› 看板・サインスタッフブログ | 細田塗料株式会社 › 24時間スーパーに現れる怨霊(後編)

2017年08月17日

24時間スーパーに現れる怨霊(後編)

サインディスプレイ部  営業のKです。

前編をアップしてから、のんびりとリビングで寛いでいると、

うちの娘が、

お父さん、どうしたの?珍しいね。怖い話は?

と聞いてくるので、

ああ、今日の話は2部構成にして、後編は明日だから、

今日は余裕なんだよ~

と言うと、

あのね。お父さん。

もしかしたら、今夜寝て明日の朝には死んでるかもしれないんだよ?

だから、もう書いてあるんなら、ちゃんと、すぐにアップしないと!

今日出来る事は今日のうちに済ませないとね!

それに、後編を待っている人がいるかもしれないでしょ?

まあ、私は絶対に読まないけど・・・・。

と言われてしまいました。

リゾートホテルに行ってもお土産の1つも買って来ないし、

私のアイスやカフェラテも勝手に飲んでは、ぬいぐるみの

せいにするし・・・。

相変わらず、芋虫のように、家の中で冷たい場所を移動

している娘ですが、知らない間に成長したな~、と感心しました。

その後、私に夏休みの読書感想文の宿題をやってくれ!と

頼みに来た時、それは妄想だったと気付きましたが(笑)

ということで、娘の指示ですので、後編もアップさせて

頂きます。

宜しければ、どうぞ!

滅茶苦茶、長いですが(笑)



(前編の続き)

そして、俺に電話をかけてきた。

俺が電話に出るなり、何か怒鳴るように喋っている彼に最初は、頭に来て

電話を切ろうかと思った。

しかし、よくよく話を聞くと、それが、とても切羽詰った状況である事が分かった。

だから、俺はすぐにいつものAさんに電話をかけた。

俺の友人が危険な目に遭ってるから助けてくれ、と。

電話に出たAさんは、相変わらず緊迫感の無い声で、

今、超絶的に忙しいんですけど・・・・。

と言ってくる。

それでも、俺は病院の名前を告げて、待ってるから!とだけ言って電話を切った。

そして、俺が病院に到着すると、もう既にAさんが病院に来ており、待合室で

ポッキーを食べ、看護師さんに注意されているところだった。

ふてくされるようにポッキーをカバンにしまうAさんを見ていると、非常事態だという

事を忘れてしまう。

俺は、

ほら、Kさんのせいで怒られちゃったじゃないですか~

とブツブツ言っているAさんをなだめるようにしながら、指定された

病室を目指す。

その間も、Aさんは、

本当に忙しいんですからね~

と文句を言っていたが、それでも病室の前まで来ると、Aさんの顔つきが変わった。

あっ、そういうことですか。

そう言いながら、俺より先に病室へ無断で入る。

そして、俺が遅れて病室へ入ると、彼女さんはかなり悲惨な状態だった。

そして、彼やAさんを自己紹介させようとした時、Aさんが突然、

黙って!

静かに!

と言ってきた。

そして、そのまま、窓の方まで近づくと、何やら、窓の外をジッと見ている。

それを見て、俺も窓に近づくと、とんでもないものが見えた。

いつも、不思議なのだが、やはりAさんと一緒に居ると、日頃は見えないものまで

はっきりと見えてしまう。

そして、その時、俺の目に映ったのは、窓のから3メートルくらい離れた場所で

宙に浮かび、こちらを睨みつけている女の姿だった。

いや、それは女というよりも、既に怨霊と化しているのか、一見しただけでも

背丈は2~3メートルくらいあり、着ている着物からは、緑色の肌が露出し、

長い手足と、長く鋭い爪、そして、何よりもその顔は、邪悪そのものであり、

俺にでも、それがとても厄介なモノだと容易に想像出来た。

Kさんにも、見えてますよね。(見る事しか出来ないですからね)

とにかくヤバイ奴です。(分からないとは思いますが・・・・)

ここは、私の護符だけでは護りきれません。

私が、アレを押さえ込んでいる間に、姫に電話してください。

そして、病院の名前と、住所を伝えてください!

それだけ伝えれば、あの娘なら、遠隔で強力な結界が張れますから・・・。

いいですか。この病院に結界を張ってくれ、とだけ頼んでくださいよ!

あの娘はまだ高校生なんだから・・・。

あとは、きっちり私がやりますから!

そう言われ、俺は慌てて病院の住所を調べて、姫に電話して、病院名と併せて

伝えた。

すると、姫は電話の向こうから

わかりました。すぐに結界を張ってみます。

お役に立てれば良いのですけど、とにかく、頑張ります!

Aさんには、くれぐれも注意してください、とお伝えください。

きっと分かっているとは思いますが、とても強く狡猾な相手ですので・・・。

もしも、手伝いが必要でしたら、いつでも飛んでいきますので・・・。

そう言って、丁寧に電話を切った。

そして、すぐに暖かい気が病院内に満ちてくるのが分かった。

それと同時に、その女も、抗う術も無く、どんどん病院から引き離されていく。

へぇー、相変わらず凄いもんだな~

と俺が感心していると、Aさんがホッと体から力を抜いた。

そして、彼の方へ向き直ると、

これで、もうアレはこの病院には近づけません。

だから、安心してくださいね。

それと、詳しい話を聞かせて頂けますか?

