こんばんは。

暑い中連日のアップお疲れ様です。
今年一番と言われる暑さに、干物どころかスルメになった気分でした。
お嬢さん、きっと将来はルーカスやコッポラを超える大監督になりますよ。(笑)

今夜のお話は身内とは言え、凄まじい逆恨みの固まりですね。元はと言えば、その叔母の自業自得な考えから始まった事、消されて当然でしょうね。

Kさん、スイーツで上手くAさんを使いこなしてますね。(笑笑)


ミニ子さん
今朝のファミチキ、はじっこが少しかじられていたような・・・いや、寝ぼけていたのでしょう。( ̄▽ ̄;)
今日は昔から好きな、“ちぎれるシュガーマーガリンのパン”をこれから食べます、また太ってしまう。(ToT)


それでは、このへんで。
Posted by TO at 2017年08月09日 21:48
K様こんばんは
娘さんの話、とっても可愛いなぁ
とほっこりしました
本人からしたら、知らない所に居て
本当に焦ったと思いますが…笑

親族からの恨みほど怖いものは
ないですね…ウチも親族とは
仲が悪いから…もしかしたら?

うーん、全く自己中な悪霊の話は
胸糞が悪くなります!A様みたいに
甘いもの食べようかな、と思います!
Posted by ヘゼル at 2017年08月09日 21:51
こんばんは。

Kさんの人柄なんでしょうね。きっと。
Aさんが言うように、Kさんの周りの人たちの人柄の良さってないですね。うらやましい限りです。

それにしても、形見分けの鏡を男性に渡しに来るなんて、おかしいと思わなかったんですかね、その親戚の方も。悪意が見えます。

また、封じ込めた鏡を割れば、ばらばらになるのだけですか?消滅したほうが良いと思いますけど、どこが違うのでしょう、、Aさんに聞いてみたいです(^^)/
Posted by まーくん at 2017年08月09日 22:05
子供の頃に食べたチョコパフェ。 二個三個と食べたかった記憶を思い出しました。笑
今なら、食える!
周囲の痛い視線と食べてから数時間後の腹の不調(歳のせい)を我慢すれば・・・
いつか。笑
Posted by デデ at 2017年08月09日 22:18
K様こんばんは!

お嬢様はだいぶお疲れのご様子で。。
しかし、ざるそば、天ぷら、カフェラテで元気になられたようでなによりです(笑)

今回のお話ですが、ご友人様の叔母は亡くなってから仕返しをしようと思っていたのですね。
完全に逆恨みなのに。。

人の想いというのは、良い方、悪い方どちらにも凄いパワーを発揮する場合がありますよね。

このようなお話を聞くと、今の自分を見つめ直す良いキッカケになります。

日々の生活の中で少しでも良い気持ちが持てるよう頑張りたいと思います。

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年08月09日 22:25
こんばんは。たまたまネットサーフィンしてたらこちらのブログを見つけました。
私も金沢在住で、近くで起きたことばかりで驚いております。
今までその系の話はどこか遠いところであった話だと思っておりましたが、実際に心当たりのある、知っているところであったお話を載せられていて重ねて驚いております。
また地元にこんなにもすごい方々がいらっしゃったなんて、目から鱗とはこのことですね。

Kさんの惹きつけるような文章力も魅力です。これからも拝見させていただきます。

よろしくお願いします。
Posted by yakinikupeople at 2017年08月09日 23:14
このおばさん恐い。半端ない支配力であの世でもそうと嫌われてただろうに。閉じ込めて正解◎。

昨日はファミマの唐揚げ弁当にしました。
ミニ子さんが連呼するから買うてしまいました。
がっつりいただきました。
今日は猛暑で昼から外出でしたが、直前に還暦過ぎた上司が暑いから僕行きたくないんだけどいい?と聞いてきました。はい、涼しい会社にいて下さいで置いて?行きました。
山下公園すぐ近くまで行きましたが、海も見ずにさっさと帰宅しました。暑すぎて。

Kさま。夏休み前に話を書いていただいて、続きの展開を常連さんたちに想像して発表してもらうゲームはいかがでしょう?夏休み明けに本物の続きを・・・爆笑ものや本物より恐い?物語がいろいろ出てくるかなと。
そうすれば、こちらも夏休みとれますよ?
Posted by はるた夏雲 at 2017年08月09日 23:35
怖くないお話、毎日読ませて頂いています‼