あっ、私はKさんの師匠をしているAという者です。

だから、Kさんは、私の弟子なんですけど、なんかいつも反抗的で・・・・。

それを聞いて、

おい。いつから俺は君の弟子になったんだ?

と言いたかったが、当然言える訳もなく、そのままスルーした。

そして、一通り話を聞き終わったAさんは、

わかりました。

完全な悪霊ですね。

しかも、かなり古くからこの世に彷徨っている厄介な怨霊になってますね。

貴方や彼女さんが命を取られなかったのは、奇跡かもしれません。

いいですか。

相手はとてもずる賢く強力で、厄介な悪霊です。

色々と事情はあるとは思いますけど、貴方もKさんから連絡があるまでは、決して

この病院から出てはいけません。

今、この病院はとても強い結界で護られてますが、そこから出てしまったら

元も子もありませんので・・・。

彼女を護るのが貴女の役目ですからね。

忘れないでくださいね。

そう言うと、Aさんは椅子から立ち上がり、

それじゃ、さっさと行きますよ!

と言ってくるので、俺が

行くって、何処へ行くの?

この病院から出たら危ないんじゃないの?

と聞くと、

病院から出なきゃ何も出来ないじゃないですか?

全ては、その24時間営業のスーパーから始まっているんですよね?

だったら、そこに行かないと何も解決しないじゃないですか?

相変わらずの大馬鹿っぷりですね。

それに、私に今回の件を頼んでおいて、自分だけ安全な場所にいるなんて、

他の誰が許しても私が許しませんから・・・。

そう言うと、俺に目で合図を送り、そのまま病室から出て行った。

不安そうにAさんの後ろを追いていく俺に、Aさんは、

心配いりませんって。

人一倍強力な守護霊持ってる癖に、何をびびってるんですか?(笑)

と笑ってくる。

Aさんに、そう言われると何故かそう思えるのが不思議だった。

病院を出て、駐車場に行くと、誰かが駐車場に立っている。

雨がポツポツと降り出す。

俺達は、とりあえず、俺の車で例のスーパーまで行く事になり、走って俺の車へと

向かう。

すると、前方に綺麗な女性が立っている。

あっ、凄く綺麗な女の人!

それを聞いて、Aさんは

本当に馬鹿丸出しっていうか、それじゃ、あの彼氏と同じですよ。

あれが、さっき見た悪霊の仮の姿ですよ。

人を騙す時のね・・・・。

そう言われ、俺はハッとしてその女を避けた。

その瞬間、とても嫌な笑い顔をしたのを見てしまった。

まるで、これからの闘いにも自信タップリというような・・・・。

俺達は車に乗り込んだ。

それにしても、あれだけ綺麗な女の姿をしていれば、騙されてもしょうがないかもね!

と俺が言うと、

また、そんな事言ってるんですか?

まあ、私よりは少し落ちますけど、綺麗かもしれませんけど・・・・。

というか、さっさと車発進してくれませんか?

そう呆れたように言われ、俺は車のキーを回す。

しかし、車のエンジンはかからない。

というか、セルモーターすら回る音がしなかった。

どうする?エンジンがかからないんだけど?

と俺が焦っていると、

どうするって、こうするんですよ!

と言い、Aさんは、車のダッシュボードを手で触りながら、何やら呟く。

すると、嘘のようにエンジンがかかった。

凄いね。というか、ビックリ人間コンテストでも出てみれば?(笑)

と言ったと同時に、Aさんのパンチが炸裂した。

サッさと、車出してくださいって言いませんでしたか?

俺は慌ててアクセルを踏み込む。

すると、Aさんがこう言ってきた。

どうやら、アレは私達に、スーパーに来られるのが嫌みたいですね。

ということは、色んな手を使って邪魔してくると思いますから、そのつもりで。

あっ、スピードは絶対に出さないでくださいね!

そして、駐車場から出ようとする俺達の車の前に、突然、その女が現れる。

とっさに急ブレーキを踏む俺に、Aさんは呆れたように言った。

あのね。ブレーキ踏んでどうするんですか?

気にしないで、そのまま轢いちゃいましょう!

と言われたが、俺がさすがに轢くのは抵抗があるんだけど?

と返すと、

そんな事していたら、一生、この駐車場からも出られませんよ!

と語気を強めるAさん。

そして、急停車した俺の車の前に立ち、笑っている恩の顔は、既に異形のものに

なっている。

すると、Aさんが、

はいはい。車をバックさせて・・・・。

はい。この辺でいいですよ。

それでは、ギアをDレンジに入れて、アクセルを床まで踏み込んでくださいね!

と明るい声で言ってくる。

正直、外に居る悪霊と、助手席に座っているAさんのどちらが怖いのかも判断が

つかなくなっていた俺は、言われるままに、車を猛ダッシュさせた。

そして、車がその女にぶつかる瞬間、その女の顔、再び綺麗な顔に戻っており、

チッと悔しそうな顔になったのをてしまった。

そして、車は何の衝撃も無く、そのまま、その女を通り抜けた。

すると、Aさんが

だから言ったでしょうが?

ずる賢い悪霊なんですよ。

とはき捨てる様に言った。

しかし、それからが大変だった。

車を運転していると、いたるところでハンドルが取られてしまう。

まるで、事故でも起こさせようとしているように・・・。

低速で走って居るから何とか回避出来るが、これでは例のスーパーに到着する

頃には一体何時になってしまうことやら・・・。

すると、Aさんが、こう言った。

しょうがないですね。

私は出来るだけ力を温存しておきたいので・・・・。

いいてすか。

今から、Kさんに持っている守護霊の力がどれだけ凄いのか、見せてあげますね。

ということで、深呼吸してください。

そして、車を停めてください。

それから、目を閉じて、心の底から、助けてくださいって祈ってみてください!

えーと。もう良いかな。

それじゃ、車出しても良いですよ。

そう言われ、車を発進させる。

すると、先程とは違い、全く普通に運転が出来る。

すると、Aさんが嬉しそうな顔で、こう言ってくる。

だから、いつも言ってるでしょ?

Kさんには凄い守護霊がついているんだって・・・・。

しかも、アレが全く手を出せないなんて、私が思っていたよりも遥かに強いみたいですね。

うん。笑っちゃうくらいに凄いかも・・・・。

お姉さんに感謝しないといけませんね(笑)

そう言われると、悪い気はしなかったが、何故か俺には守護霊の姿は一切見えないので、

それが少し悔しかった。

そして、車は順調に走り、例のスーパーに到着した。

空がどんどんと曇ってくる。

Aさんの顔も、どこかいつもより緊張しているように見えた。

そして、スーパーの外で待機する。

どうやら、先程から見た、あの女は実体ではなく、実体に会うならば、やはり彼が

言っていた午前0時過ぎが最も良いらしかった。

車の中で待っていると、Aさんは知らない間に寝てしまったのか、スースーと

寝息を立てている。

それにしても、寝ているときは、これほど印象が違うものか、と言いたくなる位に

素直で性格が良さそうに見えるから不思議だ。

それにしても、自分で言うように、とんでもなく綺麗なのだが、どうして

未だに彼氏がいないのかは、理解に苦しむ。

まあ、間違いなくあの性格が災いしているのは言うまでもないのだが・・・。

そうしていると、まるで目覚ましでもセットしておいたように、11時40分

にAさんは目を覚ます。

私が綺麗で可愛くてスタイル抜群゛たからって、寝ている間に何もしなかった

でしょうね?

先程の可愛い寝顔からは想像もつかないくらいの口の悪さだった。

そして、行きますよ!

というAさんの言葉に、俺は

え?俺も行くの?

と返す。

すると、

さっきの運転の時に、Kさんの守護霊がいる限り、Kさんには何も出来ないって

いう事は、はっきりしてるんですけどね?

本当は、Kさんひとりで行ってきて欲しいくらいなんですけど?

と言われてしまう。

俺は渋々、車を降りて、Aさんの後ろをついて行く。

スーパーに入ると、やはり客はもう少なく、一気に緊張感が増してくる。

そして、その緊張感を削ぐかのように、スイーツコーナーに引き寄せられるAさん。

このときばかりは、俺が

はい。しっかりして!ちゃんと、メリハリをつけないとね!

とAさんをスイーツコーナーから引き離す。

そして、彼が言っていたように、その女は、ヨーグルトなどか陳列されている

側に立っており、既に臨戦態勢で俺たちを睨んでいた。

そして、スイーツコーナーから引き離されたAさんも、どうやら、その怒りを、女に

ぶつけているようだった。

しばらく、お互いが止まったままになる。

そして、Aさんが口を開いた。

一応、あの女にも話を聞こうとしたんですけどね。

そして、このまま浄化されてくれないか、と。

でも、無駄でした。

自分の力に相当自信を持っているみたいですね。

まあ、確かに凄いかもしれませんけど・・・・。

そう言われて俺が

そんな凄い奴相手に勝てるの?

と聞くと、Aさんは、黙ってカバンから、得体の知れない箱を取り出す。

そして、その箱から水晶のような石を取り出した。

いつもはこれは使わないんですけどね。

でも、今回は使わないとヤバそうなので・・・。

そう言って、水晶を持って、その女に近づいていく。

一気に、その女の顔が何かを恐れているような顔に変わる。

それは先程までの勝ち誇ったような、自信満々の様子からは想像も出来ないほど

うろたえた姿だった。

しかも、逃げようとしているようだが、動けないようにも見えた。

Aさんは、その女のすぐ近くまで行くと、その水晶のようなものをその女の顔

に向けてかざした。

きっと、周りの誰一人、その女の姿は見えないのだろう。

全く何の騒ぎも起こっていない。

そして、Aさんが水晶を見つめながら、何かを呟くと、その女の姿が白い

光に包まれていく。

無理だよ。もう遅い!