夏に調度いいです(笑)楽しませて頂いています‼ありがとうございます‼

リクエストなのですが、もし夢に関わる怖くないお話ありましたら、是非お願い致します‼

私は夢で不思議な体験をします。

毎年すっかり忘れてた亡くなった祖父の誕生日の前日に祖父の夢を見たり、

その祖父が私の愛猫(むーちゃん)を追いかけて
「連れて帰る」と言った時には夢の中でもすごい嫌な気持ちになり怒りました。

猫も全力で逃げていました。


2日後、私の職場に母から泣きながら電話がありました。

「むーちゃん発作が ひどすぎて、もうあかんかもしれん。」と

意識がなくなり入院しました。


ですが、目を覚まし

ずっとヨロヨロだった状態から
今は跳びはね、元気です!


夢と現実って、意外と近いのかな。と思ったり、
潜在意識なのか、何かを予言するのか。。不思議なんです。

もしKさんが体験された事があれば是非、載せて頂ければ、嬉しいです‼
Posted by お疲れ様です at 2017年08月10日 01:00
K様、読者様、こんばんは!

今日は会社のシャチョさんに誘ってもらいタダ酒をかっくらっております。普段飲めない日本酒をここぞとばかりにオーダーしまくりです笑
3日連日飲みで幸せです☆

霊も怖いですが、やはり人間が1番怖いですね泣
縁談断って命を狙われる。しかも人から鬼女ですか?夢で肩掴まれてアザになり、現実で放り投げられて骨折し、だいぶ暴れん坊さんに振り回されましたね。
人に恨まれて霊にも恨まれるようなことはしたくないですね(*´-`)

この場をお借りして、

→tomoaaa24様
私にも7才と3才の娘たちがおりますが、親を追い越してくるのはいつ頃になるでしょうか?心の準備をしておきたいと思い、質問してみました笑


→とも様
K様、K様ライブ、片町飲み、怖くない話、どれも魅力的ですよね♪


→中西様
城島リーダーにまで謝らさせてしまい、ややこしいHNで本当にすみません。
酔っ払い親父?いえいえ、中西様は尊敬の念を込めてオヤっさまと呼ばさせてほしいぐらいです笑
時には蟻地獄になられたり、またある時はウスバカゲロウになられたりと変化自在でいらっしゃる。
羨望の眼差しでその動向を追っております。
前回記事の武ポンヌ様へのコメントにあった、乗り越えられない試練を神様は与えない。と言う言葉、私もそれが好きだし信じております。神様は私に低い壁を設けてくれているみたいでユルユルと飛び越えて早36年。未だに心は中二ぐらいで足踏みしてますが、それも人生。自分の歩幅で歩めばいいんですよね。周りに言うとマイペースで歩いてんじゃねぇとケツを蹴り飛ばされそうですがね(*'▽'*)ハハッ

とゆうわけで?K様をはじめ、読者の皆様、千葉県ON11(ある時はNO11で笑)をこれからも宜しくお願いします꒰(๑´•.̫ • `๑)꒱

飲みすぎて明日起きれるか心配ですが、ミニ子様のファミチキで起こしてもらおうかと思案しております。

長々と失礼しますた。
Posted by 千葉県ON11 at 2017年08月10日 03:38
人は誰でも、誰かを嫌いになることもあれば
誰かに嫌われることもあります。
喧嘩をすることだってありますし、知らないうちに誰かを傷付けていることもあると思います。
そういう感情が全く無い人、そういう経験が全く無い人なんていないのではないでしょうか?

けれども…この方のように自分が死んだ後に
その恨みをはらそうという強い気持ちを抱えていると
こんな恐ろしい悪霊と化してしまうのでしょうか?

どう考えても逆恨みでしかないのに…
人間って怖いですね。
こんな怨念のかたまりのような人にはなりたくないです><。
いつも色々なことを考えさせてもらえる怖くない話、
楽しみにしています。
でも、くれぐれもご無理だけはなさらないでくださいね❤️

怖くない話の前に書かれているK様のプライベートなお話にも
癒されます。
可愛らしいお嬢さんですね^^
Posted by さつき at 2017年08月10日 06:36
今回もありがとうございました。
多い時には3回複読させて頂いています。w
久々のコメント失礼致します。

読んだ後すぐは彼に同情し、お化けに相当な怒りを感じました。
怒りというのは伝染するものですね。(叔母の怒り)