というAさんの声が聞こえた。

そして、その光が次第に弱まっていき、完全に消えると、もう其処にはその女の姿は

完全に消えてなくなっていた。

Aさんが、こちらを振り向いて、

終わりましたよ・・・。

彼氏さんに連絡してあげてください・・・。

そう話すAさんは、いつもよりもかなり疲れている様に見えた。

どうやら、後で聞いた話によると、その水晶がAさんの最後の手段だという事だった。

昔は、強力な悪霊は全てその水晶を使って、消滅させていたらしいが、それはかなりの

疲れを伴うものらしく、出来ることなら使いたくないのだという。

ちなみに、水晶の中に取り込んだ悪霊は、7日経てば、完全に消滅してしまうので、

蘇る事は不可能だという。

そして、疲れきったAさんは、おもむろに買い物かごを手にすると、気に入ったスイーツ

を手当たり次第、入れていった。

さすがにたまったものではなかったので、その中のいくつかは、半額になっている

物と代えてもらった。

そして、Aさんは、こうも言っていた。

24時間営業っていうのも便利なんですけど、もともと、昔は深夜から朝が明ける

までの時間は、人間ではないモノ達が支配していた時間なのだという。

だから、そういう場所には、当然、その手のモノが集まりやすいんですよ、と

話してくれた。

ちなみに、その後、彼女は無事に回復し、彼にも怪異は一切発生していない。


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:36│Comments(33)
この記事へのコメント
なんともう続きが!(先程のコメントでは誤字しました…)
娘さんGJ(*´∇`*)

やはり、私の中ではおきれいなAさんは栗山千明で!
そして美人に騙される男性たち…。
私も幽霊になったら深キョンみたいな姿で現れようと思います。
そして、きっと高橋一生みたいな幽霊が出たら騙されると思うので、
私も人のことは言えません…。
Posted by クレア at 2017年08月17日 21:55
K様、皆さま こんばんは。

最初にすみません。
こんな緊迫したお話なのに、思わず笑ってしまいました。

これから悪霊退治というのに、吸い込まれるようにスイーツコーナーに引き寄せられるAさん。
日頃のドSぶり(失礼)との落差に、「Aさんたら、やだー!もー、カワイイ!」などと(笑)。
そして「ここはメリハリつけないとね」と引き離すKさん。今回の舞台がスーパーということも手伝ってか、想像しただけで思わず笑いが。

やっぱり最恐、もとい最強ですね、お二人のコンビネーション。
時々これは少し…と思うこともありますが、AさんのドS発言の数々は、Kさんへの信頼の裏返しなのでしょう(ニッコリ)。

本当に今回もスーパーナイスなご活躍。(もちろん姫さんの援護射撃も!)

ちなみに私の中でのAさんの声は、名探偵コ◯ン(伏字の意味ないか…)の、灰原あいちゃんの話し方に脳内変換されてます。

本題から大きく脱線した上、長くなってすみません。

Kさんを始め、お休み明けの仕事再開の皆さま、お疲れ様でした。
Posted by 泰山木 at 2017年08月17日 22:24
こんばんは(*^_^*)
娘ちゃんナイスです。
後編が、こんなに早く読めるとは
嬉しい限りです。
さすがのA様も最終手段を使った手強い相手だったんですね。
無事に終えて何よりでした。
ご自分から綺麗でスタイル良くてと、言えるA様は、やっぱり素敵です。
ますます、ファンになってしまいました(*^_^*)
Posted by 栗鼠 at 2017年08月17日 22:26
Kさん、こんばんは。

おっと、いつの間にか後編が(*_*)
連続のアップありがとうございます。
お嬢さん、良いこと言いますねGJ!

やはり、最後はAさんですね。
まるで、水戸黄門の印籠、遠山の金さんの桜吹雪、ライダーキックかスペシュウム光線と言ったところでしょうか。
しかし、だんだんとAさんとのやり取りが、コントになっているきているのは、気のせいですかね?多分気のせいですね。


それではまた、次のお話を楽しみにしています。
Posted by TO at 2017年08月17日 22:26
こんばんは。前編を読んで後編は明日か~寝れないとか気になって仕事できないとクレーム書き込んでやろうと思ってたら天使のお嬢様が素敵なアドバイス、いい子や~(笑)
Kさん、A さんに弟子って気づいたんですか?遅いですよ気づくのが!子分って言われなくてよかったですね。
私の住んでるとこは24時間スーパーありません(泣)田舎過ぎます。そりゃぁ夜中のスーパーに美人がいたら声をかけたくなるわなぁ~イケメンいたら見たいのと一緒ですよね。この怨霊女は何でスーパーでナンパ待ちだったんだ?他にお洒落な場所あるでしょ
Posted by いなばっち at 2017年08月17日 22:32
営業のKさん

その作業の重要な締めに、間髪入れず激をとばす匠の様に・・・お嬢さん、そのお年で・・・悟りと言いますか境地と言いますか・・・流石に舞台監督、その未来が楽しみでなりません・・・私も長生きせんと(笑

男っちゅう生き物は、ほんまにだらしないですなぁ〜。
斯く言う私も、北川景子さんや深田恭子さんご本人ならば、お声かけは差せて頂きますが、買い忘れた猫ご飯を仕入れにいく24時間営業の地元スーパーサ○ィーには居らんですね(汗

自宅には悪意はない?が人恋しい霊達が、また友人知人から持ち込まれる厄介な魑魅魍魎の数々、私には想像も体験も出来ない日常をお過ごしのKさん、それを少し、少しだけ、ほんの少しだけですよ(笑、羨ましいなと感じる程の文章力・・・洗練されてきましたね、流石です(涙

書籍の出版、それに目を通す日が楽しみでなりません。

それでは次回も怖くない話しを楽しみにしておりますが、くれぐれも・・・くれぐれもご自愛下さい。
Posted by 中西 at 2017年08月17日 23:00
営業のKさん

少しだけ、ほんの少しだけ言葉足らずでしたので・・・そんなKさんを取り巻く環境、信頼関係が少しだけ羨ましいと感じたのであって・・・私には怖くない体験はご法度、遠慮差せて頂きますから(汗
これからも、そんな羨ましい人間関係を築ける様に、琢磨さんがインディーカーレースで表彰台の頂上に立った様に、私も人生を切磋琢磨して参りたいと決意します・・・あかん、ハードル上げ過ぎやろ(泣
Posted by 中西 at 2017年08月17日 23:24
こんばんは!
お昼にコメントで深夜に見ない
って言ってたのに見てしまいました笑

いやーしかしA様の活躍はいつも
しびれますね、ほんっとうに!
スイーツ食べる姿(想像)とのギャップ
を考えてしまっていつも微笑ましく
なります。モロゾフのプリン一緒に
食べたいです(私が好きなだけなんです
けども……笑)

それにしても深夜は確かに空気が
変わりますよね…それは私も
感じてます。私深夜に起きてるのが
好きなのですが、0時くらいですかね
それを境に空気が変わりますね…

私は今まで霊の顔なるものを見たこと
がありません。いつも手だけ、足だけ
なーんか天井にいるな…など、
直視したことがないので…うん、早く
寝ようかなと思いました泣

ご家族帰ってきたのですね
おかえりなさい、お土産なしは
ちょっとドライだなぁ笑
K様もゆっくりおやすみくださいね
Posted by ヘゼル at 2017年08月17日 23:30
今日も楽しく読ませて頂きました。2話も読めてラッキーです。娘さんに感謝しないといけませんね(笑)。

Kさん、娘さん、Aさんのお話は読んでいると現実の私の味気ない生活とは違った別の世界を感じることが出来ます。この世は会社や日々私が見ている物ばかりじゃないんだと。それはある意味新鮮な体験です。私は霊感もその手の経験も全くありませんが、世の中にはまだまだ私の知らない事が沢山ある。目の前の事だけで凹んでいる自分がバカみたいに感じられます(笑)。

これからも楽しみにしています!
Posted by pata at 2017年08月17日 23:58
私のAさんのイメージは菜々緒さんです。
Posted by 二階堂二千夏 at 2017年08月18日 00:12
K様
こんばんは
今回も更新有り難う御座います。
アシストのお嬢さんはNiceです。
ただ、リビングから追い出されたような気がするのは私だけでしょうか。。。

元はといえば、彼女がいるのに鼻伸ばしたのが原因なんだし、
甘いもの会計は領収書もって友人に精算させるのが筋だと思うのです。
Aさんに半額品とかバチが当たりますよ(笑

それにしてもニコニコお姉さん最強で羨ましいです。
Posted by OSN43 at 2017年08月18日 00:31
連続見れて最高です!
娘ちゃん、よくやった(*゚▽゚*)笑
あ、お疲れ様です!Kさん。
1度聞いて見たかったのですが
こうやってコメントしてるのを
表に反映させたくない時は反映出来ないようにできるのですか?
こういったブログや機械の事、無知なもんで変な質問すみません(><)
Posted by モフモフ at 2017年08月18日 02:19
Kさん
皆さん
お疲れさまでございます(^ ^)

前編を読みかけて
明日まで我慢できる自信がなかったので
やめておこうと(^^;;
そうしたらその心を見透かしているかのように
早々に後編もUPしてくださって
ありがとうございます♡

Kさんのお話に出てくる「0時から明け方」という時間に読んでいるので
背中がゾワゾワし、壁にくっつけてます(笑)
後ろってなんで怖いんですかね?
シャンプーしてる時もなんかビビります(^^;;

もう夜が明けましたのでそろそろ
背中を解放します(笑)
今日もブログを楽しませていただきました(^ ^)
Posted by とも at 2017年08月18日 06:38
Kサマノ アシタアップハ ウソバカリ~

↑大きな声で言えないから半角にしてみました(^w^)。

皆様誤解しないで下さいね、こんな霊はまず遭遇しませんから。K様の環境が特殊過ぎるだけ。
経験したことのない話ばかりで、参考書?がわりに読んでます、似たような近いような話は聞いたり見たりはありますけど、うーん・・・ないなぁ。

普通に?目撃されてる場所で、見たことがない方がガチで幽霊見てしまい腰抜かして騒ぎになって、はありますが。
どこが普通か?ってつっこまれそうですが、あってもそのくらいでその幽霊がたかるひっつくの悪さはしませんから。