しかし、彼が思い当たるという理由をよく考えていると、
彼の方も、政略結婚と感じている部分、
叔母に対して断る態度が悪かったのではないかなとも思いました。
叔母の性格を理解した上で丁重に断っていなかったのが
原因なんだろうなと思うのですが、
人の怨念はどこまで激しいんでしょう。
彼の性格が叔母の怒りを増長させたのかなと思います。

因みにお化けが出て来て怖い思いをすると、
恐怖と怒りは表裏一体なところもあるので、
余りの恐怖では相当な怒りに変化する人もいると思います。

多くのお話しは恐怖して気絶ですけど、
彼はラグビー部という体格だったんでしょうけど、
体力は関係なく、怒りの破壊的波動をぶちまけて、
お化けを蹴散らした人って居ないんでしょうか?
「しね、しね、しね」とお化けに言われて
「お・ま・え・が・なー!!」みたいな。
「か・め・は・め・はー!!」風に。
既に死んでるんでしょうけどね。

こんな解決策ってありなのか、質問してみたいですね。
Posted by ひで at 2017年08月10日 08:10
K様、この場をお借りします。

千葉県ON11様

メッセージ頂きましてありがとうごさいます。嬉しかったです。
石川まで行かれるのですね。
道中のドライブが楽しそうですね。
楽しい旅行になりますよーに。
気をつけて行ってらっしゃいませ!
( ´ ▽ ` )ノ



中西様

毎日 暑いですね。体調は大丈夫ですか。メッセージありがとうごさいます。そんな悲壮感漂う内容だと受け取られないようなことを私は気付かずに書いていたのですね…。私の反省するべきところです。申し訳ありません。
あ、私ですが…大丈夫です!はい。
あの短い文章でそこまで思ってくださって、心が痛みます。
……しかしながら、私の口からそういう言葉がフッと出てきますような忘れられない過去の「怖くない話」…私の場合は「怖い話」…でしょうかね。(K様の怖くない話と一緒にするのは失礼だと思いまして)
が、ありまして。それは自分の胸の奥に閉まっていこ!と思ってます。
長々と書いてしまい、鬱陶しいと思われた方は読まずにとばして頂きたいものですが…。お恥ずかしいので。

中西様のことはこれからも人生の先輩として、背中を追いかけていきたいと思ってます。よろしくお願いします。
Posted by 武ポンヌ at 2017年08月10日 08:56
この場をお借りして…

ぴょんうさぎ様
レスありがとうございました(o^^o)
やっぱり気になりますよね!

K様
また今度車が出てくるお話がありましたら、是非是非飴買い幽霊の記事でコメントさせて頂いた、「車の中に入ってこれない霊と、いつの間にか勝手に入ってくる霊」について、K様の考察を書いて頂けると嬉しいです。

A様が、立体駐車場のスロープに出る水色の事務員制服の霊の話の時に、「私のお札があるなら入ってこれない」と仰っていましたが、その場合は入ってこれない理由はごもっともなんですが、気になるのは、以前のブログ記事にもいくつか出て来ますが、車の中に入ってこないけど、車を揺らしたり、外側から危害を加えようとする霊の件全てで、その全てでみんながお札を持っていたワケではないだろうし…、どうして入ってこれなかったのかな??って気になっております。または、当たり前のように車に入ってくる型の霊はなんで入ってこれたのかな?って。例えば、大雨の日に現れるコートを着た女の霊の話の時には、確か勝手に助手席にいましたよね。


話は変わりますが、今回の記事について、形見の鏡を譲り受けた時、「うわぁ、そんな気持ちの悪いモノ受け取ったらダメだよ〜」と思わず叫びそうになりましたが、オチを読んでとてもスッキリ致しました。そういう使い方があるのですね。さすがA様…痺れます。
Posted by 翡翠 at 2017年08月10日 09:32
Kさんこんにちは!!
鏡…鏡って霊的なものが集まりやすいんですか??水周りは集まりやすいんですよね()
鏡が付いてるお風呂場ってもう…やばくないですかww私の家は鏡がないからまだ救いなのかな……( ˊᵕˋ ;)
友達はお風呂場にでっかい鏡がついてるらしくて最初は気持ち悪いけど入ってたら曇るから大丈夫!って言ってますw←誰得情報




あぁ、夏休みが終わるなんて信じたくない……。学校行きたくないああああああああああああああああああああああああ

にしても…コメントにいる皆さんとお話したいのでお気軽につぼみに話しかけてください( ˙꒳​˙ )