私に憑いてないかとか、過剰な心配はご無用です。K様の話は次元違いすぎ(^o^;)たまに理解できないことが。今回も然り。
Posted by はるた夏雲 at 2017年08月18日 06:39
Kさんおはようございます。
٩(๑´0`๑)۶
昨夜コメントを読もうかなと、立ち寄ると、見本になるような綺麗な
2度見をしてましたねぇ(笑)
(*>∇<)ノ ァィ♪
更新されてるけど深夜0時はヤメておこう…(๑⃙⃘·́ω·̀๑⃙⃘)੨੨

娘ちゃんの成長に乾杯!ええ娘やぁ
( ◜⌣◝ )♪
リゾートホテルのお土産は買ったけど、置き忘れた可能性もありますよ
私がお土産を買い、その場所に置いてくるという失態
=͟͟͞͞( ꒪_꒪ )
ほとんど娘の自分への土産…こんな顔( ・᷄-・᷅ )だけで、責められませんでしたが…
=͟͟͞͞( ꒪_꒪ )
一緒にしちゃダメですね(笑)

後編ですが、A姉御相変わらず凄いの一言なんですが、スイーツに引き寄せられる。(笑)師匠と弟子私には相方にしか思えず、絶対に解散しない伝説の芸人みたいな…

シリアスタッチで読めませんでしたぁ(◦˙▽˙◦)

友人の彼女さん彼氏さん無事で本当に良かったです。
一夜に2話更新ご苦労様でしたぁ
(๑^ ^๑)/
Posted by tomoaaa24 at 2017年08月18日 07:43
おはようございます

昨夜は疲れて早々にダウンしてしまい、今朝何気にブログ見たら昨夜のうちに後編が更新されていて驚きました(^^)v

そんな異形の姿見たら私は平然としていられないだろうな、KさんAさん慣れてるとはいえ凄いです(>_<)

やはり夜中はそういう類の時間、、、24時間営業の我が家の目の前のコンビニ(T_T)

見えないし分からないけど、いたりするのだろうか、、、夜寝室の窓(ベランダ側)からコンビニ見るのやめよう( ・_・;)

強力な守護霊って格好いいなぁ私にも守護霊いてくれると嬉しいけど出来れば子供たちには、いてほしいなと思います(^-^)

無事解決できて良かったです、そして水晶(゚o゚;疲弊しちゃうんですね、でも、やはり凄い人ですねAさんって(^-^)
Posted by ゆず飛 at 2017年08月18日 08:41
大作、素晴らしいです。でも、くれぐれも、お体にはご自愛ください。
マイペースでの投稿を、毎回楽しみにしております。

今回は、皆さんのキャラが綺麗に出ておりますね。
毒の効いた美人Aさんがヒロインで、控えめで優しい可愛い姫と協力して、
心優しいKさんが、色んな困っている人から相談されたトラブルを解決するという、
ホントに怖いんだけど面白くて魅力的なオカルト映画が出来そうですね。

そんなオファーをしたいところですが、
残念ながら私は監督ではございません。きっと来ますよ。
今の世の中、能力さえあればエンタメ系は速いですからね。

それから、細田塗装店というワゴン車が、
次々に出てくるライバル幽霊と競争して勝つ、
というイニシャルK(コワイのK)というオカルトコミックもご提案致します。

ところで、Kさんのお宅での出来事もこのブログの総集編のような感じで
Kさんの守護霊に守られつつも隙があれば・・・
みたいな感じでお出になられている状態であったこともびっくり致しました。

小学生達は、このブログ更新は、
Kさんについている妖怪のせい?とか思ってたりして。w
まあ、無きにしも非ず。でしょうか。

怨霊って、言葉が通じなくて怒りの波動だけなのかなと思うと、
それ以上の波動とかで対抗しなければならないのかなあと思ったりしてます。
そういう意味では、Aさんって本当に怖いんでしょうし、
姫さんは怒らせたら、それ以上なのでは無いかと感じている次第です。
Posted by ひで at 2017年08月18日 10:29
わぁ、後半がもうUPされてる〜♪
今回も痛快な化け物退治でした。私もAさんファンですが、姫も登場回は更にテンション上がります。

それにしても今回の霊は何故ヨーグルト売り場が定位置なのかが興味深いです…そこが磁場の影響(?)みたいなことで居心地がよかったのか、そのスーパーが立つ前からその場所に縛られる理由があるのか…

毎度そんなことを色々妄想しながら読むのが楽しいです。

また、質問の件書いて下さって感謝です。ありがとうございます(o^^o)
まぁ、もしかしたら霊の世界にも色々都合があるのかもしれませんね。例えば車内に侵入出来る能力はオプションの1つで、向こうの通貨で課金が必要とかね……
Posted by 翡翠 at 2017年08月18日 10:35
Kさま

こんにちは〜。

昨日はズキーンと頭痛があったので早く寝てしまい後編に気づきませんでした。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
疲れ?…私 以前に疲れがたまりにたまってしまい体も鉛のように重く、今日が疲れのピークだな…と思った日がありました。その翌朝、起きたら左耳が聞こえなくなっていたということがありました。病院では突発性難聴と診断されました。(その後聴力は戻っています)

そろそろ夏の疲れも出てくる頃かと。皆様方、どうぞ疲れなどをためないようにお過ごしくださいね!