では、これで失礼します
Posted by つぼみ at 2017年08月10日 11:18
こんにちワンコ
柴犬です。
悪霊って見ず知らずの場合が多そうですが
親戚が悪霊になって自分に襲い掛かってくるって何だか遣る瀬無いですよね。
形見分けで頂いた手鏡に施された彫刻に刻まれた小さな文字がきっと呪いの言葉なんでしょうね。
死んでも尚悪霊となって襲うなんてそこまで甥が憎かったのかと思うとゾッとします。
Aさんに木っ端微塵にされたようですが数百年たってでも復活しそうだな…なんて嫌な事を考えてしまいました。

この場をお借りして
ミニ子様
ファミマの焼き鳥モモ塩を食べました。汗を掻くこの時期にぴったりのサッパリとしたお味で美味しかったです!K様はじめ読者の皆様にもオススメですよ
ミニ子様、またファミマのオススメを教えて下さい(^-^)/

それでは次回の怖くない話を楽しみに待っています
Posted by 柴犬 at 2017年08月10日 14:27
K様、連日の更新お疲れ様&ありがとうございます。m(__)m

揚げたてのファミチキいかがですか!!
ファミリーマートの社畜ミニ子です。

今回の美しい戦士Aお姉様、超絶マーベラスでクールな活躍ですね。自己チューな腐れババァを見事に粉砕、スカッとしました❗形見って本当ならば大切な想い出の品なのに…。

K様のお嬢様、お疲れ様だったんですね。大丈夫、私も乗り過ごししょっちゅうですからテヘペロ
その為に早めに家を出ているミニ子です。
サマージャンボ当たったら、もっとユルユル勤務になりた〜い❗

またまたこの場をお借りします。

TO様へ
ファミチキ欠けていましたか、申し訳ありません。たぶんミッ○ーマ○スがかじったのかも?お尻ペンペンしておきますね。お詫びにぷにほっぺ置いときますね。

千葉県ON11様へ。
揚げたてのファミチキの香りで、暑苦しくお目覚め下さいませ。

はるた夏雲様へ。
から揚げお弁当お買い上げありがとうございますm(__)m
サラダパスタも美味しいですよ!ファミチキと一緒にいかがですか?

ミニ子のファミチキ話に付き合って下さる皆さま、本当にありがとうございますm(__)m嬉しくて涙がホロリです。
暑さに負けずに楽しい夏を過ごしましょうね!(^^)/
Posted by ミニ子 at 2017年08月10日 15:45
営業のKさん

今日は北九州に出張でしたが、車が多い多い・・・高速道はサービスエリアが混み混みです(汗・・・お盆休みですもんね〜私は日曜日しか休めませんが、何か(泣

この場をお借りして

>千葉県ON11さん

もう一回、ON11さん、もう一回、ON・・・も〜ええっちゅうねん!(笑

陸上競技や柔道などを経験し、野球やサッカーは興味を示さなかった私ですが、キング和さんやイチローさんは私の尊敬の的であり、また現在、そんな競技場や運動場に携わる仕事を生業としております。

スポーツや仕事、また趣味、そんな分野に関係なく、緊張感と集中力の高まりの果てに訪れる無の世界「ゾーン」・・・ランナーズハイとも言いますが、その境地に近い場所に何時も立ちたいと、邁進する仕事馬鹿です。
人生は人其々、十人十色・・・ただし人生二度なし、頑張りましょう!お互いに!

盆休み期間ですから交通量も多いでしょう、間違いなく。
金沢への旅の安全と、「ただいま〜」の安堵の帰宅をお祈りします。

>武ポンヌさん

手前勝手な憶測で・・・失礼しました、ご免なさい。

輪廻転生、来世の保証は何処にもありません。
だから今世を、今を大切に生きたい、その先に来世は有るのかな?と、私は考えます。
人生二度なし!頑張りましょう!お互いに!
Posted by 中西 at 2017年08月10日 17:29
営業のKさん

度々、この場をお借りして

>つぼみさん

お気持ち察しますが・・・残念ながら、夏休みは終わりますし、高校の授業は始まります・・・必ず(汗

今後、もし私がドク博士と出会い、デロリアン号を運転出来るなら、間違いなく高校入学時代に戻りますよ。
そして、現在の意識を持って行けるなら、猛勉強して必ず獣医になります(キッパリ)!