そして、そして…。ファミチキの話題で盛り上がってますので、私もアレは美味しいよね〜と思いながら皆様のコメントを拝見しておりました。…が!実は食べたことがないことに気づいたのが先週…。
先週はファミチキと鶏皮(塩)をおやつに頂きました。一昨日はファミチキのスパイシーを。スパイシー美味しい❣️
今ごろかーい!と自分にツッコミをいれておりますΣ੧(❛□❛✿)

とりとめなく書いてしまいました…。では失礼します。
Posted by 武ポンヌ at 2017年08月18日 12:45
K様 、読者の皆様こんにちは!

早々の後半アップありがとうございます!
お嬢様のおかげですね(^^)
感謝感謝です。

Kさんのお話に出てくる霊ですが、皮膚が緑色だともれなく悪霊ですね(笑)
しかもタチが悪い。
なぜ緑なんだろう。。
と不思議に思います。

K様の守護霊様の凄さが改めて分かるお話でした。
K様は強い力に護られているんですね(^^)
守護霊様、姫様、Aさん。。
Aさんだけは高くつきますが(笑)
水晶で消耗した体力をすぐさまスーパーで補給とは(笑)
さぞかしいっぱいカゴに入れたんでしょうね〜

それでは失礼致します。
Posted by まってぃん at 2017年08月18日 13:51
こんにちは。

何だか、タイミングが…合わない?感じでコメントしなかったです。

さすがAさん!って感じな気がしました。

13階段…あぁ…映画であった。あ~死刑囚?の話だったんだ。なんて考えたりしながら読んでました。

まぁ~、肝だめしは…無理だからしません。

後、…う~ん。世界は広いな。なんて考えを終らせながらいたり。

霊感のは…妄想と想像力が共鳴して色んな物が見える気分になりそうなので止めました。

私も…と言うか。家で一人なので…あまり余計な事は考えず想像力は働かせず…。。。たまに…ん?と思う時もありますが…気のせいとして。穏便に生活をと思ってます。

見えてしまうと大変なんですね。

夏も活発なイメージですが…冬も結構、話があったりしますよね。

そもそも…季節感は無い物でしたね。
Posted by にじちゃん at 2017年08月18日 15:26
Aさんのイメージ大会?みたいになってたり?

私のイメージは浅野温子さんかな。

『今、静かな役なので…声かけないでくれます。』とか言う感じな雰囲気なイメージかも。
Posted by にじちゃん at 2017年08月18日 15:49
娘さんのお陰で早くにUPされていた…だと…
でもこんな早くから続きが読めたので嬉しい(笑)
本当にほん怖などで映像化されてくれないかなーと言うくらいイメージもついて怖くてスッキリします!(笑)

しかしスッキリしないのは車に他の女乗せたわね!と私なら旦那をぶっ飛ばすような事が普通に行われてる事(笑)しかも綺麗だと!?論外!
奥様の器も素晴らしいですね☆
Posted by ひなた at 2017年08月18日 18:11
K様こんばんわ。連続の更新お疲れ様&ありがとうございますm(__)m

完結したらコメントしようと思って、前半では読むだけにしていますたが、恐怖のヨーグルト女、華麗な美少女戦士Aお姉様と可憐な姫様に、見事に退治されてザマァミロ。そして美しい戦士と姫を護るイケメン騎士K様。「オラ、わくわくしてきたぞ」Aお姉様をスイーツブッフェに、K様連れて行ってあげて下さいな(´∀`*)ε` )夏もあと僅か。楽しく名残夏を過ごして下さいませ。今夜もそっとファミチキ。

因みにスパイシーキキンは、揚げたては、辛味がマイルドでジューシーですよ。店員さんに、揚げたて下さいな(´∀`*)ε` )って逝ってみて下さい。来週からはおでん始めます。(;´д`)
Posted by ミニ子 at 2017年08月18日 18:19
忙しい中投稿していただきありがとうございます<(_ _)>!!!!
そしてお疲れさまです!!
仕事で嫌なことがあってなかなかストレスが発散できない私ですがファンタ2リットルを片手にためておいたこの怖い話を一気に読むと楽しくてふっとびます笑笑
Kさん本当にありがとうございます<(_ _)>!!!!!これからもお体にはしっかり気をつけて頑張ってください!!
Posted by 仕事に疲れた20代 at 2017年08月18日 18:29
こんにちは。
コメント書くのは二回目で、最初は「ななし」としましたが、紛らわしいかもしれないので、改め神奈川茄子とさせていただきます。

神奈川県に住んでいて夫&息子がいます。仕事がナースなわけではなく、つい最近「茄子の食べ方が上手!」と夫に変な誉められ方をしたので…。

直会の会席で出た田楽茄子に皆は悪戦苦闘していたらしいのですが、私はすいすいと食べてしまいました。

さて、ずっとこれを言いたい!と思っていたのですが、一連のお話は映像化に向いてると私は思っています。
30分くらいの深夜ドラマか深夜アニメには、ぴったりだと思うんです。特にアニメは絵柄が浮かぶくらい(アニメに詳しくないんですが)。
登場人物のキャラが立ってるし、アニメなら少し怖いシーンも作りやすそう。

いずれプロの方からお話がくるんじゃないかと、楽しみにしています。

ところで、いつか取り上げていただけると幸いですが、夫の家のお墓問題が少々複雑で、どう考えるべきなのか迷っています。
一族のルーツの地(離島)、夫が育ち義父母がいる地(小都市)、現在私たちがいるのはそれらから遠く離れた首都圏、という状況です。
古いお墓を離島から小都市に移す?という話があるものの、実際には進んでいません。
また、無縁墓にするよりは上記案の方がいいのかもしれませんが、一方で私は、ご先祖様は島を出たくないんじゃないのかな、自然に朽ちていく方がましということはないのかな?と、個人的には気になっています。

長々と失礼しましたが、このように大きくお墓を動かすというのは、KさんやAさんはいかが思われますか?

毎日お話を楽しみに読んでいます。どうぞお体を大切になさってください。
Posted by 神奈川茄子 at 2017年08月18日 19:42
Kさん、読者さまこんばんは。
怖いな‥怖いな
24時間営業のお店はあちらにあります。
こんなお店はよくあるのでしょうか?
偶然このお店なのかしら?
Posted by ふくざくら at 2017年08月18日 19:48
営業のKさん

この場をお借りして

>武ポンヌさん

実は「盆ジュール」に突っ込みを入れたくてウズウズしていた酔っ払い親父ですが・・・体調が思わしくなかったご様子、今はサプリメント(栄養補助食品)も充実していますから、日々不足がちなビタミンやミネラル、そしてその他の有用成分を補って下さいね。
今は毎日納豆+生卵、トマトを丸かじりの私ですが、そこそこ元気ですよ。

それでは失礼します。
Posted by 中西 at 2017年08月18日 20:10
こんばんは。

あは、してやられました、早々と更新とは。娘さん、いいこと言います(*´▽`*)

そういえば、緑色って、西欧諸国では妖精や精霊との関連からwitchcraft(魔女術)、悪魔、悪を意味します。悪霊も緑色をしているということですね。それから、TV東京の「最恐映像ノンストップ5」の中でビニールハウスの中に監視カメラをつけていた時の映像で映った霊がここによく出てくる非常に大きい女性の姿をしていました。怖いですね。怖いですね( ゚Д゚)

そして、スイーツを頬張るAさんは、辛辣なことを言いますがいろいろなものを背負っているのと思います、美味しいものを食べさせてあげてくださいな、がんばれ、Kさん。
Posted by まーくん at 2017年08月18日 21:34
今日はアップないですか〜。
残念〜
Posted by ゆみ at 2017年08月18日 22:24
Kさん
ちょっとコメント欄
お借りしますm(_ _)m

私も中西さんと同じ
武ボンヌさんに『盆ジュール』のツッコミを入れたくて仕方がありませんでした(^^;;
そして
芝犬さんの『こんにちワンコ』にも!

今夜もほろ酔い
ブログ楽しませて貰ってます(*^^*)
Posted by とも at 2017年08月18日 22:57
K様

絶体絶命、自力で何とかするには鞄ブンブン丸で突進ですね。オバケ護身術のひとつとして、心に留め置きます。

暑さが戻ってきた関東地方。このタイミングで『ほん怖』今夜放送。
K様のお話も、いつか映像化できたら良いのにと思うにゃんだーです。

塩タブレットをポケットに、今日もお仕事頑張ります。K様もお身体ご自愛下さいませ。
Posted by にゃんだー at 2017年08月19日 12:08
病院名を教えたAさんが、Kさんより先に着いて(ポッキーを食べてた)
って読んで、私涙出たんですよね、苦笑。

Aさん、きっと昔、すごく後悔された事があるんだと思います。自分があの時助けてあげれたのに余裕かまして思いもしてなかった結果になった…とか、後悔してもしきれない位、友人なり亡くしてしまった方がいるんだと思いました。

東北で修行されてたんですね。
それだけの美人で生まれてきたのも、才能ですしね。
ただ、もしかしたら自分と付き合う事で、何か彼氏に災いが起きた時の怖さを知ってるのか…考えてしまってるのか…?
水晶の話もすごい!と。

さて、私の彼氏は他の女性に下心はない不思議な真面目さがあり、なんでこんな面倒な私を(笑)こんな大事大事にしてくれるのか、たまに私が自分で謎に感じる時があるのですが(笑)

のろけはこれ位にして、Kさんの記事を読んでいくと、パートナーの誠実さも相手に影響される時ってあるんですね。

さて、Kさんの娘ちゃんも変わらず面白いので久々娘の話でも(笑)
どーやら最近バイトに忙しいらしく、記事は読んでもコメントは読んでないみたいなので(笑)
娘がフッと教えてくれた、ゲーム内のハンネ。
「わりと真面目なピチピチのJK」だって!(爆)
(。=`ω´=)ぇ?
そーゆーのって、おっさんがJKの真似して書くのは知ってるが、まさか本物が名乗ってるとは(爆)
ネーミングのセンスに愛おしさを感じたママであった(笑)
Posted by メチャ✩ at 2017年08月25日 16:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

count