30代前半に、宮崎大学獣医学部入学を真面目に検討した時期もありましたが・・・世の中、そんなに甘くないですね。
未来から、うだつの上がらない酔っ払い親父が言いますよ、題名は失念しましたが、BUMP OF CHICKENの晩御飯の不思議みたいな曲を聞きながら・・・何時も自分を好きな自分であって下さいね。
それは、決して自分に甘いと言う意味じゃありませんが・・・自分が好きであれば、どんな未来も受けて立つ事が出来ます、必ず開けますよ・・・掛かって来んかい!です。

だから宿題、終わらせましょうね(笑

それでは失礼します。
Posted by 中西 at 2017年08月10日 18:29
営業のKさん

度々申し訳ありません、この場をお借りして

>ミニ子さん

今日も1日、お疲れ様でした。

ファミリーマート?いや仕事に対するミニ子さんの姿勢は素晴らしいな〜見習お!の私です(汗
単なる作業としてでなく、まさに仕事として従事されている姿は、そのコメントからも読み取る事が出来ますよ。

それを証拠に、コメント欄から沢山の方の声援を頂いてますね(泣
内ではなく外を向いて汗水、時には涙を流すその姿を、さだまさしさんの「道化師のうた」を聞きながら、ミッキーもきっと小躍りしてますよ(汗

それでは失礼します。
Posted by 中西 at 2017年08月10日 18:52
Kさん

ご免なさい、何度も。

BUMP OF CHICKEN「魔法の食事」

さだまさし「道化師のソネット」

でした・・・ええかげんな奴じゃけ〜ほっといてくれんさい(吉田拓郎風)

本当に失礼しました。
Posted by 中西 at 2017年08月10日 18:59
K様、お元気ですか?

自分の利益のために縁談を持ち出す?
生命保険か金融関係のお仕事なのでしょうか?
それを断ったからの逆恨み・・・。
とばっちりとしか言いようが無いですね。

他の方もコメントしていらっしゃいますが、
閉じ込めるのと、消滅させる基準に興味があります。
Posted by ふくざくら at 2017年08月10日 19:24
Kさん
読者の皆さん
お疲れさまでございます(^ ^)

Kさんの(会社の)ブログ
癒しの場のように優しく賑わっていますね!

ON11さま
私にもコメントいただきまして
ありがとうございます!
感激しております( ;∀;)
ライブや飲み会を楽しみにしつつ
今夜はお家で飲みます(^^;;
Posted by とも at 2017年08月10日 20:05
またまたこの場をお借りします。

ぴょんうさぎ様へ。

ぷにほっぺお褒め下さってありがとうございますm(__)m
商品開発部に代わってお礼申し上げます。明日の朝には枕元に、ファミチキとぷにほっぺ置いときます。

皆さまの温かいコメントが、社畜ミニ子の励みになります。
ミッキーマウスに逢えなくても頑張ります。( ノД`)…
Posted by ミニ子 at 2017年08月10日 20:19
Kさんこんばんは!

娘さん、すごくたくましい(笑)
しっかり食べて、元気に部活!
青春を満喫できているのも、
お父さんとお母さんが素晴らしいからですよ!!

と、叔母さんというかた、ちょっと酷いですね。
仕事は大事だけど、身内親類までも
仕事のためだけに存在しているなんて、
余りにも傲慢!!腹が立ちました。
Aさんナイスです。

Aさんが霊現象をばっさばっさと切り倒し、
世の中に貢献している、その土台に
Kさんのおごりがあるということで、
Aさんに負けず劣らずKさんも
世の中の人々を救う存在になってると思います!
がんばれ~~~kさん!
Posted by まあちん at 2017年08月11日 02:09
中西様が、細田塗料マンションの住人に、あっちこっち回覧板をまわされてるよーで、大忙しで笑って(微笑んで)しまいました(笑)

さて、Kさんの記事ですが、こんな方もいるんですねぇ。政略結婚か…タイムリーに、サエコとゾゾの破局を思ってしまいました。ホリエモンが言ってたみたいですが、結局ゾゾもサエコを愛していた訳ではなく「ダルの元嫁」の肩書きが欲しかったらしいし、それで海外の人達に紹介でき知名度もあがる、国内では若い女子に自分を認知してもらえる策略があったらしいじゃないですか。

この叔母さんには申し訳ないですが、本当の愛を知らずに亡くなったんですね。

数百年後であれ、出てくんなって感じです(笑)
Posted by メチャ✩ at 2017年08月11日 02:45
こんにちは\(^o^)/
昼間に読んだ方が落ち着いて読める気がします!
あーあ、片町に行けた人はいいなあ。私も行ってみたいなあ。
Posted by ぽん子 at 2017年09月03日 13:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count